kao

ニキビ跡でも、クレーター型(凹凸)型ができてしまうとなかなか治りにくいですよね。

 

ニキビ跡の中で一番厄介なのが、凸凹のクレーターニキビ跡です。

 

凹凸のクレーターニキビ跡ができてしまうと、ニキビ跡を治すのがとても大変です。

 

さて、凹凸のクレーターニキビ跡の原因とはいったい何なのか?なかなか治りずらいので、治し方はあるのか?

 

ここでは、ニキビ跡のクレーター(凸凹)の原因と治し方についてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

ニキビ跡のクレーター(凹凸)の原因

 

 

ニキビ跡はニキビの炎症が悪化してたことにより、肌を傷つけて跡になってしまった状態のことを言います。

 

ニキビ跡には何種類か種類はありますが、その中でもクレーター状の凹凸のあるニキビ跡は特に治しにくいとされています。

 

 

ニキビが悪化してしまう・潰してしまう

 

 

ニキビができてしまうと、つい気になったりしてニキビを潰したくなりますよね。

 

しかし、ニキビを悪化したり、潰してしまったり、割ったりする行為が、表皮より下の真皮という部分(角質の下)を傷つけてしまいます。

 

そのことにより、クレーターの凹凸ニキビ跡ができてしまいます。

 

大概のニキビ跡は、表皮が傷つき血管が切れたりしている状態です。

 

また、大概のニキビ跡はターンオーバーを繰り返すことで自然と治癒をしていきます。

 

しかし、表皮の下の真皮という層の部分が一度傷ついてしまうと、再生することが難しくなってしまいます。

 

クレーターの凹凸跡のあるニキビは、表皮は肌のターンオーバーが行われないため、元に戻りにくいとされています。

 

真皮が炎症したり傷ついてしまうと、コラーゲンなどを破壊させてしまい、新しい皮脂細胞の生成が出来なくなってしまう原因だからです。。

 

※ターンオーバーとは、古い角質が落ち、新しい肌への再生のことです。

 

この、クレーター型でもニキビ跡である色素沈着してしまう場合があります。

 

なぜかというと、ニキビの炎症した部分から活性酸素(細胞をサビさせるもの)を発生させてしまい、シミの原因ともなるメラニン色素を過剰に作ってしまうからです。

 

そのため、それが色素沈着としてシミのようになってしまうのです。

 

ニキビの後でも、クレーター型(凹凸型)のニキビが一番ケアが大変となります。

 

そのため、日ごろからニキビを作らない、炎症させないケアがとても大切となります。

 

 

ニキビ跡のクレーター(凹凸)の治し方

 

ターンオーバーでの治し方

 

どのニキビ跡も、大体の治し方はターンオーバーを繰り返して治す方法です。

 

ターンオーバーとは、古い角質を剥がれ落として新しい肌の再生をさせることです。

 

28日の周期でターンオーバーは起こります。

 

赤いニキビ跡や色素沈着はこの方法で治していきます。

 

しかし、クレーターの凹凸跡ができてしまった場合上記でも書いたのですが、肌の表皮の下の真皮という部分が傷ついてしまっている状態です。

 

この場合は、クレーターの凸凹跡をターンオーバーの治し方では難しくなってきます。

 

真皮はターンオーバーはしないので、ターンオーバーで治すというよりも、凹みを薄くするという感覚となります。

 

 

生活習慣を整える治し方

 

クレーター型のニキビ跡の治し方は生活習慣も関係してきます。

 

ターンオーバーは、食生活の乱れ、睡眠不足、夜更かし、ストレスなどで遅れやすくなってしまいます。

 

通常の周期でターンオーバーができるのがベストなのですが、上記のような原因で遅れてしまう場合があります。

 

ターンオーバーが遅れてしまうということは、古い角質が肌に溜まってしまうだけではなく、ニキビ跡も治しが難しくなってきます。

 

そのためニキビ跡の治し方として、規則正しい生活を送るように気を付けて下さい。

 

ニキビに良い食事やターンオーバーを促進させるビタミンAの食品なども取るようにしてみて下さい。

 

足りない部分はサプリメントなどで補うようにしてみて下さい。

 

 

肌の洗顔や保湿を丁寧に行う

 

クレーター型の凹凸ニキビ跡の治し方では、洗顔や保湿も大切です。

 

肌の洗顔ではごしごしと肌をこすらず、泡をたくさん立てて丁寧に行ってみましょう。

 

できれば、泡の力で洗顔したり、保湿成分が入っている石鹸などで洗顔すると、洗顔後肌がかさかさせずにスッキリ洗うことができます。

 

肌の乾燥は、ニキビ跡を悪化させる原因とものなるので、ニキビケアで肌をきちんと保湿しましょう。

 

 

ピーリングなどのあるニキビ跡の化粧品を使うのも良い

 

クレーター型の凸凹ニキビ跡を治すには、ニキビ跡専用に近い高品質の化粧品を使うようにしてみて下さい。

 

できれば、ピーリング洗顔やケアができるものが良いといわれています。

 

※ピーリングとは、肌の表面にある古い角質を落とすターンオーバーを促す方法です。

 

ニキビ跡ケアとして、ビーグレンがニキビ跡に悩む人が使う人がわりといるようです。

 

・ニキビ跡のニキビケア化粧水 ビーグレン

 

 

皮膚科や美容皮膚科に相談

 

どうしても気になる方は、専門の皮膚科の先生に相談するのことが大切です。

 

ニキビ跡が専門医に見せることで、治るはとても早くなると思います。

 

ただし、美容皮膚科に場合はレザー治療や光治療を提案させる場合があります。

 

そのため、最初は皮膚科に行った方が良いかもしれません。

 

ニキビ跡でもクレーター型を治すには、ターンオーバーを繰り返すこと、ニキビを炎症させないことがとても大切です。

 

クレーター型の凸凹ニキビ跡を1日でも速く綺麗になれるように、ケアは十分に行ってみて下さいね。

 

 

関連記事

ニキビ肌に優しい洗顔石鹸

大人ニキビ ラミューテ

 

 

スポンサーリンク

おすすめの記事