雑誌で掲載されたり、モデルさんや芸能人の人が使っているニキビケアとして、「パルクレール」の美容液とジェルを見かけますよね。

 

どちらもオールインワンですが、パルクレールジェルとパルクレール美容液という2種類ケア化粧品があり、どちらを使えばよいか悩む方も多いのではないでしょうか。

 

ここでは、実際に両方使ってみた私が、パルクレールジェルとパルクレール美容液の比較をしてみました。

 

どちらかで悩んでいる方は、ご参考にしていただけると幸いです。

 

スポンサーリンク

パルクレールジェルと美容液はどちらを選べばよいか? 比較してみた

パルクレールジェルとパルクレール美容液は一見同じように見えて、使用感の違いかななんて思いますが、わりと使った経験からかくと結構違います。

 

値段は比較すると多少違う程度ですが、なんといっても「ニキビケア」に関することで比較すると違いがあります。

 

有効成分比較

 

・パルクレールジェルの場合:プラセンタとアラントインが有効成分。他、天然成分が14種類配合

 

・パルクレール美容液の場合:プラセンタとグリチルリチン酸時カリウム。他、3種類のヒアルロン酸+10種類の天然成分配合

 

有効成分を比較、ほぼ同じぐらいな感じはしますが、若干有効成分が違います。
両方の共通である「プラセンタ」は美容成分で、メラニンの生成を抑えたり、シミやそばかすなんかを防ぐ美白効果があるとされている成分です。

 

パルクレールジェルに含まれる「アラントンイ」は、ニキビケアとしては有名な成分。肌の状態を正常に保つ働きがあるほか、抗刺激作用による肌荒れ予防によいとされている成分です。
一方、ニキビに効くとされている有効成分が「グリチルリチン酸ジカリウム」。ニキビを防ぎ、肌を洗浄したり、肌にうるおいを与える成分とされています。

 

成分で比較すると、ニキビができている、ニキビ後のケアに向いている成分かなと、二つ使ってみて書いてみます。

 

というのも、肌の正常、肌荒れ予防はまさにニキビになっている最中の話。ニキビを防いだり、ニキビ後のケアには肌のうるおいが多く必要なので、ニキビ後のケア向けに近い成分かなと思います。

 

【パルクレールジェルはコチラ】

【パルクレール美容液はコチラ】

 

使用感の比較

パルクレールジェルは、とろっとしたオールインワンジェルです。

伸びはよく、美容液に比べるとべたっとする部分もありますが、全体に伸びもよく使いやすく、ぐいぐいとニキビ肌にアプローチしてくれるのが特徴です。

 

逆に、パルクレールジェルはとろっとしたテクチャーのオールイワン美容液です。

 

ジェルに比べると、とろっとした感じですが塗るとサラサラとしていて、肌の毛穴などに程よくアプローチをしてくれる感じがします。

 

容量の比較

・パルクレールジェル:40g

・パルクレール美容液:15ml

 

比較すると、明らかにパルクレール美容液の方が少ないのが一目瞭然だったりします。

 

なので、ニキビを何とかしたい人には、乾燥肌だとなおさら美容液の量は足りないのかなという印象はあります。

 

そのため、美容液はニキビを何とかした後向けでもあることが、なんとな~く伝わるのではないでしょうか。

 

無添加の比率

敏感肌の人にとっては、添加物は宿敵みたいなもの。

 

私も合わない市販のニキビケアとかはすぐにブツブツができてしまうので、できる限りニキビが悪化していたり、肌が弱かったり、ニキビケア後を丁寧にケアしたい人は無添加のニキビケアがおすすめだったりします。

 

・パルクレールジェル:無添加8種類
・パルクレール美容液:無添加10種類

 

他のニキビケアと比べると、無添加率は高いです。美容液の方が2種類ほど多いですね。

 

値段の比較

パルクレールジェル

 

・単品価格:税抜き7,200円+送料648円

 

・定期購入(2,500円相当のカラーコントロール付):

