風呂

お風呂での洗顔でニキビを治したり予防をするには、お風呂で汚れを流して身体を清潔にして、洗顔のそそぎ残しがないことが大切です。

 

洗顔やシャンプーなどのすすぎの残しは、ニキビを悪化やアクネ菌の繁殖をしてしまいます。

 

ここでは、お風呂でのニキビ洗顔方法についてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

お風呂での洗顔でニキビを治す

 

 

身体は優しく洗う

 

ニキビは、汚れや余分な皮脂を落とし肌を清潔にすることがとても大切となります。

 

そのため、体を洗うときは入念に気を付けなければなりません。

 

特に、ナイロンタオルを使っている方など硬い素材を使いなおかつごしごし洗ってしまうと、

 

汚れや皮脂を取ることができますが、肌を保護する分の皮脂までも取ってしまう可能性があります。

 

すると、肌の乾燥になりやすくなってしまいます。

 

そのため、綿などの柔らかく肌に優しい素材を使って泡で洗いましょう。

 

石鹸やボディーソープは、低刺激で無添加のものを使いましょう。

 

 

顔の洗顔方法

 

 

身体と同じくごしごし肌を洗わず、泡ネットなどで泡を立てて優しく円を描くように洗いましょう。

 

水で洗うときは、ぬるま湯で洗い流すのが良いとされています。

 

 

髪の毛を洗うときは身体より先に洗う

 

 

シャンプーで頭を洗うときは、先に身体を洗うようにしましょう。

 

先に体を洗ってしまうと、シャンプーやリンスが身体に付着してしまう場合があるからです。

 

そのため順番としては、シャンプー⇒リンス⇒身体を洗うという順番にして洗うとニキビ予防となります。

 

頭皮を洗う・ケア方法については下記の記事をご参考にしてみて下さい。

 

頭皮にできたニキビの治し方

髪の生え際のニキビを治す方法

 

また、顔を洗うときはシャワーを直接当ててしまうとニキビへの刺激となり悪化の原因を招いてしまいますので注意して下さい。

 

 

お風呂での洗顔でニキビを治す まとめ

 

お風呂の洗顔はニキビを治すにはとても大切です。

 

正しい洗顔をしていて、肌を清潔にしていればニキビにもなりにくくなります。

 

そのため、お風呂での洗顔方法は特に気をつけて下さい。

 

お風呂で洗顔をした後は、肌の保湿などのニキビケアも行ってくださいね。

 

ニキビケアおすすめはこちら

 

ニキビ化粧水おすすめ

肌に良い石鹸を選んでニキビの悪化を防ごう

 

スポンサーリンク

おすすめの記事