ニキビができてしまうと、マスクで隠したくなりますよね。大人ニキビは治りが遅いので、特に隠したい部分です。

 

さて、(大人)ニキビはマスクを付けて隠せても、実際にニキビができているときにマスクを付けてもよいのか?

 

今回は、ニキビになっているときに、マスクをつけても大丈夫なのかをご紹介します。

 

スポンサーリンク

ニキビができている時にマスクを付けても大丈夫?

 

ニキビができてしまうと、つい肌を隠したくなりますよね。

 

そんな時に便利なのがマスクなんて思われます。

 

実際にマスクを付けたときに、ニキビに影響がでるのか、あまり気にしない方も多いと思います。

 

なんだかんだ書いておいて、私も大人ニキビができたら恥ずかしいのでマスクをつけます。

 

大人ニキビが出きてマスクをした場合は、化粧をしなくていいうえ、風邪のウィルス対策になったりと割と楽だったりします。

 

しかし、ニキビができている時、マスクはできるならばしない方が良いとされています。

 

それではなぜ、ニキビができている時にマスクをつけてはダメなのか?

 

刺激を与えてしまう

 

マスクは、外部から入る細菌予防になります。

 

しかし、ニキビができている状態で、マスクが肌にこすれて肌を刺激してしまうと、ニキビが悪化してしまう原因となります。

 

ニキビができている状態での肌の刺激は、肌のバリアが壊れやすくなり、乾燥や自衛のために皮脂が大量分泌してしまう場合もあります。

 

 

蒸れてしまう

 

また、マスクは通気性があまり良くないので蒸れやすいです。

 

じつは、この蒸れた状態が汗をかき、皮脂が増えたり、ニキビの細菌を増殖してしまう可能性もあります。

 

細菌が増殖したマスクが肌にこすれてしまうと、より肌の悪化の原因となってしまいます。

 

細菌だらけのマスクなんて嫌ですよね。

 

どんなマスクを付ければいいのか

 

マスクは、第一に肌への刺激を最小限にして、細菌を増やさずに衛生面をよくする必要があります。

 

そのため、ニキビができている場合には、

    • 肌をこすらない柔らかい生地のマスクを使う。

(不織布タイプではなく、ガーゼのような柔らかい生地のもの)

    • 使い捨てマスクを使い、常に清潔にする(1日1枚)
    • マスクを外し、通気性をよくする。
    • 保湿をいつも以上に念入りにする。
    • 肌に密着するきついものや、小さいサイズのマスクは避ける。

(大きめのマスクをする方が良いです。)

 

スポンサーリンク

マスクをつける利点

 

ニキビができている場合はマスクをするのは良くありません。

 

しかし、花粉症やインフルエンザ対策にはマスクは良いです。また、通常の肌に関しては、保湿効果もあります。

 

特に冬は、外気の冷たい風などの刺激を肌から守り、血行をよくしてくれます。

 

そのため、一概に全てマスクが悪いわけではないので、ニキビが治ったらマスクをつけてみて下さいね。

 

また、大人にきびでマスクをする場合は、できるだけ化粧は控えるようにしてみて下さい。

スポンサーリンク

おすすめの記事