便秘

みんなの家庭の医学で、善玉菌のエサで腸内フローラを綺麗にして、便秘などが改善できる放送がされていました。(2016年1月12日放送)

 

便秘などが原因で腸内が汚いと、肌荒れやニキビの原因ともなってしまいます。

 

今回は、みんなの家庭の医学にて放送された善玉菌を増やして腸内フローラを綺麗にして、便秘改善する方法をお伝えします。

 

 

スポンサーリンク

腸内フローラとは何か?

 

腸内

 

腸内を綺麗にすることが、便秘改善へとつながり、必然とニキビや肌荒れができにくくなります。

 

そのためには、善玉菌を増やして腸内フローラを綺麗にする必要があります。

 

その前に、腸内フローラとは何か?

 

最近巷では耳にする言葉かもしれません。

 

人間の腸内には、10~1000兆もの腸内細菌が住んでいます。

 

腸内細菌には、

善玉菌」・「悪玉菌」・「日和見菌」の3種類の細菌に分類されます。

 

善玉菌は、文字の通り身体に良い菌で、悪玉菌は体に悪い影響を与える菌のことです。

 

日和見菌はあまり耳にしない言葉ですが、善玉菌にも悪玉菌にもなる細菌です。

 

これらの腸内細菌が、お花畑のようにみえることから「腸内フローラ」と呼ばれるようになったそうです。

 

ただし、この腸内フローラが綺麗であれば便秘にはなりにくくなります。

 

悪玉菌の数が多ければ多いほど、腸内フローラは荒れてしまっている状態になってしまいます。

 

そのため、便秘になってしまいます。。

 

 

便秘改善には食べ方がある?

 

 

腸内は、善玉菌たくさんあると綺麗になります。便秘の場合は、悪玉菌を減らして善玉菌を増やす必要があります。

 

善玉菌を増やすには、ヨーグルトや乳酸飲料を飲まれる方が多いと思います。

 

しかし食べたり飲んだりしてもなかなか便秘が治らないってことありませんか?

 

 

じつは善玉菌のエサとなる乳酸菌やビフィズス菌だけを取っていればよいという訳ではないのです。

 

善玉菌のエサと助っ人を与えてあげる必要がある

 

健康な腸

 

便秘の人が、腸内を綺麗にする善玉菌を増やすためにヨーグルトなどをとっても改善されないという方も多いです。

 

それはなぜかというと、身体に善玉菌の助っ人だけを与えて、善玉菌のエサを与えていないからだったりします。

 

 

エサ?助っ人?

 

と疑問に思われますよね。

 

 

善玉菌を活発に増やすためには、善玉菌に必要なエサ助っ人という2つの要素が必要となります。

 

このエサと助っ人を摂取することで、腸内を綺麗にして便秘改善を期待することができるのです。

 

 

善玉菌のエサと助っ人とは?

 

善玉菌

 

善玉菌のエサとは、善玉菌の栄養素です。

 

善玉菌を増やして腸内フローラを綺麗にするにはとても大切な栄養素です。

 

さて、善玉菌のエサと助っ人の栄養素は下記の通りとなります。

 

 

善玉菌のエサ

 

 

食物繊維オリゴ糖になります。

 

腸内を活発にして便秘に食物繊維が良いと聞きますよね。

 

あまり知られていませんが、オリゴ糖も腸と便秘改善にはとても良いとされています。

 

 

食物繊維の主な食べ物

 

さつまいもやごぼう、大麦などです。

 

 

オリゴ糖

 

バナナや大豆、リンゴなどです。

 

善玉菌の助っ人

 

 

善玉菌を増やすエサに対して、腸内に悪影響を与える悪玉菌を減らして腸内の働きを活発にさせるの栄養素のことです。

 

主に、乳酸菌発酵食品となります。

 

 

・ヨーグルト、乳酸飲料

・発酵食品(納豆、みそ、チーズ、甘酒など)

・ピクルス、塩麹

 

 

便秘が治らない方は、エサと助っ人が偏っていたかもしれません。

 

ヨーグルトをとっても、食物繊維を取らなかったり、逆のパターンもあるかもしれません。

 

便秘改善に必要な善玉菌のエサと助っ人の食べ方

 

食べる

 

便秘改善には、食べ方もポイントとなります。

 

それは、1日3食善玉菌のエサと助っ人両方を取り入れた食事をすることです。

 

夜は、腸内が活発になるため「善玉の助っ人」の種類を多くとる必要があります。

 

 

実際に食べてどうなった?

 

 

みんなの家庭の医学で検証されていた方も、この食べ方をしたことで、腸内の善玉菌の量を増やすことができていました。

 

すると、今まで便秘に悩んでいた方が、3日目の夜にはすっきりしたそうです。

 

その後も維持していくことで、便秘にはならなかったそうです。

 

重複してしまいますが、便秘の方はもしかしたら善玉菌のエサか助っ人、どちらかが偏ってしまっているのかもしれません。

 

また、みんなの家庭の医学では体脂肪や高血圧の内容改善も行っていました。

 

結果はマイナスとなり腹回りの減量も成功していました。ダイエットにも効果が期待できそうな感じです。

 

毎日栄養を取ることができない場合

 

胸

 

ただし、腸内における善玉菌のエサや助っ人が良いからといっても、毎日摂取するのは難しい方も多いと思います。

 

特に、オリゴ糖を摂取することが難しいと思います。

 

そこで役に立つのが、チアシードオリゴ糖の粉末です。

 

特に昔から、便秘にもオリゴ糖は人気だったようです。

 

チアシード

 

チアシードは食物繊維がとても豊富です。(玄米の8倍の食物繊維)

 

特に、ホワイトチアシードは通常のチアシードよりも食物繊維が豊富です。

 

チアシードのドリンクもありますが、よけいな糖分までとってしまうので、種の状態をおすすめします。

 

水でふやかすだけなので、ヨーグルトなどに入れて簡単に摂取することができます。

 

チアシード

>>Q美ワールドのホワイトチアシード 公式サイト

 

 

オリゴ糖

 

オリゴ糖粉末は、腸内環境も整えてくれるので、便秘気味の方にとても評判が良いです。

 

オリゴ糖

カイテキオリゴ

>>カイテキオリゴ 公式サイト

 

 

乳酸菌

 

ヨーグルトだけでは腸内環境によいとされる多くの乳酸菌は取りにくいので、サプリメントがおすすめです。

 

乳酸菌革命公式サイト

腸内環境に必要な乳酸菌でも16種類の乳酸菌をとることができます

 

ユーグレナ

ユーグレナ1

今話題のユーグレナ(ミドリムシ)は、善玉菌の乳酸菌を増やす働きがあるそうです。

 

便秘を改善して腸内をきれいにすれば、ニキビや肌荒れもできにくくなります。

 

そのため、食事の取り方や食べ方は腸にとても大切です。

 

食べ物で便秘や腸内環境にお悩みの方で興味のある方は、実践してみて下さいね。

 

お試しができるユーグレナサプリはこちらから

スポンサーリンク

まとめ

 

便秘の原因は腸内環境の悪さで、腸内環境を整える悪玉菌を減らして善玉菌を増やす必要があります。

 

ですが善玉菌を増やすためにはエサと助っ人も必要なので、バランスよくエサと助っ人のバランスをよく食べ物をとってみるとよいですね。

スポンサーリンク

おすすめの記事