夜眠れない

夜眠れないので、朝起きれないという人がわりといますよね。

 

そういう状態が続くと、不眠などが続いて辛い日々が多いと思います。

 

少しでもこういう状況を改善したいですよね。

 

ここでは、夜眠れない・朝起きれない原因や対処方法についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

夜眠れない・朝起きれない時の原因と対処方法とは?

 

セロトニン不足

nemui

精神を安定させて、睡眠には欠かせないセロトニンです。

 

セロトニンが不足してしまうとなかなか朝起きることが難しくなってきます。

 

そもそも、セロトニンとは朝になると分泌量が増えるからです。

 

セロトニンが分泌量が少ないため、朝起きれなということが起きてしまいます。

 

また、特に男性より女性の方が、セロトニンの分泌できる量は少ないとされています。

 

セロトニンを増やす方法

 

・朝日を浴びる

・前日適度な運動をする

 

セロトニンを増やす方法で代表的なのが、朝日を浴びることです。

 

むしろ寝れない・朝起きれないのは大概は朝日を浴びてないからです。

 

朝日を浴びることで、セロトニンの分泌が多くなります。

 

セロトニンは、眠っている脳を目覚めさせるノンアドレナリンが活発に活動を開始することで、覚醒しやすくなります。

 

眠りの質が浅い

寝不足

短時間寝ても元気な人と、長時間寝てもなかなかスッキリしない人がいますよね。

 

それは、睡眠の質が違うからです。

 

睡眠には「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」というものがあります。

 

私たちが寝ているときは、このレム睡眠とノンレム睡眠が交互に行われていきます。

 

深い眠りの質でもあるノンレム睡眠が少ないと、疲れが取れないという場合があります。

 

そのため、朝が起きれない原因になってしまいます。

 

 

質の悪い睡眠を取ってしまう原因とは?

 

・カフェインの取りすぎ

・寝る直前の飲酒

・激しい運動

・熱いお風呂

・夜遅くの食事

・寝る前のスマホ・パソコン

 

このことを続けていると、夜眠ないという状況が起きて、質が悪い睡眠になってしまうので、朝起きれない原因になってしまいます。

 

これらをなるべく控える・気を付けることで、質の良い睡眠をとることができます。

 

 

体内時計がずれている

tokei

体内時計なんてどこかで聞いたことがあるかと思います。

 

人には体内時計となる睡眠リズムがコントロールされています。

 

そのため、不規則な生活などを行って睡眠時間や起床時間がずれてしまうと、体内時計がくるってしまいます。

 

例えば、夜遅くまでテレビやゲームをしたり、仕事で残業などです。

 

数日であれば体内時計は大丈夫なのですが、長時間続けてしまうと体内時計がくるってしまいます。

 

体内時計がおかしくなってしまうと、夜眠れず・朝起きれないということになってしまいます。

 

そのため、毎日同じ時間に寝る・同じ時間に起きることで体内時計を正常に戻していく必要があります。

 

 

睡眠を促し朝起きれない状況を打破する方法

 

睡眠を促す食べ物・飲み物を飲む

飲む

夜の残業や今までの生活を変えるということはなかなか難しいですよね。

 

そのため、睡眠の質を良くするのは自力では難しい面もあります。

 

しかし、いくら夜眠れないからと言って睡眠薬など薬を飲むのは抵抗がありますよね。副作用も怖いです。

 

その場合は、睡眠を促してくれる食品を食べるのが良いとされています。

 

ホットミルク

 

寝る前にホットミルク(蜂蜜をいれればなおよい)飲むと、トリプトファンという睡眠を促すホルモンを刺激してくれます。

 

温めることで、腸にも優しく飲むことができます。

 

冷たい牛乳でも良いですが、胃を痛めてしまう場合もあるので、ホットでの飲み方がおすすめです。

 

 

豆乳

 

豆乳には、トリプトファンが牛乳に比べると多く含まれています。

 

豆乳はイソフラボンという女性ホルモンににた成分を持っているので、美容効果も同時に期待ができます。

 

 

睡眠専用の補助食品を取る

 

牛乳も豆乳も飲むと夜眠れない状況は減るのかもしれないけれど、飲むの苦手・・・という人もいると思います。

 

そういう人は、睡眠サポート系の飲料も通販だと発売されているので、通常の飲み物よりかは効果を実感できると思います。

 

 

目覚まし時計を変える

 

そもそも、朝日を浴びるといいと書いてあるけれど、朝起きれないのに、朝日なんて浴びれるわけないよねなんて思う人もいらっしゃるかもしれません。

 

朝日を浴びれないから、朝起きれないから、睡眠に悩んでいるんじゃんなんて思うかもしれません。

 

本来は、朝日の太陽を浴びるのが良いのですが、そもそも朝起きれないのに根本的に無理だよねって話ですよね。

 

hizasi

まぶしい朝日に当たるのは無理なのか・・・・。

 

しかし、朝日を浴びるために目覚まし時計でセットしてもなかなか起きれませんよね。

 

目覚まし時計がわずらわしいと、二度寝の原因にもなりやすくなって、朝が余計に起きれなくなってしまいます。

 

そういう場合は、光目覚ましを使うのが便利です。

 

光目覚ましとは?

