ガッツ

紫ニキビは、血と膿が混ざったニキビです。

 

実際になってしまうと、紫ニキビはとても痛そうですよね。外に出るのが辛かったりします。

 

紫ニキビを1日でも早く治したいですよね。

 

そこで今回は、紫ニキビの治し方についてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

紫ニキビの治し方

 

紫ニキビは、黄色ニキビの悪化した状態です。結構症状が悪化している状態です。

 

そのため、黄色ニキビの炎症を抑えることや、代謝を良くして血流の流れを循環にする必要があります。

 

 

黄色ニキビを治す

 

紫ニキビは、黄ニキビにならなければ紫ニキビにはなりにくいです。

 

黄ニキビができる原因

黄ニキビの治し方

 

黄ニキビの原因や治し方について確認してみて下さいね。

 

ニキビを触らない・潰さない

 

かゆい

 

紫ニキビはかなり悪化している状態のニキビです。

 

真皮といって、肌の奥底までダメージを受けてしまっている状態となっています。

 

そのため、紫ニキビに触ることで、少しの刺激でも肌にはダメージが大きくなってしまいます。

 

また、紫ニキビを潰してしまことにより、ニキビ跡ができやすくなります。

 

色素沈着やクレーター状の凸凹ニキビ跡ができてしまうと、治る時間が長くなってしまいます。

 

そのため、紫ニキビは触らず、潰さないでください。

 

ニキビを治すには触らない治し方は必須です。

 

 

 

身体を温める

 

風呂

身体の冷えは、血流の悪循環を招いてしまいます。

 

そのため、紫ニキビは、身体を温める必要が治すには大切です。

 

身体を温めるには、お風呂に入り身体の芯から温めることが大切です。

 

入浴剤や、時期であれば柚子風呂なんかも保温効果があるのでおすすめです。

 

ただし、長風呂になってしまうと肌の乾燥の原因を招いてしまうので、適度にお湯につかりましょう。

 

また、布団の中に入るときに冷えてしまう時も多いですよね。

 

その時は、足の指を大きく開く⇒グーの形にギュッと曲げるを何度か繰り返してくると、血流がよくなります。

 

手も同様にすると温かくなります。

 

飲み物では、生姜紅茶やルイボスティー、プーアル茶などが身体を温めてくれます。

 

※生姜は体を温めるといいますが、熱を通さない生姜は体を冷やしてしまうので注意してください。

 

ニキビによい飲み物での治し方

 

 

運動をする

 

歩く女性

 

紫ニキビは、血流の循環が悪いとなりやすくなってしまいます。

 

そのため、軽いストレッチや運動でも良いので体を少しでも動かすようにしましょう。

 

普段運動ができない方は、普通に歩くのではなく、少し早歩きやスキップを取り入れるだけでもに血流の循環が良くなります。

 

歩くには、強弱などのメリハリをつける歩き方が大切です。

 

血流を良くする上では、ヨガなども血流をよくしてくれます。

 

縄跳びや階段の上り下りなどもおすすめです。

 

また、適度な運動をして身体を動かすと汗がでますよね。

 

汗は老廃物もでやすくなり、肌には良いです。

 

※汗を拭かないと毛穴のつまりの原因となるので、きちんと拭いてくださいね。

 

運動での治し方は、ニキビだけでなく健康にも良いです。

 

 

 

便秘を改善する

 

 

便秘

便秘は身体の老廃物がたまり、最終的には全身に回るので肌の代謝が悪くなってしまいます。

 

そのため、便秘によい食べ物を食べたり、身体を動かして便秘を解消することが紫ニキビを治すのには大切です。

 

詳しくはこちらの記事にてご紹介中です。

 

便秘の治し方 善玉菌で腸内をきれいにして便秘改善

 

 

 

肌を清潔にする

 

洗顔ケア

 

ニキビを治すには、肌を清潔にしておくことが大切です。

 

そのため、洗顔は1日朝と夜の二回行うようにしてください。

 

紫ニキビになってしまった場合は、肌にやさしい低刺激のものを使うようにしましょう。

 

また、女性のクレンジングも同様です。

 

洗顔後は、化粧水などで肌の保湿もしてあげて下さいね。

 

おすすめ洗顔&クレンジング

 

ニキビの治し方 ニキビケア NOV(ノブ)アクティブ

ニキビの治し方 ニキビケア ルナメアAC

ニキビが悪化しにくい石鹸を選んでみよう

 

紫ニキビはニキビの中でも、とても悪化している状態です。

 

そのため、自分でケアが難しい場合は皮膚科に行った方が治るのが早くなります。

 

黄色ニキビができてしまうと紫ニキビになりやすい危険信号となるので、なるべく洗顔やケアなどで、早くニキビを治すように頑張ってください。

 

スポンサーリンク

おすすめの記事