足や腕に黒いブツブツや埋没毛ができてしまうとなぜかニキビができやすいってことありませんか?

埋没毛を抜いたりすると、ニキビができやすくなってしまいます。

埋没毛も気になるのにニキビまでできたら最悪ですよね。

ここではなぜ埋没毛を抜くとニキビができやすいのか、対処方法などをご紹介します。

スポンサーリンク

埋没毛を抜くとなぜニキビができる?

そもそもなぜ足や膝に黒いブツブツの埋没毛ができてしまうのか。

じつはニキビとも大きく関係しているので、まずは埋没毛の原因からみていきましょう。

埋没毛の原因としては、カミソリや毛抜きでの脱毛処理に問題があったりします。

カミソリでの埋没毛とニキビの関係

まずはカミソリから紹介します。

カミソリは「刃」で腕や足、脇などをそりますよね。

なんでもそうですが包丁で手を切ったりすると傷つくように、あそこまでは血がでたり深く切るなど大げさではないのですが、カミソリの刃でも皮膚の角質はじつはとても傷ついています。

肌が傷つくとどうなるかというと、修復する前に肌はまたカミソリで切られるのではないかと思い、身を守ろうとします。つまり、盾をつくるために肌を作ろうとします。

何だかバリアを貼るということはよさそうな感じがしますよね。

しかし身を守るために肌を傷つかないようするということは、肌の角質層が厚くします。

角質層が厚くなると、毛穴が塞がれてしまいます。

毛穴がふさがれるということは本来外に飛び出す毛が、毛穴がふさがれてしまったことにより外に出れなくなり埋没毛になってしまうということになります。

また角質を厚くしている間、肌は外の細菌などから守るバリア機能が低下しまい、肌が乾燥したり、さらに弱くなってしまいます。

毛穴が詰まると膿がたまりやすく、なおかつ細菌が集まりやすく乾燥肌になってしまうので、ニキビができやすくなってしまうというわけです。

毛抜きで埋没毛とニキビの関係

毛抜きを抜くとき思いっきり毛をひっぱりますよね。

毛を引っ張るということは皮膚の角質を剥がしてしまいます。

すると穴ができてしまい、血がでて炎症になり、必死で毛穴を塞ごうとします。

毛穴が大きくなってしまったことで、細菌も入りやすくなりニキビができてしまうということになってしまいます。

埋没毛とニキビの対処方法

ニキビは触らない・潰さない

足や腕、脇にできた埋没毛が原因でのニキビは、なんといっても潰さないこと。

潰すと余計に悪化して埋没毛さえもさらに取りにくくなってしまうからです。

下手するとニキビ跡になる可能性もあるので潰さないこと。

また脱毛処理以外は、手についた皮脂や細菌がニキビの原因になってしまうので触らないようにしてみて下さい。

脱毛方法を変える

埋没毛ができたときや、ニキビができている時は「カミソリや毛抜き」での脱毛方法は控えて下さい。

できれば、肌に優しい脱毛クリームなんかで抜くと肌に優しいです。

ニキビが治ってきたら、脱毛器の方が楽です。

毛抜きはアウトです。

できれば毛抜き専用のカミソリがあるので、それを使ってみた方が良いです。

その時は蒸したタオルを脇に当ててローションを塗り、毛が少しふやけてきたら剃り洗い流して、さらにろーしょんなどでケアをするようにしてみて下さい。

肌に優しい除毛クリームとは?

埋没毛やニキビケアをする

ニキビや埋没毛ができてしまっているということは、肌がとても傷ついている状態です。

また角質が厚くなっているので、肌の代謝を促して厚くなった角質を落としていくていく必要があります。

それはどうすればよいかというと肌にたっぷりの潤いを与えて、肌の再生をさせるターンオーバーを整える必要があります。

ターンオーバーとは、古い角質を落として、新しい肌へと再生していくサイクルです。

ですが肌は乾燥や脱毛で日々ターンオーバーが遅れるだけでなく、角質が厚くなってきてしまいます。

そのためには肌にたっぷりの潤いや有効成分をあたえて、肌に元気を与えることが大切になってきます。

埋没毛が原因でニキビができている人は、できるだけ保湿ケアをしてあげて肌のサイクルを整えることが一番の効果があります。

埋没毛をケアするものは?

埋没毛には、カミソリ負けを防いだり、肌を整えて皮膚の潤いなどを与えてあげる化粧品が大切だったりします。

特に脱毛関連での肌の影響は強いので、カミソリ負けをしないような効果のあるクリームやローションなどは必須となります。

特に足がカミソリ負けして赤くなっていたり、炎症している時はさらに同時にケアしなければいけないので、一般的なボディクリームなどではケアをすることができません。

そのためには埋没毛ケアだけでなく炎症や赤みのケアもできる「埋没毛専用ケア」できるものを使うことで、カミソリ負けした肌や埋没毛ケアを効率よくケアすることができます。

そんなカミソリ負けしてしまう肌のケアや、埋没毛ケアできる『専用のローション』が売っているのをご存知でしょうか?

埋没毛専用ローションとは?

