化粧

ニキビになっても化粧をしたいですよね。しかし、ニキビができてしまった時はファンデーションをしない方がいいのかなと思いますよね。

 

化粧やファンデーションを塗ることは、実際に肌の負担となるのは確かです。

 

ファンデーションは毛穴の詰まらせたり、オイルが強いファンデーションなどはニキビの原因となってしまいます。

 

他にもファンデーションには、ニキビの悪化の原因ともされている成分も含まれています。

 

そのため、ニキビ肌にファンデーションなどの化粧はしない方が良いとされています。

 

ニキビの根本を治してから化粧をする方が良いとされています。

 

 

スポンサーリンク

ニキビ肌にファンデーションはダメ?

 

悩み

 

化粧やメイクなどのファンデーションをされる方は特に大人ニキビだと思います。

 

特に大人ニキビでも、社会人などでは化粧やファンデーションはビジネスマナーとしてせざる負えない場合もあると思います。

 

じつは、できればニキビ肌にはファンデーションなどの化粧はしない方がされていますが、、実際にはニキビができた肌に化粧はしても大丈夫とされているそうです。

 

ただし、いつもの方法の化粧方法とは違います。

 

それは、

 

 

・長時間の厚化粧は控えてできるかぎりナチュラルメイクすること

・ニキビ肌に優しいファンデーションを使うこと

・きちんと綺麗にクレンジングと洗顔をする

 

 

このようなことをきちんと考慮したうでの化粧は、ニキビ肌の負担が少ないとされています。

 

肌にやさしいファンデーションとは、パウダータイプのファンデーションです。

 

パウダータイプは、クレンジングをせず洗顔だけ大丈夫なので、ニキビ肌への負担が軽減されます。

 

※アイメイクなどのポイントメイクをした場合は、化粧が頑固なのでクレンジングをした方が良いです。

 

コンシーラーは、ニキビ跡を隠すのにおすすめです。

 

大人ニキビなどは、化粧をしていると余計に治りにくいと思います。

 

大人ニキビはホルモンバランスの乱れでもなりやすいので、化粧をする場合は内面な考慮をすることも必要です。

 

例えば、睡眠をきちんととる、バランスの良い食事をとる、ストレスを発散するなど生活習慣を整える方が大切です。

 

ただし、根本的にニキビは治すことが大切なのでニキビのケアはきちんと行ってくださいね。

 

お休みの場合は、外出しない時は、ファンデーションなどの化粧はなるべく控えて肌に負担を与えないようにしましょう。

スポンサーリンク

おすすめの記事