化粧

ニキビの肌や敏感肌などには、ファンデーションを選ぶ際に成分に気を付ける必要があります。

 

ファンデーションにはニキビに刺激となる成分が含まれているからです。

 

ここでは、ニキビ肌のファンデーションの成分についてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

ファンデーションは選びは成分に気を付ける

 

hyouzyou

 

ファンデーションには、各メーカーによって違いますが皮膚に障害を起こす成分が含まれています。

 

特に刺激物になる成分としては、防腐剤、合成界面剤、香料などの添加物が主にあげられます。

 

 

ニキビ肌には添加物が負担となり、悪化の原因も起こします。

 

そのほかにも、油分を使っているもの必要な皮脂まで落としたりして乾燥をしたり、皮脂と交じり合うなどのデメリットが多いので、ニキビ肌にはおすすめできないファンデーションの成分です。

 

 

防腐剤の成分とは?

 

化粧品を製造する際に、どんなに無菌状態にしても空気中の細菌などが入ってしまいます。

 

空気の細菌などは人の手では殺菌できないので、品質が落ちてしまう場合があります。

 

そのため、これらの品質低下をさせないためのものが防腐剤といいます。

 

防腐剤ではなく、保存料を入れる場合もあります。

 

 

合成界面活性剤の成分とは?

 

 

合成界面活性剤の成分とは、水と油の性質を兼ねているものです。

 

ファンデーションの成分で、水と油を混ぜ合わせるのに必要不可欠な成分です。

 

石鹸やクレンジングオイル、シャンプーでは洗浄力として使われる成分でもあります。

 

そのため、この合成界面活性剤の成分が含まれているものは油分が多く使われているものが多いです。

 

 

香料の成分とは?

 

香料とは、香りをつけるための成分です。

 

特に、石油を原料した合成香料が使われている場合があります。

 

本来であれば植物性の天然由来の香料成分が良いとされています。

 

しかし、中には植物性由来の香料が肌に合わない方もいらっしゃるそうです。

 

 

これらの成分を考慮したうえで、

ニキビができている時や敏感肌には、

油分や上記などの成分がなるべく入っていないファンデーションを選ぶ必要があります。

 

 

成分をあまり気にしなくてもよいファンデーションとは?

 

125411

 

ファンデーションの中でもパウダータイプのミネラルファンデーションがおすすめです。

 

ニキビの悪化の原因ともなりやすい油分と水分が含まれておらず、ミネラルの天然鉱物で作られています。

 

そのため、合成界面活性剤など成分である添加物が配合されていないものが多いです。

 

敏感肌やニキビ肌には安心で優しいファンデーションです。

 

今まで使っているファンデーションでこれらの成分が入っていて、ニキビ等が悪化したり、ニキビを気にされている、敏感肌などにはおすすめのファンデーションです。

 

ニキビが悪化しないおすすめファンデーション

 

リキッドタイプが使いたい場合は↓

ニキビが悪化しないリキッドファンデーション

 

ニキビケア関連記事はこちら

⇒ニキビ肌におすすめクレンジング

ニキビにおすすめ ビタミンサプリメント

ニキビ肌にオススメの化粧水

ニキビ肌に良い石鹸を選んで悪化を防ごう

 

スポンサーリンク

おすすめの記事