ニキビ

大塚製薬から発売されている、傷口に塗るオロナインという軟膏があります。

 

世間では、オロナインはニキビを治すのに良いとされていて、だいぶ絶賛されているようです。

 

実際に公式サイトにも、オロナインの使い方でにきびも含まれています。

 

しかし、にきびができた肌にオロナインを使うのは大丈夫なのか?

 

 

スポンサーリンク

ニキビの治し方 オロナインとは?

 

ニキビに良いと噂があるオロナインとは、大塚製薬から発売されているオロナインHという軟膏です。

 

最近では、オロナインのチューブ型も発売されています。

 

オロナインの主な使い方は、

ひびやあがぎれ、しもやけ、きりきず、すりきず、やけどなどに良いとされています。

 

 

その中でも、オロナインの使い方には、ニキビも効能が期待できるそうです。

 

 

オロナインの使い方について

 

 

オロナインを少量、にきびや吹き出物に少量塗るだけです。

 

 

スポンサーリンク

オロナインはニキビ使って治せるのか?

 

nayamu

 

公式サイトには、オロナインはニキビにも使えると書いてあります。

 

治ったという口コミもあるようですが、逆にニキビが増えたという方も多いようです。

 

実際にオロナインの使用はニキビも対象になってしますが、

 

調べてみると、

 

オロナインにはニキビに効く成分は配合させてるわけではないそうです。

 

オロナインをニキビ使う効果が期待できることは、殺菌や肌の乾燥予防に良いとはされているそうです。

 

これは、オロナインに含まれているワセリンやグリセリン、クロルヘキシジングルコン酸塩液などの成分が関係しています。

 

しかし、オロナインの原料は油のため、

オイリー肌などの方がオロナインを使ってしまうと悪化してしまうようです

 

菌

ニキビが出来た肌にオイルを塗ると、

ニキビの炎症や悪化の原因となるアクネ菌の増殖の原因ともなってしまうからです。

 

そのためオロナインは、

オイリー肌だけではなく、なるべくニキビには使わない方が良いかもしれません。

 

やはり、ニキビを治すにはニキビの根本を治す必要があるからです。

 

そのため、ニキビケアの化粧水などや石鹸などで肌を清潔にする方をオススメします。

 

 

ちなみに、オロナインを塗っていはいけない部位として、

 

化粧の下

虫刺され

湿疹(かぶれやただれ)

 

などがあります。

 

湿疹やただれが酷かったり、深い傷や火傷の人、薬などでのアレルギー症状がでたり、医師の治療を受けている方なども、オロナインを使ってはいけないことになってします。

 

 

オロナインはニキビを治せるか? まとめ

 

殺菌や乾燥に関しては、オロナインよりもニキビケアの方が期待できます。

 

乾燥予防だけでなく、ニキビのアクネ菌を予防したりする有効成分が配合されているからです。

 

やはり、専門のケア用品を使う方がニキビを根本から治すには期待が高いからです。

 

また、気になる方は皮膚科などに行き、きちんとした専用の薬を貰う方が良いと思います。

 

オロナインは、ニキビだけではなく色々なところに塗ると治るという情報をたくさん目にします。

 

以前、私もその情報を信じてとある部分に塗ったら悪化しました(苦笑)

 

そのため、オロナインをむやみにニキビに塗らない方が肌のためには良いと思います。

 

化粧水なら、ルナメアなどの方が良かったです。

⇒ルナメアAC化粧水

 

 

関連記事

ニキビに良い石鹸を選んで悪化を防ごう

ニキビができた肌におすすめの化粧水

ニキビが悪化しないクレンジングとは?

 

スポンサーリンク

おすすめの記事