ニキビ 女性1

黄ニキビは、あごや口まわり、鼻の下などにできる人が多いと思います。

黄色ニキビには白い膿のようなもの(芯)がでてしまい意外と目立ちますよね。

さて、そんな黄ニキビの原因とはいったい何なのか?

ここでは、黄ニキビができてしまう原因についてご紹介します。

スポンサーリンク

黄ニキビとはなにか?

 

汗

 

黄色ニキビとは、赤ニキビが化膿して、黄色い膿ができたニキビです。

赤ニキビの悪化版が黄ニキビです。

なので、赤ニキビになってないと黄色ニキビはできないのです。

黄色ニキビの膿は、毛穴に角栓が詰まり、毛穴の奥で詰まった皮脂が肥大して、皮膚の奥に潜んでいる状態となっています。

白い膿のようなものは、一般的に「芯」と呼ばれています。

黄ニキビと白ニキビの違い

黄ニキビは、白ニキビと勘違いされる方も多いようです。実際は多少違います。

白ニキビと黄ニキビの違いは、黄ニキビの方が白い膿がポッコリ出ている状態です。

白にきびはどちらかというと、白いポツポツしているため、膿(うみ)はあまり目立ちません。

ニキビのできた段階としては、白ニキビの方が初期段階です。

黄ニキビは、白ニキビが化膿して赤ニキビになり、さらに化膿して黄ニキビになった状態となります。

つまり、ニキビの種類の中でも黄ニキビはニキビが悪化している状態となります。

スポンサーリンク

黄ニキビができる原因

黄ニキビの原因①赤ニキビの悪化

にきびは上記でかいたように、種類があります。

赤ニキビから黄ニキビへと変化をしていまきます。

ケアで治らなかったり、ニキビをそのまま放置していると赤ニキビができていて、黄色ニキビになってしまいます。

そのため、赤ニキビが治らないと黄色ニキビを作ってしまう原因となってしまいます。

黄ニキビの原因②真皮が傷ついているため

肌の表皮という部分が傷ついていると、ニキビができたりします。

この表皮の部分は、ある程度のケアで治しやすいです。

表皮の下には真皮という部分があります。

黄ニキビの状態は、この真皮層が傷ついている可能性があることです。

そのため、奥底まで皮脂が入り込んでしまうため、膿がたまりやすくなり黄ニキビができてしまう原因となってしまうのです。

黄ニキビの原因③ニキビを潰す

かゆい

黄ニキビができてしまうと、ついつい触ったり潰したくなりますよね。

手で黄ニキビを触ると皮脂や細菌がついてニキビの悪化となります。

ニキビを潰してしまうと、上記でかいた真皮層まで傷つけてしまう可能性があります。

万が一黄ニキビを潰して、芯(膿)が取れたとします。

毛穴の奥底にもまだ芯(膿)が残っていて完全にとりきれてない状態なので、また新しいニキビができてしまうのです。

潰す⇒奥底に隠れている芯から新しいニキビ⇒潰すのニキビループにはまってしまいます。

黄ニキビの原因④肌が不衛生

菌

洗顔などできれい肌の汚れが取れていなかったり、保湿などで肌をケアしていないなど肌が不衛生な状態になっていると、毛穴が詰まってしまい、黄ニキビの原因となってしまいます。

黄ニキビの原因⑤食生活の乱れ

揚げ物やスナック菓子などの脂質の多い食べ物を食べると、肌が荒れやすくなり、黄ニキビの原因を作ってしまいます。

他にも、睡眠不足なども原因とされています。

黄ニキビを潰すとニキビ跡ができる原因になる

黄ニキビは、ニキビの中でも悪化している状態です。

そのため、膿のような白い部分(芯)を手で潰してしまうと・・・

ニキビ跡ができやすくなってしまいます。

黄ニキビからニキビ跡になりやすい方も多いと思います。

黄色ニキビで皮膚の奥底の真皮層を傷つけてしまっているので、芯(膿)が取れたり、炎症がおさまっても、跡ができてしまうのです。

怪我をして膿が取れても、傷が残りますよね。

傷=跡というイメージです。

ニキビ跡でも、クレーター型といわれている凸凹ニキビ跡ができやすくなる原因になります。

このニキビ跡になってしまうと、ニキビを治すよりも時間がかかってしまいます。

ケアを怠ったったり、食生活、睡眠などが悪いと特に黄ニキビになりやすくなってしまいます。

黄ニキビは肌の奥まで傷ついてしまっているので、怠ってしまうと傷ついた肌が治らず、ずっと肌に残ってしまいます。

それでは次に、黄ニキビの治し方を見ていきましょう。

黄ニキビの治し方の記事へGO

スポンサーリンク

おすすめの記事