首

首ニキビにできるニキビは、まるでアトピーのように症状が酷いニキビもありますよね。

 

思わず気になって首をかいてしまうかもしれません・・・

 

さて、首にニキビができる原因や治し方はどうすれば良いのか?

 

 

ここでは、首ニキビの原因と治し方についてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

首ニキビの原因とは?

 

顎やフェイスラインのニキビの延長

 

頬ニキビ

 

首は、顎やフェイスライン、Tゾーンなど顎の部分と繋がっていますよね。

 

じつは、首のニキビはこのアゴやフェイスラインに発生するニキビの延長されたものだといわれています。

 

 

そのため、あごなどのフェイスラインやTゾーンにニキビができているのが、首ニキビができてしまう原因でもあります。

 

もしかしたら、首にニキビが出来ている方は当てはまるかもしれません。

 

 

ホルモンバランスの乱れ

 

ストレス

 

首ニキビは特に大人ニキビでなりやす人が多いです。

 

首のニキビは、ストレスなどホルモンバランスの乱れが原因で出やすい部分でもあります。

 

 

ホルモンのバランスの乱れがなぜ良くないのかというと、

 

ホルモンバランスの乱れは、肌を乾燥させて皮脂を過剰に分泌をさせてしまうからです。

 

すると、ニキビの悪化となるアクネ菌が繁殖したり毛穴の詰まりになってしまいます。

 

首ににきびができてしまった場合は、ストレスが多いのかもしれません((+_+))

 

また、ホルモンバランスが乱れると肌の生まれ変わりであるターンオーバーも遅れてしまうので、ニキビが治りにくくなってしまいます。

 

 

髪の毛が首に当たる

 

髪の毛先

 

セミロングや髪が長い女性は首に髪や毛先が首に当たりますよね。

 

この髪の毛が首に当たることは肌の刺激となったり、皮脂が汚れが首についてしまいます。

 

そのため、首のニキビができる原因ともなってしまいます。

 

 

寝具が不衛生

 

 

寝る首は枕や布団のシーツなどに触れる場所ですよね。

 

寝具が不衛生だと、細菌や汚れが首についてしまい首ニキビができてしまいます。

 

汚れや髪の毛のフケ、シャンプーの注ぎ忘れはアクネ菌だけでなくダニも大好物なので、ニキビでなくダニにも刺される可能性も高くなってしまいます。

 

 

また、寝具の素材が固いと首に摩擦を与えて肌が傷ついてしまいます。

 

 

シャンプーや石鹸がきれいにそそぎ落とされていない

 

 

シャンプー

首の後ろなどは髪の毛が当たっているので、シャンプーや石鹸などが綺麗に洗い流されていない場合があります。

 

シャンプーや石鹸がきちんと洗い流されていないと、毛穴の詰まりやニキビ菌の増殖の原因となってしまいます。

 

また、洗顔の際に首をごしごし洗ってしまうと肌に必要な皮脂でも落としてしまい、乾燥の原因ともなります。

 

乾燥は、肌のバリアが弱くなり細菌が入りやすくなってしまう状態になってしまいます・・・。

 

関連記事:シャンプーがニキビの原因 悪化の成分とは?

 

 

首ニキビの治し方

 

 

首ニキビはさわらない

 

胸

 

首にニキビができてしまうとついつい触ってしまいますよね(^_^;)

 

しかし、首のニキビを触ってしまうと肌に刺激を与えたり手に付着している皮脂や細菌が付きやすくなってしまいます。

 

ニキビの治し方全般でも触るのは良くないです。

 

首ニキビを治したい場合は触らないようにしましょう。

 

 

 

ホルモンバランスを整える

 

体操

 

 

好きなことをしてストレスを発散したり、

休みはきちんと休んだり、

きちんとした睡眠をとることでホルモンのバランスを整えることが治し方としては大切です。

 

ストレス発散には、適度な運動も良いとされています。

 

 

 

 

栄養をきちんと取る

 

料理3

ニキビができている場合は、肌の生成や保護をするビタミンやミネラルを摂取することが大切です。

 

難しい場合は、サプリメントなども補助食品として飲むのは大丈夫です。

 

関連記事:

ニキビの治し方 食べ物で改善しよう

ニキビにおすすめ ビタミンサプリメント

 

 

髪の毛は縛る

 

首に髪の毛の刺激が原因ともなるので、

ニキビができているときはゴムなどで縛ったりアップにしたりなど、できるかぎり髪の毛を首に触れさせないようにしましょう。

 

 

寝具を清潔にする

 

洗濯

 

こまめに寝具を変えて清潔に保ちましょう。

 

枕やシーツなどは、肌に刺激の少ない肌に優しいタイプの素材のものを使うと首に優しいです。

 

 

 

 

正しい洗顔方法をする

 

洗顔ケア

 

首をゴシゴシと合わらず、泡を立てて優しく洗うようにしましょう。

 

シャンプーをする場合は、先にシャンプーをしてから首や身体を洗うと、

 

毛穴の詰まりを防ぎ綺麗にシャンプーをそそぐことができます。

 

このとき、肌に優しいシャンプーやニキビ用の石鹸を使うとおすすめです。

 

関連記事

ニキビ肌に良い石鹸を選んで悪化を防ごう

シャンプーを変えたらニキビは治る

 

 

首ニキビ用のクリームを塗る

 

肌の調子が良い

 

 

首のニキビの治し方で欠かせないのが乾燥予防です。

 

乾燥予防にはジェルやクリームなどを塗ると効果が良いとされています。

 

 

実際に顔の化粧水などでも良いのですが、顔に比べると首は特に乾燥しやすいのでイマイチな場合が多いです。

 

首ニキビでわりと評判が良いのが「メルライン」というケアアイテムです。

 

メルライン

肌の保湿をしつつ、香料や鉱物油、石油系界面活性剤などの添加物が入っていないので、首のニキビケアにはとても優しいジェルとなっています。

 

医者が推薦するスキンケアでもあります(スキンケア大学に掲載)

 

本来は顎ニキビ用なのです。

 

ですが、首ニキビは顎ニキビやフェイスラインの延長の場合が多いため、首にきびにも使っても全然大丈夫なのです。

 

フェイスラインも首も両方使えて一石二鳥ですよね(*^▽^*)

 

ニキビの有効成分でもあるグリチルリチン酸が配合されており、乾燥にならないための高度な保湿成分が毛穴の奥底からケアをしてくれるアイテムです。

 

ニキビを治すには欠かせない成分です。

 

メルラインは朝と晩に洗顔後塗るだけです。

 

オールインワンジェルなので、化粧水・乳液・美容液・下地効果です。

 

普通の化粧水をつけるよりも専用のものをつかうよりも、肌の負担がなくコスト的にはお得です。

 

使うのが心配な方も、180日間の返金保証もあるので、メルラインを手軽使うことができます。

 

メルライン公式⇒首ニキビには【メルライン】

 

オールインワンは、1つで済むので、化粧をしている方にもおすすめです。

 

ニキビの治し方ではケアもとても大切なので、手軽に塗れるメルラインはとても便利ですよ。

 

忙しい朝も10秒で塗れちゃいます(*^。^*)

 

首ニキビにお困りの方は、試してみてはいかがですか?

 

 

ニキビ関連記事

お風呂での洗顔でニキビを治す

ニキビができている時のお風呂の入り方

首にも使えるニキビパック

顎のニキビの治し方とは?

 

 

スポンサーリンク

おすすめの記事