背中ニキビ

背中ニキビを治す方法として洗顔方法がわりと重要視されます。

 

あまりボディーソープや石鹸など気にしていない人も多いと思いますが、このボディーソープや石鹸の選び方一つでも、背中ニキビの治りが格段に違ってきます。

 

ボディーソープで背中を洗っていても背中ニキビが治らないのは、使うボディーソープ選びが間違っている可能性が高いです。

 

 

スポンサーリンク

背中ニキビを洗顔するのにボディーソープは良くない?

ボディーソープ

背中ニキビは洗顔をして、汚れや余分な皮脂を落とすことが治す方法にはあります。

 

背中ニキビの洗顔にボディーソープを使われる人も多いですよね。

 

ボディーソープは洗顔力が良いので、綺麗に汚れが落ちてさっぱりする人も多いと思います。

 

しかし、ボディーソープで背中を洗顔してニキビが治らなかったり、悪化してしまう場合は、ボディーソープに入っている「成分」が合わないことが多いです。

 

 

ボディーソープの背中ニキビが悪化する成分とは

saikin

ボディーソープは汚れは確かに綺麗に落ちます。

 

洗顔は綺麗にできたけど、肌が乾きやすかったりかゆくなったりする人もいます。

 

この場合、洗顔力が強すぎてしまうのが原因です。

 

ボディーソープは、液体のため泡立ちを良くするために『合成界面活性剤』という成分が多く含まれています。

 

この成分は、洗顔力に優れているのですが、肌の保護するバリア機能すらも剥がれ落としてしまう可能性があります。

 

そのため、背中バリア機能が弱くなってくることで、かゆくなったり、乾燥したり、細菌が入りやすくなって背中ニキビが治らないという状態になってしまいます。

 

合成界面活性剤は、ボディーソープだけでなくシャンプーなどにも多く含まれています。

 

 

背中が乾燥するとどうなる・・・?

 

背中がボディーソープなどが原因で乾燥をしてしまうと、さらにバリア機能が低下してしまいます。

 

また、乾燥をしてしまうと背中の毛穴が詰まりやすくなり、背中ニキビが悪化してしまう原因になってしまいます。

 

保湿をしても背中ニキビが治らない場合、ボディーソープでの乾燥の可能性が高いです。

 

 

香り・色付のボディーソープにも注意

 

洗顔の際に香りがついたり、色がついていているボディーソープは心地が良いものが多いですよね。

 

しかし、この気分を良くする成分にも背中ニキビには悪影響になってしまう可能性があるのです。

 

香料や着色料は添加物とされており、背中の肌を刺激してしまう成分となってしまいます。

 

他にも、エタノールや鉱物油などの成分も入っていないとないボディソープだろなお良いです。

 

 

背中ニキビには石鹸を使う

taorusekken

ボディソープの場合だと肌に悪い成分が多く入っていて、なかなか合成界面剤や香料などの添加物が入っていない商品は見かけないことが多いです。

 

万が一、無添加のボディソープがあってもコスト的に高いものが多いかもしれません。

 

このようなことを考慮した面で背中ニキビを洗顔するのに良いのが「石鹸」です。

 

ボディーソープを使っていると、石鹸で体を洗うのに馴染みが無い人もいらしゃると思います。

 

ですが石鹸の方が固形物なので、探してみると合成界面剤など成分が少なかったり入っていない石鹸がわりとあります。

 

石鹸の場合だと、毛穴の奥まで取れる細かい泡を泡立てることができて背中がきれいさっぱりします。

 

添加物のような成分の力で汚れや皮脂を取るのでなく、泡の力で吸着して取るという方法になるので肌に負担が少ないので、背中ニキビにも負担をかけずに綺麗に洗顔をすることができます。

 

 

背中ニキビには薬用石鹸を使うとなおよい

 

背中ニキビができているときは、背中ニキビを治す有効成分入りの方が背中ニキビの治りは早くなります。

 

化粧水でのケアも同時にすることで、背中ニキビの治りが効率的になります。

 

普通の無添加などのの石鹸場合は、背中ニキビをこれ以上でき無くしたり、背中ニキビにならないために使うのには適しています。

 

背中ニキビが出来ているときに、牛乳石鹸を使う人がいますが、これが背中ニキビにならないためのケアとしては良いかもしれません。

 

ですが、石鹸を選ぶ際はキメの細かい泡が立てられるものを選んでみた方が、汚れの取れ方は全く違ってきます。

 

 

スポンサーリンク

背中ニキビに良い石鹸の選び方

 

背中ニキビができている石鹸選びとしてのポイントは、

 

 

・添加物が入っていない

・有効成分が入っている

・きめ細かい泡が泡立てられる

・保湿成分が入っている

 

 

この4点に気をつけると、効率よく背中ニキビの洗顔をすることができます。

 

ボディーソープではこの3点がそろうことはあまりないのですが、当てはまるものを見つけた場合は使っても良いかもしれません。

 

保湿成分がなぜ入っているのが良いのかというと、洗顔後は乾燥しやすくなっているからです。

 

洗顔でシャワーを見ずに当てたり、お風呂に入ると脱水して乾燥しやすくなるので、保湿成分が入っているとなお良いです。

 

また、背中ニキビケア専用の保湿クリームなどがある場合は、有効成分が入っていなくても大丈夫です。

 

 

背中ニキビに使える石鹸

 

背中ニキビに使える石鹸をさらっとご紹介します。

 

Non-A

ノンエー

ニキビ全般に使える無添加でニキビを治す有効成分や保湿成分が配合されている石鹸です。

 

弾力のあるモチモチの泡が、毛穴の奥の汚れを綺麗にとってくれます。

 

ニキビ用石鹸としては、すべての条件がそろっているのはノンエーのみ。

 

NonA(ノンエー)の詳細はコチラをクリック

 

 

よか石鹸

sikarisekken

完全無添加の石鹸です。

 

有効成分や保湿成分が入っているだけでなく、天然のミネラルと言われている「シリカ」が入っています。

 

きめ細やかな泡が、毛穴の汚れをすっきり取ってくれます。背中ケアには肌に優しいです。

 

よか石けんの詳細はコチラをクリック

 

 

洗顔の際はごしごし洗わず、沢山のあわを立てて洗うようにしていてくださいね。

 

ごしごし背中を洗ってしまうと、乾燥してして背中ニキビが悪化してしまうからです。

 

洗顔後は保湿をする

 

背中ニキビで肌に優しい石鹸を選んで洗ったら後は、保湿をきちんとしてみて下さいね。

 

ニキビ石鹸で洗顔して保湿をしないと、石鹸の効果が半減してしまいます。

 

背中ニキビに優しい石鹸で洗って、背中ケアをしてみて下さいね。

 

>>背中ニキビのクリームにルフィーナ

>>ニキビ対策の入浴剤

 

 

↓↓背中ニキビにおすすめのクリームはこちらから↓↓


スポンサーリンク

おすすめの記事