おでこにできるニキビは、できてしまうと気になってしまいますよね。おでこニキビは髪の毛で隠せますが、衛生面的には良くありません。

さて、いったい何が原因でおでこにニキビができてしまうのか。

 

そこで、おでこにニキビができてしまう原因についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

おでこニキビの原因とは?

 

おでこは皮脂腺が活発な部分

 

おでこの部分Tゾーンに含まれている部分で、顔の部分でも皮脂腺が活発な部位です。

 

世間的にはTゾーンニキビとも言われています。

 

Tゾーンとは、額(おでこ)から眉の間の鼻先にかけての部位となります。

 

皮脂腺とは皮膚の分泌をするところでもあり、皮脂腺が活発な場所というと、それだけ皮脂の分泌が多い場所となってしまいます。

 

ニキビの大きな原因は、毛穴に詰まった角栓です。

 

そのため、角栓によって、皮脂が毛穴の内部に詰まってしまうと、皮脂が好きな細菌(アクネ菌)が増えてしまうことで、ニキビの悪化の原因ともなってしまいます。

 

皮脂の分泌が多ければ多いほどアクネ菌が増えてしまいます。

 

そのため、おでこにニキビができやすくなってしまいます。

 

また、思春期など男性ホルモンの分泌によっても、皮脂分泌を促進する場合もあるため、おでこがニキビだらけになってしまうのです。

 

 

便秘

 

身体に老廃物が溜まってしまうと、体外に毒素を吐き出すことができなくなってしまいます。

 

体内に悪いものが溜まることにより、代謝が落ちたり毛穴を詰まらせてしまいます。

 

そのため、ニキビや肌荒れに影響を及ぼしてしまいます。

 

手や髪の毛が触れる

 

おでこニキビができてしまうとついつい髪の毛を隠してしまいたくなります。

 

また、おでこを全面的にだしている方はあまり多くないですよね。

 

じつは、手や髪の毛がおでこに触れるとニキビができる原因となります。

 

まずは、髪の毛や手についた細菌やほこりが肌に付くことで、毛穴をふさぐ割合が高くなってしまいます。

 

また、手や髪の毛が触れることにより、手などについている皮脂がおでこについてしまい、細菌が余計に肌につきやすくなってしまうのです。

 

大人ニキビがおでこにできた場合は、ホルモンバランスや食や生活習慣の乱れ、睡眠不足も影響しています。

 

NEXT⇒おでこニキビの治し方はこちら

スポンサーリンク

おすすめの記事