ルイボスティーはニキビに良いとされています。

 

ルイボスティーは飲むだけではなくお風呂に入れることもできます。

 

特に、ルイボスティー風呂は、身体にできた背中ニキビや胸ニキビにも良いとされています。

 

そこで今回は、ニキビ対策として、体にやさしいルイボスティーお風呂の入り方についてご紹介します。
ルイボスティーの効能については こちらの記事にて詳しい情報をご紹介中です。

 

 

スポンサーリンク

ルイボスティーお風呂でニキビ対策

 

風呂
ルイボスティーは肌に必要な栄養素であるミネラルや皮膚の老化をさせる活性酸素を除去する抗酸化作用があります。

 

そのため、ニキビや肌荒れ、アトピーには対策には良い入浴剤代わりとなります。

 

ルイボスティーお風呂は、ルイボスティーを飲んだ後の出がらしを使うか、そのまま入れても良いです。

 

ルイボスティーお風呂の入り方

 
①飲んだルイボスティーの出がらしを、鍋で煮だしをします。(10~15分)

 

ティーバックは、新しいものであれば1袋

出がらしであれば、1~3袋あたりで大丈夫です。

 

煮出しのお湯はお好みで。

 

②沸かしたお風呂の中に、煮だししたルイボスティーを入れるだけです。

 

ルイボスティーお風呂に入る場合は、ルイボスティーのメーカーによって、身体を拭いたときに色がついてしまう場合があります。

 

そのため、お風呂から出る場合は軽く身体を洗うと良いです。

 

 

スポンサーリンク

ルイボスティーお風呂でニキビ対策 まとめ

ルイボスティーお風呂は、市販の入浴剤など合わない方に特におすすめです。

 

ルイボスティーお風呂は、小さいお子さんでも入ることができます。

 

ルイボスティーを飲んで、お風呂に入れば外と内のダブルでニキビ対策にもなります。

 

背中ニキビなどケアできない部分も、お風呂に入ることで多少のケアをすることは可能だと思います。

 

ぜひ、ニキビのお悩みの方はルイボスティーお風呂入ってみて下さいね。
お風呂上りは肌の保湿も行ってくださいね。

 

関連記事

ルナメアACの化粧水でニキビケア

背中ニキビの治し方とケア方法

スポンサーリンク

おすすめの記事