ニキビ跡 赤み 画像

ニキビは治ったけれど、ニキビを潰してしまったり、長引いてしまうとニキビ跡ができて、なおかつ赤みが気になりますよね。

 

ニキビ跡の赤み治す方法としては、化粧水や薬、どんなケアで治せばいいか悩むと思います。

 

ここでは、ニキビ跡の赤みの原因や、解決方法、化粧水をご紹介します。

 

スポンサーリンク

ニキビ跡を隠すと悪化する

 

ニキビ跡や赤みを隠そうとする方もいらっしゃるかもしれません。

 

ニキビ跡をファンデーションなどメイクで隠してしまうと、毛穴にメイクが詰まってしまうことで余計に毛穴が広がったり、赤みが悪化したり、ニキビができやすくなってしまいます。

 

メイクをすると、肌が悪化する人もいますよね。

 

そのためニキビ跡を治さない限り、メイクも厚化粧になったり、肌が荒れたりしてボロボロになってしまいます。

 

さらに放っておくと、さらに赤みの炎症が酷くなりニキビ跡のシミや黒ずみなどのような「色素沈着」になってしまいやすくなります。

 

ニキビ跡の赤みは、すぐに治るものではないのではなかったりします。

 

ターンオーバーでニキビ跡は治す

 

ニキビ後の赤みを治す方法としては、ターンオーバーで治していきます。ターンオーバーとは何かというと、古い角質を落として新しい肌へと再生させることです。

 

必ず人にはターンオーバーとうものが、28日目安にやってきます。女性でいうならば、月経・生理のようなもの。

 

肌に起きるターンオーバーには、月経や生理のようになんらかしらのアクションが起きないのが特徴だったりします。

 

そのため、いつ起こるかはわからないのですが通常であれば1ヶ月目安に訪れます。

 

しかし、肌が炎症してたり、荒れていたり、加齢でターンオーバーは遅れる可能性が高いです。

 

遅れるとどうなるかというと、それだけニキビ跡の赤みが治るのが遅くなってしまうということになります。

 

ターンオーバーの遅れる主な原因としては、肌の乾燥などが当てはまります。

 

遅れる目安としては、28日+年齢ぐらいです。

 

とても遅い人だと、2ヶ月以上かかってしまう場合もあります。

 

なかなかニキビ跡や赤みが治らないのも、ターンオーバーが遅れてしまっているからです。

 

そのため、ニキビ跡の赤みを治すのは長期継続が大切となり、ケアをしてターンオーバーを促してあげる必要があります。

 

そのために必要なのは、「ケア」です。

 

ケア方法

 

ケアに必要なものとは?

 

 

  • まず赤みがあるので、「炎症を抑える」。
  • 炎症しているので、シミや黒ずみの原因のメラニン色素が大量に分泌しやすい可能性があるので「メラニン色素を抑制」
  • 長く継続できるもの
  • 保湿成分を与えてあげる
  • 代謝を促す

 

こういったものも必要となり、この効果を得られるのが「ニキビ跡専用の化粧水」となります。

 

もちろん生活習慣を見直したり、バランスの良い栄養を取るのも大切です。

 

ただ、肌に有効成分や直接栄養を与えて肌環境を整える必要があるので、そういった意味ではニキビ跡の化粧水でケアするのが効率の良いケア方法となります。

 

きちんとニキビ跡専用の化粧水を使うことで、数か月後には「ニキビ跡」を気にすることなくすっぴん肌を楽しめると思います。

 

なので、しっかりニキビ跡の赤みを改善したい人は、今使っているニキビケアよりも、ニキビ跡専用の検討してみるといいかもしれません。

 

衝撃的な事実

 

それでいざニキビ用の化粧水使っているけれど、ニキビ跡や肌がとかいまいちってことありませんか?

