洗顔ケア

ニキビができていて化粧をしている人は、クレンジングにも気を付けることが大切です。

 

しかし、クレンジングと言っても様々な種類がありますよね。

 

ニキビに良いクレンジングとは何かと思われる方もいらっしゃると思います。

 

ここでは、ニキビに良いクレンジングの選び方についてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

ニキビに良いクレンジングの選び方

 

ニキビができているときのクレンジング(化粧落とし)は、

ニキビを悪化させないためにはクレンジング選びがとても大切になります。

 

ニキビができているのクレンジングの選び方としては、肌に刺激の与えない低刺激のものがおすすめです。

 

 

良いクレンジング選び 洗浄力に気を付ける

 

クレンジング

 

 

洗顔力の成分として合成界面活性剤というものがあります。

 

市販などで売っているクレンジングであれば、大概は合成界面活性剤が入っています。

 

そのため化粧をきれいに洗顔してくれます。

 

しかし、ニキビができているときはこの洗顔力が少ないクレンジングの方が良いとされています。(合成界面活性剤が無い・少ない)

 

化粧を落とすから強い方が良いのでは?と思われると思います。

 

界面活性剤には、

化粧をきれいに落としてくれる一方で、炎症を起こしているニキビや肌には強い刺激となってしまいます。

 

そのため、

できるかぎり界面活性剤や添加物といった余分なものが含まれていないクレンジングを選ぶことをおすすめします。

 

クレンジングの洗浄力が強い順番としては、

 

(強い)

 

クレンジングシート

オイル

リキッド

ジェル

クリーム

ミルク

 

(弱い)

 

となります。

 

 

良いクレンジング選び オイルが少ないものを選ぶ

 

油分(オイル)が含まれているクレンジングには、界面活性剤が多く含まれている場合があります。

 

油分にはニキビができたり悪化するアクネ菌のエサともなりやすくなります。

 

そのため油分が含まれるクレンジングはニキビ肌にはあまりおすすめできません。

 

 

良いクレンジング選び 固さ

 

化粧とクレンジングをまじりあわせる間に肌に摩擦が起きてしまいます。

 

摩擦は肌やニキビ肌に刺激を与えて悪化の原因となってしまいます。

 

クリームやミルクのクレンジングは洗浄力が強いわけではなく肌には優しいタイプなのですが、固さがあるため厚みができてしまいます。

 

そのため、ニキビ肌に刺激を与えた、悪化させたりしてしまいます。

 

逆にクレンジングシートやクリームタイプなどは、ふき取るときに摩擦が起きてニキビの原因となります。

 

そのため、水で流せるタイプのクレンジングが良いです。

 

 

ニキビに良いクレンジング まとめ

 

クレンジング化粧を落とすことが目的ですが、ニキビが出来ているときは悪化させないものを選ぶことが必要となってきます。

 

ニキビができていない場合でも、油分が多いクレンジングであったり、界面活性剤が含まれているものは肌に強い刺激を与えてしまいます。

 

できるかぎりニキビができていない時でも、

肌に良い優しいクレンジングを選んで使うことが、ニキビをできにくくさせたり改善するのには大切です。

 

クレンジング選びに悩んでいる方は、下記の記事をご参考にしてみて下さい。

ニキビ肌におすすめクレンジング

 

ニキビケアアイテム(石鹸・洗顔料・パック)

ニキビ肌にオススメの化粧水

ニキビ肌に良い石鹸を選んで悪化を防ごう

ニキビにおすすめのパック(クレンジングもできるパックもご紹介中です。)

 

スポンサーリンク

おすすめの記事