ニキビ跡でなってしまう方が多いのが、シミなどのような現象の色素沈着。

 

ニキビが治ったのに、色素沈着になってしまうのでは、治すのに余計時間がかかってしまいますよね。

 

そこで今回は、ニキビ跡の色素沈着を治す方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

ニキビ跡の色素沈着を治す方法

 

ニキビ跡の色素沈着の原因は、ニキビの炎症の悪化が原因です。

 

ニキビ跡でも、色素沈着には紫(赤黒)のニキビ跡と、茶色のニキビ跡があります。

 

 

ターンオーバーを正常にさせる

 

色素沈着は、ターンオーバーを繰り返して治すのが一番の方法です。

 

ターンオーバーとは、肌の古い角質が剥がれおち、新しい細胞ができて、綺麗な肌へと生まれ変わることです。

 

ニキビ跡の色素沈着を治す方法は、このターンオーバーを繰り返して色素沈着を薄くしていくという方法です。

 

ただし、ターンオーバーの周期は28日であるため、治すには少々時間が掛かります。

 

 

規則正しい生活とストレスを発散する

 

上記でターンオーバーが色素沈着を治すには大切と書きました。

 

ターンオーバーを遅らせてしまうことで、色素沈着は治りにくくなってしまいます。

 

ターンオーバーの遅れには、食生活の乱れや睡眠不足、喫煙、飲酒など生活習慣の乱れなどの原因となります。

 

できるかぎり規則正しい生活を送るこが大切です。

 

また、ホルモンバランスの乱れの大きな原因でもあるストレスがあります。

 

こちらも、ストレスを発散する時間を持つことが、ニキビ跡の色素沈着を治すには大切です。

 

 

紫(赤黒)のニキビ跡を治す方法

 

紫(赤黒)のニキビ跡は、表下の出血が原因です。

 

出欠家に関しては、毛細血管が治れば大丈夫なので自然と放っておけば治ります。

 

ただし、ニキビが繰り返しできたり、ターンオーバーが遅れてしまうと治りにくくります。

 

そのため、ニキビを作らず肌を清潔にして、上記のターンオーバーを遅らせない方法を実践してみて下さい。

 

 

茶色のニキビ跡を治す方法

 

茶色のニキビ跡はメラニンによる色素沈着が原因です。

 

そのため、紫外線や日焼け予防をしてメラニンを予防する必要があります。

 

シミや黒ずみは、ビタミンC誘導体やハイドロキノンなどの有効成分が入ったケア商品を使うのが良いとされています。

 

治す方法とは少し話が変わってしまいますが、茶色の色素沈着は美白成分が含まれている化粧品を使うと、目立たなくさせることができます。

 

ただし、美白成分の強いものは肌の刺激になりニキビの悪化の原因になってしまう場合もあるので注意してください。

 

ビタミン豊富なシーボディVCシリーズニキビケアを試してみた

スポンサーリンク

おすすめの記事