化粧のりが悪い

ニキビやニキビ跡ができているとき、できるだけ隠したいですよね。

 

ニキビを隠すので思いつくのが、ファンデーションなどのメイクで隠す方法だと思います。

 

メイクでニキビを隠す場合は、ニキビが悪化しないファンデーションなどの化粧品選びがとても大切になります。

 

ここでは、ニキビやニキビ跡をファンデーションで隠す方法をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

ニキビをファンデーションで隠す方法とは?

 

ファンデーションやコンシーラーで隠す

 

化粧

パウダー状のファンデーションを使うと、ニキビを隠すことができます。

 

特に、ミネラルファンデーションというファンデーションは、ニキビの悪化である成分も配合されていません。

 

また、ニキビやニキビ跡が隠れやすくするだけではなく、保湿成分も配合されて厚塗りをせず洗顔だけで大丈夫なのです。

 

そのため、ニキビが隠せて悪化もしない、肌に優しいファンデーションとなります。

 

ニキビでも、赤みのあるニキビ跡や色素沈着のあるニキビ跡がある場合は、あるアイテムをプラスα加えた塗り方できれいにニキビを隠すことができます。

 

 

それがコンシーラーを使うことです。

 

コンシーラー

赤みのあるニキビ跡や、色素沈着をしてしまったニキビ跡は、先にコンシーラーを塗って使うとニキビを隠せることができます。

 

それ以上に重度なニキビ跡である場合は、その上からパウダーのファンデーションを塗ると隠すことができます。

 

ファンデーションを塗るときは、隠す同様に、手でニキビに触らないように気を付けて下さいね。

 

▽関連記事

ニキビが悪化しないおすすめファンデーション

ニキビが悪化しないリキッドファンデーションとコンシーラー

ニキビができたときの化粧下地

 

 

ポイントメイクで隠す

 

kutibeni

ニキビやニキビ跡ができている場合、極力ファンデーションなどを塗らずに隠す方法がないかと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

その場合は、目元や口元のポイントメイクで目線をそらした隠し方がおすすめです。

 

 

目元や唇はニキビができないところなので、メイクを十分にしても大丈夫なところです。

 

アイメイクや濃い口紅などが目立つ人はどうしてもポイントメイクに目線が行ってしまいますよね。

 

そのようにポイントメイクは視線をそらさせる効果もあります。

 

ニキビを隠すというよりかは、ニキビを注目させない方法にもなります。

 

アイメイクや口紅、グロス、リップクリームなどは、ニキビができていても積極的に取り入れてみましょう。

 

ポイントメイクには、まつ毛や唇をケアをする美容液でのケアおすすめです。

 

▽まつ毛美容液

世界で絶賛、ラピッドラッシュ1.5ml(約2ヵ月分)

▽唇の美容液&リップクリーム

【酵素リップバーム】

 

ニキビをファンデーションで隠す方法 まとめ

 

ファンデーションの使い方次第で、ニキビを悪化せずに隠すことができます。

 

ただし、お休みの日など人に合わない時などはできるだけ、肌にはファンデーションを塗らないようにして肌を休めてニキビに優しい環境を作ってあげましょう。

 

ニキビやニキビ跡ができてしまった場合は、隠す方法も同様にニキビケアや洗顔もばっちしやりましょう(^_^)/

 

ニキビケア関連記事はこちら

⇒ニキビ肌におすすめクレンジング

ニキビ肌にオススメの化粧水

ニキビ肌に良い石鹸を選んで悪化を防ごう

 

スポンサーリンク

おすすめの記事