ガッツ

黒ニキビはできてしまうと、ほくろのように黒ずんでいて気になりますよね。

 

ほくろではなく、黒にきびだったりすることもあります。

 

黒ニキビができてしまったら早く取りたいですよね。

 

そこで今回は、黒ニキビの取り方や治し方についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

黒ニキビの治し方

 

黒ニキビは、毛穴の汚れなどが酸化していることで黒くなってしまうニキビのことです。

 

基本的な治し方は、白ニキビなどとあまり変わりません。

 

基本は洗顔などで治せます。

 

それでは、もう少し詳しく治し方や改善方法についてご紹介します。

 

黒ニキビは触らない・潰さない

 

胸

 

黒ニキビは、黒くポッツとできているとついつい触って取りたくなってしまいますよね。

 

しかし、肌の炎症やニキビの悪化の原因ともなるので、黒ニキビは触ったり潰したりしないようにしましょう。

 

また、毛穴パックなどで取ろうとしても黒ずみは取れません。

 

毛穴の汚れは取れますが、肌が傷ついてしまい毛穴が開いてしまい酸化して黒くなりやすくなるので、なるべく使わないようにしましょう。

 

※白ニキビは潰しても大丈夫ですが、失敗すると黒ニキビに跡がてしまうので気を付けて下さい。

 

基本はどのにきびを潰さな方が良いです。

 

 

規則正しい生活を送る

 

起きる

 

ターンオーバーの遅れやホルモンバランスの乱れを整えることが、黒ニキビを治す近道となります。

 

 

・ビタミンやミネラルの多い食事を中心に、バランスの良い食事を心掛ける

 

・揚げ物や、甘いお菓子などはなるべく控える

 

・夜更かしをせず、睡眠をきちんととる

 

・適度な運動をする

 

・ストレスを発散する

 

・アルコールやお酒は控える

 

 

きちんとした洗顔とケアをする

 

洗顔ケア

 

酸化して黒くなった皮脂を取り除くには、洗顔が一番です。

 

化粧などをされた方は、きちんと洗顔をして化粧を落としてください。

 

ゴシゴシと洗わず、泡ネットで細かい泡を作って肌を優しく洗うようにしましょう。

 

洗顔後は、化粧水で保湿をして、乾燥予防に乳液などを塗るとよいです。

 

1日朝と晩の洗顔のみで大丈夫です。

 

洗顔をやりすぎると、治りにくくなってしまいます。

 

黒ニキビを治すには、洗顔で肌を清潔にすることと角質ケアがとても大切です。

 

黒ニキビの悪化は、赤ニキビや黄ニキビ、ニキビ跡の原因ともなるので、なるべく早く取って治してしまいましょう。

スポンサーリンク

おすすめの記事