風呂

ニキビケアをするには、お風呂できれい汚れや皮脂を洗い流して清潔にすることが大切です。

 

お風呂の入り方を気を付けてケアをきちんとすれば、ニキビは治りが早くなります。

 

ここでは、ニキビの時のお風呂の入り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

ニキビの時の正しいお風呂の入り方

 

お風呂はきちんとお湯につかる

 

汗2

お風呂のお湯につかることで、血流の流れを良くして代謝を高めることができます。

 

代謝を高め身体を温めることで、

毛穴を開かせてニキビの原因ともなる皮脂や汚れの排出を行います。

 

ただし、

熱いお湯(40℃以上)と長時間のお湯のつかりは肌の刺激となるので、お風呂の温度調整には気を付けて下さい。

 

ニキビの悪化の原因ともなってしまいます。

 

また、水道水のお風呂は、カルキや塩素で消毒しています。

 

カルキや塩素には活性酸素が含まれており、

長時間長風呂をすることで、活性酸素が肌の細胞を攻撃して肌を老化してしまいます。

 

(活性酸素とは、肌の細胞を攻撃して肌を弱くしてしまう酸素のことです。)

 

また、お風呂のつかりすぎは脱水状態になりやすく、乾燥肌になりやすくなってしまいます。

 

お風呂に入る時間は約10分~15分が目安です。

 

▽石鹸選びはこちらから

肌に優しい石鹸を選んでニキビ悪化を防ごう

 

冷え性・長風呂をしたい場合の入り方

 

温泉

ニキビの正しいお風呂の入り方でも、

冷え性なので熱いお湯に入りたい方も多いと思います。

 

また、温泉やお風呂が好きな方は長風呂をしたい方もいらっしゃると思います。

気持ち良いので、ついついお風呂に長く入ってしまいますよね。

 

 

その場合は、入浴剤をいれてみましょう。

 

入浴剤でも、保湿成分が配合されたり活性酸素を除去してくれる入浴剤がおすすめです。

 

入浴剤をいれることで身体を芯から温めることができ、保温効果があります。

 

ただし、長風呂でも脱水は防げないので、入浴時間あh30分あたりにしておくのがベストだと思います。

 

入浴剤がない場合は、柚子風呂やみかんの皮をネットに入れたお風呂の入り方でも保温効果が期待できます。

 

 

▽「アトピー」「乾燥」でお悩みの方の入浴剤

みんなの肌潤風呂はこちらから


ニキビができた肌にも優しい入浴剤です。

 

お風呂から出た後のケア方法

 

 

お風呂上りは水分補給をしよう

 

水

 

お風呂に入ると脱水症状になっています。

 

水分不足は肌の乾燥をしやすくなってしまいます。ニキビは乾燥肌にはとても大敵です。

 

コップ1杯あたりのお水を飲んで水分補給をしましょう。

 

ただし、水道水には活性酸素が入っているので、飲み水はミネラルウォーターが良いです。

 

 

お風呂上りにはニキビケアをしよう

 

洗顔後

最後にニキビのお肌や身体のケアをしましょう。

肌の保湿をするために化粧水を塗り、乾燥予防に乳液を塗りましょう。

 

ボディの保湿の場合は、顔用の化粧水だとすぐになくなってしまうので、専用のクリームやジェルを使うと減りが少なくて済みます。

 

背中ニキビ胸ニキビおしりニキビなどのケアについては、各記事にてご紹介中です。

 

ニキビケアおすすめはこちら

ニキビができた肌におすすめの化粧水

 

スポンサーリンク

ニキビの時の正しいお風呂の入り方 まとめ

 

ニキビを治したり、ニキビ予防をするにはお風呂の入り方がとても大切なニキビケアの一つとなります。

 

小さいことですが、お風呂は生活の中で身体と水の接触が多いものでもあります。

 

水をたくさん肌あててしまうことはニキビにとって大敵なので、ぜひお風呂の入り方も気を付けてニキビケアをしてみて下さいね。

 

お尻ニキビに使ってみたクリームはこちら

スポンサーリンク

おすすめの記事