税抜き9,700円税抜き4,980円+送料無料(49%OFF)

 

パルクレール美容液

 

・単品価格:税抜き7,500円+送料648円

 

・定期購入(2,500円相当のカラーコントロール付):<

税抜き10,000円税抜き5,200円+送料無料(48%OFF)

 

パルクレール美容液と比較すると、パルクレールジェルのほうが容量が多いのに値段は若干安いという結果になりました。

 

これを思うのは、多分、添加物が少ないことと、成分が凝縮されているんじゃないかなと勝手に推測します。

 

カラーコントロールは一見いならさそうですが、ニキビやニキビ跡を隠せるだけでなく、ビタミンCやプラセンタ、ヒアルロン酸などが配合しているので、きちんとニキビのケアができてしまうというという重宝できる美容粧品なので(感覚的にはリキッドファンデみたいな感じ)使ってみて損はないかと思う代物です。

 

値段は、他のニキビケアと比べると価格がよいですが、使うとその差はわりと違うかなと思います。大人ニキビになると、ニキビが少ししかなった人であれば安いニキビケアでもなんとかなります。

 

しかし、年がら年中ニキビができていたり、メイクを毎日していると、安いニキビケアでは肌に栄養を与える成分

や保湿量が少ない、添加物が多い合わない場合も多くなってくる人も多いと思います。

 

特にメイク時間の長くなる社会人の女性が、通常のニキビケアで合わなくなるのは、長時間のメイクやストレスなど合わさって肌にダメージを与えているから、安いニキビケアや、今まで使っていたニキビケアが合わないってことになります。

 

こういうダメージ肌は、少しでも肌に必要な栄養を多くとって、ダメージを受けているニキビ肌をケアしてあげることが必要になってきます。

 

なので、パルクレールは、ジェルや美容液を使いたいと思う人は、本気でニキビやニキビ跡・毛穴肌などを何とかしたい人向けでもあるかなと思います。

 

1か月も使ってみると、わりと変化が実感できる人も多いようなので、返金保証もあるので一か八かチャレンジするのもありかなと思います。私の場合は、チャレンジしてすっぴんやマスク姿の回数もほぼなくなり、ニキビが少ない肌で堂々とできるようになったのでよかったと思っています。

 

どちらを使えばよい?

 

比較されてもいまいちわからないという人は、

 

・ニキビを何とかしたい人⇒パルクレールジェル

 

・ニキビ後のニキビ跡やクレーター肌などを何とかしたい人⇒パルクレール美容液

 

ニキビが悪化していて、何とかしたいならばパルクレールジェルで肌を整えて、それからニキビがだいぶ良くなってきた感じがしたら、パルクレール美容液にシフトしてもいいかなと思います。

 

定期便だと4回まで使わなければいけないので、使い切ったらでもいいと思いますし、逆に美容液の方がいいかもと思ったら、永久返金保証を使ってシフトしてもいいかもしれませんね。

 

ですが、個人的にはどちらもよかったです。何度も書くようなんですが、ニキビを何とかしてニキビが気にならなくなりたいならばパルクレールジェル。

 

ニキビ跡とかニキビはよくなったけどその後の肌の状態を何とかして、つるつる肌を目指したいならばパルクレール美容液が向いていると使って実感しています。

 

というよりも、個人差はあると思いますが、ニキビがたくさんできていると美容液では足りない。肌のコンディションは整えてから、美容液は使った方が効果は期待できるのかなと思います。

 

美容液は小さいのに、リピが99.2%らしく最初は嘘だ~と思っていましたが、使ってくるとわかるって感じになりました!

 

それぞれの口コミをしてみたので、中身、使用感、どんな感じになったとか、デメリットなんかも書いています。

カラーコントロールが気になる方は、実際に口コミレビューしているので、検討している方は、下の記事をご参考にしてみてください。

 

パルクレールジェルは効果があるか口コミしてみた

パルクレール美容液は効果があるか口コミしてみた

 
あごニキビ

スポンサーリンク

おすすめの記事