 

光目覚ましとは、普通の目覚まし時計の「音」で起床を促すのではなく、光の力を使って朝起きさせる目覚まし時計です。

 

光目覚ましの光を浴びることで、朝日を浴びているのと同じ状況になることができます。

 

光目覚ましを使うことで、30分前から朝日のような強い光を浴びることができます。朝ごはんなどを食べているときも光目覚ましを浴びていると、目覚めも良くなってくるそうです。

 

光を浴びることで、徐々に目を覚ますことができます。

 

光目覚ましは、睡眠専門医師なども推奨されています。

 

朝起きれない子供から、残業が多い大人の人まで幅広い世代で使うことができて、夜が眠れず朝が起きれない人の救世主になっています。

 

これを使えば夜が眠れず、朝起きれないという心配もなくなるかもしれません。

 

光目覚ましにはこんな商品もあります。

 

・インティスクエア

 

テレビや雑誌でも睡眠・快眠グッズとして注目されていて、睡眠専門医もおススメする光で起こす「インティスクエア」という光目覚まし時計があります。

 

音の出る目覚まし時計と違い、光のメカニズムでスッキリ起きれる・ぐっすり眠れるというメカニズムを整えることができて今注目されている目覚まし時計です。

 

実際に光目覚まし時計を使った人は、「しっかり寝れるようになった」、「寝不足が解消された」、「朝がしゃきっと起きれるようになった」などの口コミも多いほど。

 

本来は朝日で起きるのが、目覚めの覚醒をするには良いとされています。それだけ光というものは朝覚醒させ、睡眠までのサイクルを整えてくれる働きがあります。

 

光を浴びると「まぶしい」と思いますが、まさに目覚めにはこの「まぶしい」が良いとされていて、セロトニンが出て脳みその覚醒に繋がります。しかも、睡眠のサイクルが整ってくるので安らかに眠ることができるようになってきます。

 

しかし、朝日をなかなか強く浴びるのは難しい面もあるので、光目覚ましの「光」の力で目覚まし時計の「音」とは違う、快適な目覚めをすることができる新感覚の目覚まし時計です。

 

寝る・起きるの人生を買えたい人は、インティの場合だと3ヶ月の全額返金保証もついているので体験をすることができます。

 

だいたいは1週間もあれば、自分に合う・合わないがわかるようになります。

 

眠るサイクルができれば十分な睡眠が確保できるようになるので、寝不足や睡眠が足りなりないせいで顔に吹き出物が出たり、ホルモンバランスが乱れることも減ります。

 

インティ光目覚ましは公式サイトで詳しい情報が見れたり、全額返金保証付きで試せることができますよ。

 

光目覚まし【インティ】公式サイトはこちら

 

「朝しゃっきと起きる」には光目覚まし時計をうまく活用して、快適な目覚めし、きれいな美肌を目指してみてください。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

夜眠れなかったいり、朝目覚められない場合、大概は朝日を浴びてないこと、スマホなど脳に興奮させるものをしてしまっていることが多いです。

 

朝日は質の良い睡眠やしゃっきっと起きるために必要な「セロトニン」を大量に分泌してくれて、なおかつ美肌にもよいとされているホルモンです。

 

しかしせっかく朝日を浴びても、スマホなどブルーライトなどをたっぷり浴びてしまうとせっかくのセロトニン量も減り、寝れない状態を作ってしまいます。

 

できれば1時間前にはスマホなどをやめて、眠りにつき、朝日を浴びて起きるのがベスト。

 

しかしなかなかうまくいかない面が多いと思うので、そういった方は光目覚まし時計などを活用して光をたっぷり浴びることで、脳に朝日を浴びているものと同じような感覚にさせれば朝が起きやすくなったり、夜眠りやすくなったりします。

 

快適な睡眠は健康や美肌を整えるのにとても大切です。様々なことに気を付けて、質の良い睡眠をとってみましょう。

スポンサーリンク

おすすめの記事