nayamu

頭皮に頭皮ニキビができてしまうと、なかなか治らないという人が多いですよね。

 

頭皮ニキビができてしまうと、かゆかったり、痛かったりして治りも遅くなってしまう場合もあります。

 

頭皮ニキビを治すには、シャンプーやケア方法が大切となってくるので、見直すことで治りも早くなってきます。

 

ここでは、頭皮ニキビが治らない人の対処方法についてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

頭皮ニキビがなかなか治らないのはなぜ?

kaminoke

頭皮ニキビの場合、肌にできたニキビとは違って目で見にくい部分でもありますよね。

 

髪の毛の生え際などならわかりやすいものの、頭皮のてっぺんなどはわからないですし、髪の毛に覆われると見えにくい部分でもあります。

 

頭皮ニキビの原因は下記のようなことで起きてしまいます。

 

・皮脂の過剰分泌

・頭皮の乾燥

 

これらが頭皮に起きてしまうと、毛穴が詰まったり、ニキビの菌が発生しやすい環境となってしまい、ニキビができやすくなってしまいます。

 

特に頭皮の乾燥をしてしまうことで、かゆみや痛みを生じてしまい、つい気になって頭皮ニキビを触ったり、かいてしまうことで治りにくい状況になってしまうのです。

 

また、頭皮ニキビができてしまっている状況は頭皮が弱っているということになるので、毛根にまで影響をして抜け毛の原因にもなってしまうのです。

 

頭皮の皮脂の過剰分泌の原因

 

頭皮の過剰分泌の原因は、

 

・ストレスや疲れなどのホルモンバランスの乱れ

・汗をかきやすい(汗っかき)

・帽子などを被ったときの頭皮の蒸れ

 

などがあげられます。

 

男性ですと、思春期には男性ホルモンの影響で皮脂の過剰分泌が多くされてしまいます。

 

頭皮から出た皮脂はニキビの原因であるアクネ菌のエサとなってしまうので、皮脂の量が多すぎるとニキビがたくさんできてしまいます。

 

菌は蒸れているところが大好きなので、頭皮が蒸れてしまうと、アクネ菌のパラダイスになってしまうのです。

 

これは内面的な原因が多いので、なかなか自分で治すのは難しいです。

 

そのため、シャンプーなどで、皮脂や汚れを綺麗に落とすのが一番だったりします。

 

 

頭皮の乾燥が原因

 

頭皮の原因としては、

 

・紫外線で頭皮がダメージを与えてしまう

・洗浄力の強いシャンプーを使っている

・ドライヤーの当てすぎ

・頭皮のケアをしていない

 

これらが主に原因で、頭皮は乾燥をしていると肌のバリア機能が落ちてしまうので、外敵から頭皮が攻撃されやすくなってしまいます。

 

紫外線などドライヤーなどは、直接頭皮に熱が通りやすいので、肌が乾燥しやすくなってしまうのです。

 

乾燥の場合は、頭皮が乾いてしまうので、頭皮の角質が、頭皮の毛穴に詰まりやすくなってしまいます。

 

毛穴が詰まると、皮脂が出ることができなくなってしまうので、ニキビができて頭皮ニキビが治らない状況になってしまいます。

 

皮脂の分泌でシャンプーで解決できるって書いてあるのに、乾燥もしやすいってどういうこと?と思われますが、頭皮ニキビが治らない原因として、シャンプーの選び方が間違っていることもあるのです。

 

また、顔と同じで頭皮を化粧水のようなものでケアしないと、乾燥してなかなか頭皮ニキビが治らないということになってしまいます。

 

次に、頭皮ニキビが治らない場合の対処方法についてご紹介します。

 

 

頭皮ニキビが治らない場合の対処方法

 

シャンプーを変える

syanpu

まず、頭皮ニキビが痒かったり痛い場合は、シャンプーを見直してみましょう。

 

シャンプーで皮脂や汚れを落とすのが一般的です、

 

洗浄力が強い成分が使っているシャンプーだと綺麗に洗い流せても、肌を乾燥から守ってくれる必要な皮脂までも落としてしまいます。

 

頭皮ニキビができている場合は、肌と同じ成分である「アミノ酸」が配合されていて、「合成界面剤」という洗浄力が強い成分が入っていないシャンプーを選ぶことで、肌の乾燥を防ぐことが期待できます。

 

 

本来は頭皮の汚れはお湯でも落とせますが、洗浄力が強くなくても肌と同じ成分の泡で洗えば綺麗に汚れを落とすことができます。

 

ドライヤーを変える

doraiya

ドライヤーの熱が強いものほど、頭皮を火傷させたり、乾燥させてしまう原因となってしまいます。

 

できれば、低温のドライヤーでマイナスイオンがでるようなドライヤーで髪の毛をかわかすことで、頭皮ニキビの改善のみならず、抜け毛や脱毛対策にもなります。
>>髪をケアするドライヤー

 

 

 

頭皮用の化粧水や美容液などでケアをする

クレンジング頭皮ニキビを治したいから、シャンプーを変えたけれど治らないよという人もいます。

 

シャンプーを変えるのは、あくまでも肌を傷つけないように乾燥予防をした洗い方となります。

 

そのため、シャンプーを変えることで頭皮ニキビが治る人も多いですが、頭皮ニキビが悪化していると菌がシャンプーでは落ちていない・頭皮が乾燥しきっているという状態なので、別にケアをする必要があります。

 

それは、頭皮に化粧水や美容液を塗ってあげることです。

 

頭皮ニキビがなかなか治らない人は、このシャンプー後の頭皮ケアをしていない人が多かったりします。

 

顔で言うならば、ニキビを治すためにニキビ用の化粧水を塗ると一緒の感覚です。

 

ニキビ用の化粧水にも、抗菌作用や保湿成分があって、化粧水を塗ることで治っていきますよね。

 

頭皮にも、きちんと抗菌作用の成分や保湿成分を与えて乾燥を予防したり、ニキビを治していく方法になってきます。

 

もっと詳しく書いていくと、ニキビを治すにはターンオーバーが関連してくるのですが、シャンプーとケアをしていれば治りも早くなるので、ここでは割愛します。

 

 

他の対処方法

 

主な原因としては、上記のシャンプーとケア方法ですが、他にも頭皮ニキビが治らない場合の対処方法はあります。

 

・紫外線に当てないために通気性の良い帽子をかぶる

・ドライヤーは地肌に当てすぎない(タオルを被って、その上からドライヤーをかける)

・規則正しい生活を送る

・睡眠はきちんととる

・汗をたくさんかいた日はシャンプーをする

・ストレスを発散する

 

内面的なものでの皮脂の過剰分泌を抑えることは難しいですが、少しでも気を付けることが頭皮ニキビを治すには大切になります。

 

頭皮ニキビが治らない人は、気を付けてみて下さいね。

 

【参考記事】

シャンプーでニキビ対策 おすすめ

頭皮の乾燥対策 化粧水の選び方

 

 

スポンサーリンク

おすすめの記事