かゆい

ニキビができているときに洗顔をしたり、化粧水を塗ると肌がヒリヒリして痛いという方もいらっしゃると思います。

 

なぜ、ニキビができた肌をを洗顔を洗顔しているのに痛くなるのか?

 

ここでは、ニキビの洗顔の時に肌が痛い場合のあげられる原因についてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

ニキビの洗顔で肌が痛い原因

 

洗顔や化粧水をつけると肌がヒリヒリしたり、

小さなニキビのようなできものができてしまう場合は、下記のような原因があげられます。

 

hyouzyou3

 

・洗顔料が自分に合っていないので痛い

・洗顔方法が間違っている

・肌が必要以上に傷ついている

 

 

 

洗顔料が肌に合っていない場合

 

シャンプー

 

洗顔や化粧水で肌が痛い場合は、洗顔料や化粧品が肌に合っていないことが原因にあげられます。

 

化粧をしている場合は、クレンジング剤も同様に当てはまります。

 

特に市販で販売されている洗顔料などは、添加物が多く配合されているので、肌への刺激を与えてしまうものもあります。

 

また、肌の体質によってそれぞれ合う合わないがあります。

 

肌質は常に一定ではなく、女性であれば生理など肌質は急に変わることがあります。

(生理でなくても肌質は変わる場合もあります。)

 

そのため、洗顔料が合わないくヒリヒリして、肌が痛いということにもなります。

 

この場合も含め、肌質にあった洗顔料や化粧水を変える必要があります。

 

市販のものは大概は無添加でないものが多いため、肌への刺激が強く痛くなる場合があるのです。

 

ニキビができているときの洗顔料や化粧水は、

できるだけ無香料、アルコールフリーなどの無添加で低刺激のものを使用するのがおすすめです。

 

化粧水や石鹸を買った際は、パッチテストを行ってから使用するようにしましょう。

 

おまけではありますが、肌が痛く合わない場合は通販の場合返品できるもので、おすすめです。

 

おすすめ洗顔料や石鹸はこちら

ニキビ肌にオススメの洗顔料

ニキビ肌に良い石鹸を選んで悪化を防ごう

⇒ニキビ肌におすすめクレンジング

 

洗顔方法が間違っている

 

肌トラブル

 

洗顔方法の間違っている場合の原因としては下記のようなことがあげられます。

 

・肌をごしごしと洗う

・洗顔時間が長い

・1日に何度も洗顔をする

・水で何回も顔を洗う

 

このような洗顔方法をしている場合は、肌を傷つけたり乾燥している場合があります。

 

この場合は上記のような洗顔方法をやめましょう。

 

洗顔は1日朝と晩の2回で大丈夫です。

 

泡を立てて、優しく洗うようにしてみて下さい。

 

関連記事

ニキビができたときの洗顔時間

ニキビが出来ているときのお風呂ケア

 

 

肌が必要以上に傷ついている

 

肌荒れ

肌が痛いのは洗顔以前に、ニキビなどが悪化し肌が奥底まで傷ついていて痛い場合があります。

 

その場合は、自分でケアをするのが難しい場合があるので、一度皮膚科での受診をすることをおすすめします。

 

ニキビケアはこちら

ビタミン誘導体配合VCシリーズでニキビケア

ニキビ跡にはビーグレンニキビケア

ニキビでも使える日焼けどめおすすめはこれ

スポンサーリンク

おすすめの記事