クレンジング

クレンジングには何種類かの種類(タイプ)があります。

 

ニキビの悪化を防ぐには、肌に優しい自分に合ったクレンジングを選ぶことが大切です。

 

ここでは、ニキビ肌のクレンジングの種類についてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

クレンジングの種類

 

ニキビができている肌には、洗顔力や硬さなど考慮する必要があります。

 

普段使用しているものとは違い、肌に刺激のないクレンジングを選ぶことが、ニキビを悪化させないためには大切になります。

 

クレンジングの種類(タイプ)には、

 

シート、オイル、リキッド、ジェル、ミルク、クリームタイプがあります。

 

各種類の特性をしることで、自分に合ったクレンジングを見つけてみましょう。

 

それでは、もう少し細かいクレンジングの種類についてご紹介します。

 

 

ニキビ肌のクレンジング シートタイプ

 

 

化粧やメイク落としのメイクふき取りシートタイプです。ささっと手軽にメイクが落とせることから、特に若い方に人気です。

 

しかしニキビができた肌の場合、シートでふき取ることが肌に強い刺激を与えてしまいます。

 

そのため、ニキビの悪化の原因ともなりやすくなってしまいますので、シートタイプのクレンジングは毎日の使用はおすすめできません。

 

 

ニキビ肌のクレンジング オイルタイプ

 

 

クレンジングの種類の中でもオイルタイプは、洗浄力が強く化粧・メイクを落とすことができます。

 

洗浄力が強い合成界面活性剤というものが含まれていて、洗浄力は強いです。

 

そのため、メイクを馴染ませたりメイクを落とす上では、メイクを綺麗にとることができます。

 

特にアイメイクをされてる方は、この洗浄力が必要かもしれません。

 

 

ただし、

ニキビが出来た肌にオイルタイプのクレンジングはあまりおすすめされていないとされています。

 

 

オイルタイプは、合成界面活性剤などの添加物が多く入っており、肌に強い刺激を与えてしまいます。

 

洗浄力が強いため、必要な皮脂までも落としてしまい、ニキビの原因ともなる乾燥肌になりやすくなってしまいます。

 

また、オイルタイプは洗浄力が良いわりに、クレンジング剤が残りやすいからです。

 

肌に残ったクレンジング剤があると、それをエサとするアクネ菌が大量にでてしまうことでニキビの悪化や原因をつくりやすくしてしまいます。

 

ただし、W洗顔のものはクレンジング剤が残りにくいものも多いようです。

 

オイルタイプを使いたい場合は、

鉱物性のミネラルオイルではなく、植物由来の植物性オイルを選ぶのがニキビ肌には良いです。

 

 

ニキビ肌のクレンジング リキッドタイプ

 

クレンジングでも液体タイプです。

 

さっぱりとしており、べたつかず化粧水のような感覚で使うことができます。洗浄力はわりかし良い方です。

 

ただし、液体タイプでもあるので肌が蒸発しやすくなる場合もあります。

 

そのため、乾燥肌にはあまり向いていない部分もあります。

 

 

ニキビ肌のクレンジング ジェルタイプ

 

 

乾燥肌におすすめなのがジェルタイプです。総合的なクレンジングにおいては普通なレベルです。

 

ただし、メイクに関しては若干落としにくい場合もあるそうですが、ニキビが気になる方はジェルなどが無難です。

 

 

ニキビ肌のクレンジング ミルクタイプ

 

 

肌に優しいといわれているのがミルクタイプです。保湿力もなかなかです。

 

ただし、洗浄力が弱いので、化粧が落ちるのに時間がかかってしまいます。

 

また、長い時間かけて落とさないといけないので肌に摩擦をかけやすくなってしまいます。

 

ニキビが出来ている肌には、極力クレンジングは短くすることが大切なので、ニキビ肌には合いません。

 

特にアイメイクをクレンジングするには不向きのクレンジングの種類です。

 

 

ニキビ肌のクレンジング クリームタイプ

 

 

クリームタイプもジェル同様お肌にやさしいタイプです。

 

メイクを落としつつ保湿することができます。そのため、ニキビができた乾燥肌にはおすすめです。

 

ただし、こちらも洗顔力が弱いので肌に馴染むのが遅いの化粧落としに時間が掛かってしまいます。

 

そのため、忙しい方や時間がない方、オイリー肌にはあまり向いていません。

 

 

ニキビ肌のクレンジングの種類 まとめ

 

 

オイルからクリームなどクレンジングにも様々な種類(タイプ)があります。

 

肌の体質は常に変化をしているので、いつもと同じものを使うのではなくその時に応じたクレンジングを使うことも大切です。

 

例えば、ニキビができている肌、ニキビができていて生理の時の肌、普通の健康的な肌では肌質が違うということもあります。

 

それぞれクレンジングの種類種類にはメリットデメリットがあります。

 

ニキビ肌の時だけでなくても、クレンジングは肌質にあったものを選んでみましょう。

 

ニキビや化粧も落とせるクレンジングや洗顔料・石鹸はこちら

ニキビ肌におすすめのクレンジング

ニキビにおすすめのパック(クレンジングもできるパックもご紹介中です。)

ニキビ肌にオススメの化粧水

ニキビ肌に良い石鹸を選んで悪化を防ごう

 

スポンサーリンク

おすすめの記事