パック

保湿や乾燥予防などのために顔にパックをされる方も多いと思います。

 

しかし、ニキビができているときにパックはしてもしてもいいのかと疑問に思われる方もいらっしゃると思います。

 

実際にニキビができているときに、パックをしてもニキビに影響がないのか?

 

ここでは、ニキビができているときにフェイスパック(フェイスシート)をしても良いのかをご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

ニキビができているときにパックをしてもいい?

 

肌トラブル

乾燥肌や美容にフェイスパックをされる方も多いと思います。

ニキビができても、パックは日ごろの日課でされる方もいらっしゃるはず。

 

しかし、ニキビができているときにフェイスパックはあまりしない方が良いとされています。

 

 

特に、シートタイプはタブーです。

 

それは、フェイスパックに含まれている水分・保湿成分がニキビ悪化の原因となる場合があるからです。

 

肌を水や保湿成分に浸し過ぎると、肌の角質がふやけてしまいます。

 

お風呂に入ると、肌の水分が抜けてふにゃっとしますよね。

 

肌が柔らかくなると、ニキビの大敵である細菌が入りやすくなってしまいます。

 

また、水分に肌を浸し過ぎると逆に乾燥をしやすくなってしまいます。

 

冬場など洗いものや水に触れることが多いと、手が乾燥しやすくあかぎれになったりしますよね。

 

水分に必要以上につけすぎると、肌の皮脂が落ちてしまいます。

 

肌の乾燥から守る保護力が低下してしまうからです。顔も体も同様です。

 

hyouzyou

 

肌が乾燥してしまうと、ニキビができやすくなったり悪化の原因となってしまいます。

 

パックの素材にもよりますが、パック自体もニキビにぶつかると肌の刺激となりニキビを悪化してしまいます。

 

そのため、できるかぎりニキビがパックをしない方が良いとされています。

 

 

ニキビになっている時にパックをしたい場合

 

hyouzyou1

しかし、ニキビができていても肌は乾燥してパックをされたい方もいらっしゃると思います。

 

その場合、基本的にニキビができているときにパックをしてもいいというわけではないですが、1週間に1、2回なら大丈夫です。

 

 

ただし、

ニキビができている所にはできるだけパックを当てないことをおすすめします。

 

 

ニキビができているところは、

はさみなどで、パックに切りこみをするとよいです。できるだけニキビには当てないようにしましょう。

 

 

パック後に化粧水と乳液クリームを塗られる方も中にはいらっしゃると思いますが、この行動はタブーです。

 

肌に余分な水分を与えすぎて、肌の老化となってしまいます。

 

パックをしたときは、保湿が十分にされているので化粧水はしなくても大丈夫です。

 

ニキビの時に使っても大丈夫なパックはこちらの記事にてご紹介中です。

⇒ニキビが悪化しないオススメパックはこちら

 

 

スポンサーリンク

ニキビができているときにパックをしてもいい? まとめ

 

ニキビができている場合はできるだけパックは控えた方が良いとされています。

 

パックのやりすぎは肌の乾燥をしてニキビの原因となってしまうからです。

 

もちろん、パックをするのはニキビができていないときでもやりすぎは厳禁です。

 

パックをしているのに肌が保湿されないのはパックやりすぎかもしれません。

 

必要以上にはやりすぎないようにしてみて下さいね。

 

ニキビができているときは、できるかぎりニキビケアできちんとケアして治ったら行ってみて下さい。

 

おすすめニキビケア

VCシリーズ化粧水でニキビケア

ニキビ肌におすすめの石鹸・洗顔料

ニキビ肌におすすめのクレンジング

 

スポンサーリンク

おすすめの記事