おでこニキビができてしまうと、悪化して治りにくかったりしますよね。少しでも早くおでこのニキビを治したいものです。

 

そこで、今回はおでこにできたニキビの治し方についてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

おでこニキビの原因とは?

 

おでこのニキビの主な原因は、おでこは皮脂の分泌量が多いため、にきびになりやすくなるからです。

 

おでこのニキビを治すためには、、なるべく皮脂の分泌量を抑えるなどの対策が必要になります。

 

早速おでこの治し方について見ていきましょう。

おでこのニキビの治し方

 

髪の毛(前髪)をおでこに触れさせない

 

髪の毛先

 

髪の毛には皮脂以外にも殺菌なども付着しています。

 

肌やニキビに触れてしまうと悪化してしまう原因となってしまいます。

 

そのため、おでこにニキビができてしまった場合は、おでこを髪の毛を上げてオープンにする必要があります。

 

女性の場合は、ピンなどで前髪を留める、アップにする、男性の場合は前髪を上げたり、短く髪の毛に切るなどして、肌に触れさせない対策が必要です。

 

手で触りたい気持ちもわかりますが、できるだけ触らないようにしてみて下さいね。

 

おでこなんて出すの恥ずかしいと思われる方は、せめて家にいるときだけでも髪の毛をアップにしてみて下さい。

 

通常よりは衛生面も良くなり、治りも早くなります。

 

 

シャンプーやコンディショナーをきちんと流す

 

シャンプー

 

髪の毛を洗うときに、髪の毛の生え際などについたシャンプーやコンディショナーがきちんと洗い流せていないと、シャンプーなどが髪の毛についた状態となってしまいます。

 

その状態でおでこに触れてしまうと、毛穴のつまりなどのニキビの原因となってしまいます。

 

そのため、治すためにきちんときれいに流す必要があります。

 

 

洗顔をきちんとする

 

洗顔ケア

 

毎日洗顔をして、汚れや皮脂を洗い流すのが大切です。

 

また、洗顔後にはきちんと化粧水などで保湿すると肌の乾燥予防となり、ニキビが治りやすくなります。

 

ただし、ごしごしと洗うと、必要な皮脂までとしてしまい乾燥の原因ともなってしまうので、優しく丁寧に洗ってください。

 

 

その他のおでこにきびを治す方法

 

・ニキビに良い食べ物や飲み物を飲む

・ニキビに悪い食べ物や暴飲暴食を控える

・睡眠をきちんととる

・ストレスを溜めない

 

それでもおでこのニキビが治らないよという方は、皮膚科に行くことをおすすめします。

スポンサーリンク

おすすめの記事