化粧のりが悪い

ニキビができる原因は様々ありますが、その中でもファンデーションが原因でニキビになってしまう場合もあります。

 

化粧をしている方で、洗顔、保湿も食生活、生活習慣もきちんとしていてニキビができてしまう場合は、ファンデーションが原因の可能性が高いです。

 

ついついニキビができると隠したくなってしまいますよね(^_^;)

 

ここでは、ファンデーションが原因でニキビができてしまう理由についてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

ニキビがファンデーションが原因なのはなぜ?

 

ファンデーションの成分

 

125411

 

ニキビができるファンデーションの理由として、ファンデーションに入っている成分が関連してきます。

 

通常の市販で売られているファンデーションは、油分が肌に刺激となる添加物が含まれています。

 

 

石油系の油分が多いファンデーションは、カバー力が高いのが特徴です。

 

そのため、見た目がきれいな仕上がりになります。

 

ですが、ファンデーションはこれらの仕上がり良くして活かすために、油分や添加物が必要となるため配合されていたりするのです。

 

ニキビができた肌には添加物が刺激となってしまいます。

 

また、油分は皮脂と混ざりやすくなったり、アクネ菌の繁殖につなげてニキビを悪化する原因ともなります。

 

通常のファンデーションは、クレンジングではなかなか落ちにくいので、肌を洗いすぎてします。

 

必要な皮脂が取れてしまい、肌が傷つきやすくなり乾燥の原因となってしまいます。

 

特に、下地には油分が多いものが多いので、

その上にさらにファンデーションを塗るとWで油分を取ることになってしまいます。

 

 

パフやスポンジが汚い

 

ファンデーションが原因ではなく、

ファンデーションのパフやスポンジが汚いと、ニキビができたり悪化の原因になってしまう場合もあります。

 

ニキビでパフやスポンジを使うと細菌や皮脂が付着していいます。

菌

そのため、ニキビの上から使ったパフやスポンジはニキビを悪化するアクネ菌もついてしまいます。

 

パフやスポンジが清潔でないと、その菌を直接肌に付着させてしまいます。すると、パフやスポンジは細菌のオンパレードになってしまいます。

 

 

ニキビにやさしいファンデーションを選ぶ

 

化粧

ニキビができている場合は下地やリキッドタイプのファンデーションは控えた方が良いです。

 

そのため、肌にやさしいファンデーションを選ぶ必要があります。

 

ファンデーションは天然鉱物を使ったミネラルファンデーションがおすすめです。

 

 

ミネラルファンデーションには、ニキビの悪化の原因ともなる油分が含まれていません。

 

そのためメイクを落とすときも洗顔だけ大丈夫です。

 

じつは、パウダータイプのファンデーションの方がニキビが隠れやすかったりします(^^)

 

関連記事:ニキビを化粧で隠す方法

 

ニキビは根本的に治すことが必要なので、洗顔はきちんと行うようにしてくださいね。

 

勘違いされることがあるのですが、ミネラルファンデーションでニキビが治るわけではありません。

 

あくまでも、ニキビ肌への対策となります。

 

 

パフやスポンジはこまめに洗う

 

泡

ファンデーションにつかうパフやスポンジがニキビの原因ともなるので、3~4日に洗うと清潔に保つことができます。

 

最低でも1週間使ったら洗うようにしましょう。

 

忙しくて洗う暇なんかないという方は、

使い捨てのスポンジなどもあるので、興味がある方は使ってみて下さい。

 

 

ニキビが悪化しない化粧品はこちら

 

ニキビが悪化しないファンデーションとは?

ニキビが悪化しないファンデーション

ニキビができたときの悪化しない化粧下地

⇒ニキビ肌におすすめクレンジング

 

ニキビができているときは洗顔や保湿などのケアも大切です。

ニキビ肌に良い石鹸を選んで悪化を防ごう

ニキビ肌にオススメの化粧水

ニキビができたときにおすすめ ビタミンサプリメント

 

スポンサーリンク

おすすめの記事