そんな中カミソリや肌を整えて皮膚を与えるなどの効果効能が、厚生労働省できちんと成分量が認められているローションがあります。

それが、「シルキークイーン」という毛穴の黒ずみや埋没毛専用のミルクローションです。

カルナベイルとう会社から発売されている、足の脱毛の赤身や黒ずみや埋没毛専用のミルクタイプのローションです。

使った人の91.6%が埋没毛ケアの実感具合しています。

埋没毛ポイント①埋没毛専用に作られている

シルキークイーンは、足の毛穴や赤み・ブツブツ・埋没毛でスカートやタイツ、ストッキングなど履けない、ひざなど足が出せない人のために作られています。

足以外にも、腕、肘、二の腕、脇など埋没毛になりやすい部分も使えるので、足以外にも気になる腕などのケアもこれ1本でできてしまう手軽さがあります。

使い方も簡単で、朝と夜に塗るだけでそれ以外のケアはありません。

埋没毛ケアポイント②炎症を抑える2つの成分が配合

埋没毛がありつつ、カミソリ負けして肌が赤く炎症、腫れているなどしていたりしていてボディクリームなどを塗っても刺激になってしまいます。

こういう場合は、抗炎作用や赤みケアができる成分を与えてケアしなければいけません。

シルキークイーンには、抗炎症や赤みケアのできるグリチルリチン酸、カンゾウ葉エキスなどが入っているので、赤みやトラブル肌を埋没毛と同時にケアをすることができます。

埋没ケアポイント③保湿成分を徹底的にバリア機能を高めて黒ずみケア

埋没毛や黒ずみなどの原因となる肌のバリア機能が低下し、肌は乾燥肌になってしまいます。

そうすると埋没毛だけでなく黒いブツブツの原因にもなります。

肌のバリア機能を高める成分などがケア成分のプラセンタやセラミド、保湿の王様『シアバター』や『植物性スクワラン』などもを配合し、お肌を潤わせて埋没毛ケアをすることができます。

カミソリ負けしてしまった肌のメラニン色素の生成を抑えて、毛穴の黒ずみケアも予防します。

埋没毛ポイント④無添加

シルキークイーンは足のブツブツや埋没毛ができている敏感な足などに負担がかからないように、パラベン、アルコール、着色料、紫外線吸収剤、鉱物油、石油界面活性剤などの添加物がフリーに。

ここまで肌に優しいローションもなかなか売っていないと思います。

カミソリなどでの脱毛でうまくできなくても、その後のケアの良きアイテムになってくれ、今の埋没毛だけでなく、将来起こる埋没毛の恐怖さえも払拭してくれるのがシルキークイーンです。

シルキークイーンの口コミ

 

口コミサイト@コスメではこんな口コミがありました。

 

引用:@コスメ

 

シルキークイーンでの埋没毛ができている口コミなどもありました。

しっかり本気で埋没毛ケアをしてニキビ予防したい方には向いています。

どこで購入できる

シルキークイーンは公式サイトの通販限定で購入することができます。

シルキークイーンが一番安くで買えるのも公式サイトでしたよ。

お値段は高いのですが、定期コースの場合は少しお得に買えて、万が一合わない場合でも『120日返金保証』がついています。

シルキークイーンを使う9割は定期コースから始められているそうです。

埋没毛が気にならなくなれば、ニキビもできませんし、ツルスベのキレイな足も手に入れることができます。

そんな芸能人やモデルのようなツルスベの足も同時に手にいれられるチャンスですし、毎回黒タイツやレギンスを履かずに足が出ても大丈夫なズボンやスカートも履くことができます。

そう考えれば黒ずみや埋没毛の辛さを思えばそこまで高い価格ではないかなと思います。

足のブツブツや埋没毛を今すぐ何とかしたい』という方や、もっと詳しい情報、通販したい方はシルキークイーン公式サイトをご覧ください。

スポンサーリンク

埋没毛でニキビができないためにもケアには時間がかかる

埋没毛でのニキビは、やはり埋没毛処理&保湿ケアがとても大切になってきます。

しかし何でもそうですが、毛のサイクルを促すので時間はかかるので、埋没毛が酷い場合だと時間はかかるかもしれません。

ただボディーローションは普通のローションだと、抗炎作用や肌のサイクルを整える成分が入っていないので埋没毛ケアは難しいと思います。

シルキーローションのような埋没毛専用のローションには、埋没毛ケアに必要な保湿成分・天然のお肌のバリア乾燥予防などが配合されているので、埋没毛をケアしながら美脚も同時に目指すことができます。

通常のボディクリームやローションよりも、腕の黒ずみやブツブツ、埋没毛とトラブルのために作られていて、それに必要な成分(抗炎症作用・潤い・角質バリアなど)や必要な成分量で入っているの、通常のクリームよりも埋没毛のケアをしっかりとすることができます。

逆にボディークリームはただの『保湿』で終わるので、バリア機能や炎症などを抑える成分は入っていないので、その後は期待できないかもしれません。カミソリでまた埋没毛の繰り返しにもなる可能性もあります。

正直な話、今までの普通のボディクリームだけでは時間がかかるだけでなく、毛は生え続ける上脱毛処理もするので、黒いブツブツや埋没毛までの多分難しい話でもあるでしょう。

シルキーローションでしっかりと足の肌のサイクルを促し、足ケアをしていれば、埋没毛や黒ずみが気にならなければ、好きなスカートや膝を出すこともできます。

ツルスベで埋没毛やブツブツの気にならない足を手に入れられれば、今までレギンスやストッキング、ズボンなどで埋没毛のせいで隠していた膝を出すことができて、何も気にせずおしゃれを楽しむことができます。

黒ずみをちらちら見られる不安や、毎日足を見てがっかりや嫌な気持ちになることもなくなりますし、カミソリ負けしなくても平気で、埋没毛が気にならなくなるころにはついでに足まで美脚になっている可能性も。

そんな不安要素を払拭して、埋没毛によるニキビ予防をしながら、きれいな黒ずみや埋没毛の気にならない足や腕を自分手で手に入れてみてください。

ワキ訴求バナー

スポンサーリンク

おすすめの記事