化粧

ニキができていても化粧はしたいですよね。

 

ニキビができている時には、あまりファンデーション等の化粧をするのは良くないとされています。

 

しかし、種類によってはニキビにつけても良いファンデーションがあります。

 

ここでは、ニキビ肌に塗っても良いおすすめのファンデーションをご紹介します。

 

おすすめのファンデーションは、ニキビ肌のナチュラルメイクや乾燥肌でお悩みの方、ニキビを隠したい方にもおすすめです。

 

スポンサーリンク

ニキビ肌におすすめのファンデーションとは?

kesyou

 

ニキビができているときの肌につけても良いといわれているファンデーションは、「ミネラルファンデーション」です。

 

ミネラルファンデーションは、肌につけたままでも眠れるほどお肌にやさしいファンデーションになります。

 

1970年代にアメリカの医師が手術や火傷の跡に使えるようにと開発されてたそうです。

 

ではなぜミネラルファンデーションが肌に優しいのか?

 

それは、

 

肌に刺激が少ない優しい成分が入っているファンデーション

ミネラルファンデーションの成分はミネラルの天然鉱物が原料とされています。

 

一般のファンデーションに入っているニキビの原因でもある油分、添加物(防腐剤、香料、合成着色料、ワックス)などの添加物が入っていることが多いですが、これらの添加物は肌に刺激を与えストレスを与えてしまい、肌を弱くしたりニキビの悪化の原因となります。

 

ミネラルファンデーションには、肌に悪いとされる添加物が入っていないことが多いです。ほぼミネラルという天然成分でできています。

 

また、ミネラルファンデーションはクレンジングが不必要のため、石鹸での洗顔で大丈夫なのです。

 

メイクが濃いとメイク落としも大変になります。

 

クレンジングでメイクは落としますが、なかなか落ちない場合も多く肌をごしごししたり、クレンジング自体が肌の刺激が強いものを使いので、これまたニキビや肌荒れの悪化となります。

 

極力肌に刺激を与えずニキビができている肌には、成分が優しく、石鹸で落とせるミネラルファンデーションがおすすめなのです。

 

ニキビ後にも、ミネラルファンデだけを使っていたら肌が元気になった・よくなったという人が多いですが、普通のファンデーションがいかに肌にストレスや刺激を与えていたということにもつながってきます。

 

すっぴん肌も目指すこともできるといっても、すっぴんは嫌だという方も多いかもなのでナチュラルなメイクを目指せます。

 

ニキビ予防にもミネラルファンデは肌の負担の少ないメイクができるので、一度知ってしまった人は使い続ける人が多いです。

 

それでは、おすすめのミネラルファンデーションをご紹介します。

 

ミネラル100%の17種類の美容成分配合の無添加ミネラルファンデーション

 

Touvertミネラルパウダリーファンデーション

⇒公式サイトはこちら

 

特徴

 

・天然ミネラル100%
・ヒアルロン酸・セラミド・アミノ酸・ビタミンC誘導体など17種類の美容成分配合
・アレルギーの原因となる重金類を排除
・化粧下地不要
・日焼け止め成分配合で季節関係なく使うことができる(SPF30PA++)
・固形で持ち運びが便利

 

美容成分が含まれており、化粧をしつつもお肌の状態を美しく保つことができるだけでなく、化粧下地・日焼け止め・ファンデ・フィニッシングパウダーがこれ1つで4つの役割がありで時短に活躍してくれます。

 

ヒアルロン酸やセラミドビタミンC誘導体なども入っているのでメイクをしながら肌ケアができる優れもの。石鹸で落とせるのでお肌に極力負担をかけないファンデです。

 

ニキビができていてメイクを兼ねてスキンケアもしたいけれど、時間がなくて手間がかかる人には向いています。

 

Touvert (トゥヴェール)のミネラルパウダリーファンデーションを詳しく見てみる

 

 

毛穴をカバーして知名度の高いミネラルファンデーション

 

エトヴォスミネラルファンデーション


公式サイトはこちらから

 

特徴

 

・日焼け止め成分配合(SPF30++)
・肌に負担のかかる成分が入っていない
・美容皮膚科でも採用
・スキンケアサンプルが付いてくる

 

2種類のパウダーでメイクをします。

 

時間が経っても続く独自の保湿コーティングや高品質のマイカ成分を配合して夜までくすみのない肌にできるミネラルファンデです。

 

ブラシタイプなので、若干ニキビ肌だと刺激になりやすいのであまり悪化していないニキビ肌やニキビ後に使用したい人向けです。

 

エトヴォスのミネラルファンデーションを詳しく見てみる

 

 

大手口コミサイト『@コスメ』コスメでも評判のミネラル良いファンデーション

 

レイチェルワン


⇒公式サイトはこちらから

 

特徴

・ひとつで5役使える(ファンデ、日焼け止め、化粧下地、フィニッシングパウダー、コンシーラー)

・油分、防腐剤、アルコール、合成界面剤などがカット

・コスメコンシェルジュ認定スタッフが対応

 

12色のバリエーションがありカラーが選びやすいミネラルファンデーションです。
皮脂に吸着するのでメイクの崩れがしにくく、1日メイクをキープすることができます。

 

クレンジング不使用で洗顔のみで落とすことができるので、肌に負担の少ないミネラルファンデです。

 

⇒レイチェルワインミネラルファンデを詳しく見てみる
 

ニキビ跡の色素沈着や赤みはコンシーラーを塗ると便利

コンシーラー

 

普通のニキビ跡ではパウダーのミネラルファンデーションで大丈夫です。

 

しかし、ニキビ跡でも色素沈着など隠せないニキビもありますよね。

 

ニキビ跡の赤みや色素沈着を隠す場合は、コンシーラーのほうが良いという場合もあります。

 

ニキビ跡が濃い場合は、上記のミネラルファンデーションでカバーしても大丈夫です。

 

ただし、ニキビができていたり悪化している人は向いていません。

 

というのも、コンシーラーは油分が多いので悪化する可能性もあるからです。もしミネラルファンデでも隠せないニキビがあるとなれば、ニキビ肌に良いリキッドファンデーションの方が良いかもしれません。

 

コンシーラー入りなどのリキッドファンデーションなどは下記の記事にてご紹介中です。

 

ミネラルファンデはやっぱりいいやという方で、リキッドファンデを使いたい方はご参考にしてみてください。

 

ニキビ肌に優しいおすすめリキッドファンデーションはこちらから

 

ファンデーションのパフ・スポンジは清潔にする

 

ファンデーションを使うときパフやスポンジでメイクする方多いと思います。

 

その場合、

ニキビができている時に使うパフやスポンジは、ニキビの原因ともなるアクネ菌や皮脂が付きやすくなってしまいます。

 

そのため、3~4回の頻度でこまめに洗ったり、新しい物を使うなど清潔なものを使うようにしましょう。

 

忙しい方は使い捨てのスポンジなど使うと便利です。100均などでもたまに売られています。

 

ファンデーション以外にも、洗顔もお忘れなくです。

 

ファンデーションで隠すよりも根本的にニキビを治したい場合は、ニキビ化粧水や石鹸などでケアをした方が通常よりも早く対策できますし、ニキビを隠すことなく快適に日常を送ることができます。

 

好きなコスメも使いたい人も多いと思うので、肌に優しいファンデを使い肌を傷つけずにニキビを頑張って治してみてくださいね。

 

ミネラルパウダリーファンデーション

スポンサーリンク

おすすめの記事