ニキビ

生理前はニキビや肌荒れになりやすいですよね。

 

生理後は比較的収まるのですが、それでも、生理後にニキビになる方も多いようです。

 

生理でつらいのに、ニキビなんかができたら余計に嫌になりますよね。

 

しかしなぜ、生理前や生理後にニキビや肌荒れになりやすいのか。いったい何が原因なのか。

 

ここでは、生理前と生理後のニキビの原因についてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

生理前のニキビの原因とは?

 

ホルモンバランスの乱れ

 

疲れる2

 

生理前のニキビの原因は女性ホルモンに関係があります。

 

生理前は、排卵後から生理になるときに、女性ホルモンであるプロゲステロンの分泌が活発になります。

 

プロゲステロンは、分泌量が多いと皮脂が多く出てしまいます。皮脂はニキビが出来るアクネ菌を増殖させて悪化させる原因です。

 

そのため、女性ホルモンのプロゲステロンが活発に分泌をする生理前は、にきびや肌荒れになりやすくなってしまうのです。

 

女性ホルモンには、もうひとつ「エストロゲン」というものがあります。

 

エストロゲンとは、肌の代謝を高めたり、肌に必要なコラーゲンの合成を促し、肌に潤いを保つのに欠かせないホルモンです。

 

生理から、次の排卵後まではエストロゲンの方が分泌が多いです。

 

しかし、生理前はプロゲステロンが、エストロゲンを上回ってしまうので、生理前にニキビができやすくなる原因なのです。

 

簡単に書けば、生理前はホルモンバランスが乱れていて、うまく体が調整できないため、ニキビができちゃうということになります。

 

 

毛穴の水分不足

 

汗2

 

肌の水分が不足していると、毛穴が脱水状態となってしまいます。

 

脱水状態だと、毛穴が乾燥しているような状態です。そのため、肌の乾燥の時と同様にニキビがなりやすくなってしまいます。

 

とくに、この脱水状態はアゴやフェイスラインがなりやすく、生理前がとくに脱水になりやすいと言われています。

 

そのため、生理前は特に、乾燥しやすい顎やフェイスラインににきびがなりやすくなってしまうのです。

 

もし生理前にアゴやフェイスラインにニキビが出来始めたら、生理が来るかもしれません。

 

 

生理後のニキビの原因とは?

 

頬ニキビ

 

生理後は、身体の老廃物が出るため、肌の調子がよくなったりします。

 

しかし、生理後のニキビや肌荒れにお悩みの方も多いそうです。

 

生理後のニキビは、生理前と同じで女性ホルモンや必要な栄養素不足に関連しています。

 

 

ミネラルである鉄不足

 

生理期間中から生理後にかけて、多くの血液成分が排出されてしまいます。

 

そのため、生理後は血液に必要な鉄分を主としたミネラル不足になる場合が多くなってしまいます。

 

ミネラルは肌の潤いを保つのに大切な成分です。

 

また、ミネラルの中でも、鉄分は血液中に酸素を運搬する働きがあります。

 

そのため、血液が酸欠状態になると免疫力が低下してしまいます。

 

免疫力がなくなってくると、細菌が入りやすくなりニキビができたり、肌が荒れやすくなり、肌の潤いがなくなり乾燥肌になりやすくなります。

 

逆に生理後、肌に潤いがなくなり、皮脂不足となると、肌を守らなければと思い皮脂が過剰に分泌してしまう場合もあります。

 

 

ホルモンバランスの乱れ

 

本来であれば、肌を守る女性ホルモンの「エストロゲン」が上回っていて、ニキビや肌荒れにはなりにくくなります。

 

しかし、プロゲステロンとエストロゲンのホルモンバランスが乱れていると、生理後でもプロゲステロンが多く分泌するなどで肌に影響を与えてしまう場合があります。

 

生理前と生理後のニキビの原因は大まかこんな感じです。

 

今は生理前にあっても、もしかしたら生理後にもニキビができてしまう可能性もあります。

 

なかなか生理前や生理後のニキビを治すためにホルモンバランスを整えるのは難しいと思いますが、次に生理前と生理後のニキビを治し方や対策についてみていきましょう。

 

NEXT生理前と生理後のニキビの治し方と対策

 

 

>>生理前後でできるニキビを何とかしたい人はコチラ

 

 

スポンサーリンク

おすすめの記事