ガッツ

中学生や高校生になると、おでこや鼻などに思春期ニキビがたくさんできますよね。

 

ましてや思春期なので余計にニキビが気になります。

 

おでこは隠せても頬のニキビは隠せませんよね、早く治したいものです。

 

そこで今回は、思春期ニキビの治し方や改善方法についてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

中学生・高校生がなる思春期ニキビの治し方

 

思春期ニキビの治し方は、洗顔や食生活を改善する必要があります。

 

しっかりとしたケアをすることで、思春期ニキビは早く治りやすくなります。

 

わりと、洗顔のやり方が間違っている方も多いようです。。

 

ぜひ改善して、ニキビを1日でも早く治してしまいましょう。

 

 

にきびは触らない・潰さない

 

かゆい

 

ニキビができてしまうと触ったりつぶしたりしてしまいますよね。

 

しかし、ニキビに触ると細菌が毛穴に入りやすくなってしまいます。

 

また、潰すニキビが余計に治りにくくなるだけでなく、がついてしまいます。

 

ニキビ跡は毛穴に穴が開いてしまうので、ニキビより気になります。

 

ニキビ跡は治るのに何か月も時間がかかるので、絶対につぶさないようにしましょう。

 

 

正しい洗顔をする

 

洗顔ケア

 

思春期ニキビは、皮脂の過剰分泌が多いため、洗顔で皮脂を落とすことがとても大切となります。

 

ただし、皮脂を落としたいからと言って、毎日何度も洗う必要はありません。

 

皮脂が過剰にあるとニキビの悪化の原因となります、

 

しかし、皮脂がなさすぎると逆に肌の乾燥をしてしまい、ニキビの悪化してしまいます。

 

そのため、1日朝と夜の洗顔だけで十分です。

 

洗顔は肌が傷ついてしまうので、ごしごし洗わないようにしましょう。

 

泡立てネットで細かい泡をつくり、優しく円を描くように洗いましょう。

 

(細かい泡の方が、汚れや皮脂が取りやすくなるからです。)

 

洗顔後もタオルでごしごしと拭くのではなく、優しく肌にタオルを付けて、水分を取るように拭いてみて下さい。

 

 

洗顔後のケアをする

 

洗顔

 

タオルで拭いた後は、肌を保湿する必要があります。

 

そのため、化粧水を塗りましょう。

 

できるだけ、肌に刺激の少ないものを使うようにしてみましょう。

 

また、肌の中でも乾燥する部分には、乳液などのクリームを塗りましょう。

 

(皮脂の分泌が多くて、肌がオイリーの場合は塗らなくて大丈夫です。)

 

化粧水を塗る塗らないでも、ニキビの改善に大きくかかわってきてしまいます。

 

早く治したい方は、毎日洗顔とケアをすることが大切です。

 

 

食生活を改善する

 

栄養

 

肌に良いビタミンAやビタミンC、ミネラルの含まている食事を取るようにしてみて下さい。

 

緑黄色野菜や果物、レバー、海藻類などなどです。

 

特にビタミンCは、皮脂の分泌を抑える効果があります。バランスの良い食事が大切です。

 

また、なるべく控えてほしいのがジャンクフードや脂肪、糖質の多いものです。

 

しかし、お菓子やジャンクフードなど油ものを食べたくなってしまうと思うので、食べるときはできる限り量を減らしてみましょう。

 

食事で足りない分は、サプリメントなどで補充しても大丈夫です。

 

ただし、全てをサプリメントで補うのではなく、できるだけ自然食材で栄養分を取るようにしましょう。

 

ニキビの治し方 食べ物で改善しよう

ニキビの治し方 飲み物で改善しよう

 

 

生活習慣を改善する

 

寝る

 

生活習慣の乱れは、皮脂の分泌を増やすホルモンバランスの乱れの原因となってしまいます。

 

そのため、適度な運動をしたり、睡眠をきちん取ったりすることが特に大切です。

 

この時期にストレスを改善するのは難しいかもしれませんが、できるかぎり溜めずに発散方法を見つけましょう。

 

 

思春期を治し方まとめ

 

 

思春期ニキビは特に鼻やおでこなどTゾーンがなりやすいです。

 

これは、他の場所と比べると皮脂量の分泌が多いからです。

 

思春期ニキビは、洗顔で肌を清潔にして、余計な皮脂を取り除くことが治すにはとても大切となります。

 

 

思春期ニキビの洗顔は特にこれがおすすめ

 

洗顔・保湿がひとつでニキビケアができるファーストクラッシュ
>>ファーストクラッシュ 公式サイト

 

 

 

スポンサーリンク

おすすめの記事