 

ニキビ跡ができてしまって、ニキビ後のケアには「柔軟性のある肌」を目指すことが大切だったんです。

 

柔軟性がない肌には、どんなに肌によい成分を与えても、「肌に浸透しない」そうです。

 

表面で保湿成分などが転がっているだけで、奥まで浸透してなければ意味がないですよね。

 

今までニキビ跡の化粧水を使っても実感できなく、ニキビ跡ができてもニキビを繰り返したりするのは、有効成分が浸透していなかったからです。

 

そのため、ニキビ跡などゴワゴワした肌の方は、保湿成分+「浸透性」を高めることが最も大切です。

 

それができるニキビ跡や赤みをケアできる化粧水が、「リプロスキン」というニキビ跡専用の化粧水です。

 

スポンサーリンク

リプロスキンとは?

リプロスキン 画像

ニキビ・ニキビ跡のケア化粧品部門1位を獲得しているピカイチから出ているニキビ跡のケア専用の化粧水です。

 

3つのポイント

 

①浸透力向上の独自システム

 

ナノBテクノロジー3.0という最大の浸透力技術で、最小サイズ10億分の1メートルまで小さい成分が、お肌の柔軟性を高めるため柔軟性ともなる根本へのアプローチ。

浸透しにくい成分を引き込み、より効率よく効果的に肌の角質層まで徹底的にアプローチをすることで、ニキビ跡の本格的ケアができます。

 

②W有効成分配合

 

繰り返すニキビの炎症に良いされる「グリチルリチン酸」や透明感のある肌へと導く「プラセンタエキス」を配合し、ニキビ跡の有効成分以外にも肌に必要な成分を配合し、美しい肌を目指せます。

 

ニキビ跡に必要な抗炎作用のあるような成分をたっぷり与えてあげる必要があります。

 

③ノンコメドジェニックテスト済み

 

化粧品の原料がチェックされることで、初期ニキビであるコメドが発症しにくいテストのこと。

 

すべての方がコメドができないということではないですが、このコメドチェック済みなことで、できにくくなるという証明はされています。

 

使い方

 

洗顔後、朝と晩に塗ればOKです。

 

特にゴワゴワやニキビ跡のできやすい頬などには多めに塗ると良いですね。

 

口コミ

 

・レーザーや化粧水を何を使っても良くならなかったけれど、リプロスキンを使い続けたらすっぴん肌でも大丈夫になりつつある

・生理前後のニキビ肌から脱却できそう

・肌がごわごわして汚かったけれど、徐々に自然な肌になっていった

・ニキビ跡が酷くてまともに人と鏡を見れなかったけど、少し自信が持てるようになった

・あんなくすんだ跡がボコボコ肌は嫌なので、今でも愛用しています。

 

 

リプロスキンはどこで買える?お得な情報

 

リプロスキンは薬局やドラックストアには売っていません。

 

公式通販サイトのみで購入することができます。

 

お得なのは1回でも解約が大丈夫な「定期コース」でのお試しがお得です。

 

初回であれば送料無料・回数もなしなので、発送日から10日以内に連絡をすればいつでもお休み・解約することができます。

 

合う・合わないはつけて数日でわかるので、興味があれば試してみると良いかもしれませんね。

 

もし合わなければ60日間の返金保証がついてきます。

 

リプロスキンの公式通販サイトはコチラ

 

 

まとめ

 

ニキビ跡の赤みは肌がかなり悪化して炎症している状態となります。赤みも肌のターンオーバーが遅れてしまう可能性があるので、通常のニキビケアでは悪化した炎症は治せない可能性もあります。

 

ニキビ跡は最低でも治すのに、2ヵ月以上はかかります。ニキビ跡の赤みはニキビ跡の初期段階です。

 

これをケアをおろそかにしている、またはしてないとなると赤みが悪化する、ニキビ跡が大きくなる⇒しみ・黒ずみなど色素沈着ができやすくなるという状況にもなりかねません。

 

ニキビ跡の悪循環ですよね。しかも、ニキビ跡のお肌は柔軟性が悪い可能性もあるので、浸透力が悪い肌だと何を使ってもダメになってしまいます。

 

そのため、リプロスキンなどのようなニキビ跡の専用の浸透性を高める化粧水などを使ってケアをすると、効率よくケアをすることができます。

 

徹底的にケアをして、ニキビ跡の赤身のない柔軟性のあるキレイな素肌を目指してみませんか?

 

 

↓60日返金保証付きのリプロスキンはコチラから↓



スポンサーリンク

おすすめの記事