kusuri2

 

毛孔性苔癬といった二の腕のぶつぶつを治す薬として、代表的なのが「ニノキュア」という薬です。

 

最近ではドラックストアの入り口付近にニノキュアが置いてあるなど、効果を期待して腕のブツブツや毛孔性苔癬改善に使われている人が多いようです。

 

実際に毛孔性苔癬になってしまった時「ニノキュア」は効果があるのかどうか?口コミなどを調べてみました。

スポンサーリンク

ニノキュアとは?

 

ニノキュアを初めて知る人に、ニノキュアがどんな商品なのかを簡単にご説明します。

 

ニノキュアは小林製薬から発売されている「二の腕のぶつぶつ」や、「毛孔性苔癬」を治して~すべすべ肌にしちゃおうぜ~的な薬です。

 

主成分が尿素が使われており、有効成分にはグリチルリチン酸などが使われています。

 

ニノキュアの治し方としては、二の腕の硬くなったブツブツの角質層のケラチンというものを尿素で分解して剥がし、肌の代謝を促してターンオーバーを早くして毛孔性苔癬やブツブツを治す方法となります。

 

ニノキュアの薬の効果はある?

 

ok

 

ニノキュアを毛孔性苔癬や二の腕のブツブツに塗ってみて、実際に効果があるのかどうか。

 

一応ニノキュアは毛孔性苔癬の薬なので、効果がある人・ない人両方がいます。

 

効果があった人は「角質が柔らかくなった」という実感をしている人もいるそうです。

 

ですがニノキュアの口コミを見ると、毛孔性苔癬には良かったという人と逆に合わなかったという人が半々な感じの印象でした。

 

どうやらニノキュアには、肌質で合わない人・効果が感じられないという人も結構いるということになります。

 

薬なので合う・合わないがあるのはしょうがないかなと思います。

 

ニノキュアの薬が効果がなかった人の特徴

 

hyouzyou3

 

ニノキュアの効果が感じられない人特徴として、ニノキュアに含まれている成分が合わない人が多い印象でした。

 

実際に私もニノキュアを付けたことがありますが、逆に二の腕のブツブツや毛孔性苔癬の炎症が悪化したことがあります。

 

最初は副作用かと思ったのですが、どうやら調べてみると角質除去として入っている「尿素」が合わないようでした。

 

尿素の成分は角質をそぎ落とすだけなので、この成分が合わないと毛孔性苔癬で傷ついている肌には刺激となってしまう場合があるからです。

 

そのため、ニノキュアは毛孔性苔癬ができた肌に塗っても効果がない人が出てきてしまうのかもしれません。

 

実際にニノキュアなどの市販の薬は使わないと肌に合う・合わないはわからないので、毛孔性苔癬を治したい人は一度ニノキュアをトライしてみてもよいかもしれませんね。

 

皮膚科でも?

 

じつは、ニノキュアのような尿素が入っている成分の薬は皮膚科でも処方されることもあるす。

 

そのため「毛孔性苔癬が皮膚科に行っても処方された薬が効果がない」、「改善されない」のは、薬が原因の場合も多かったりするのです。

 

とはいっても皮膚科は専門医なので、二の腕のブツブツや毛孔性苔癬が悪化して肌がひどい状態であれば、皮膚科に行ったり、薬が合わなければすぐに先生に連絡してみて対処をしてもらってください。

 

そうすることで、何らかの対処をしてくれると思います。

 

まとめ

 

ニノキュアは薬なので効果がある・ないは人によって違います。

 

使った人が効果もある人もいれば、合わない人は尿素の成分で合わないなどあるそうです。

 

まずは使ってみないとはわからないので、興味がある方はニノキュアで二の腕のブツブツや毛孔性苔癬をケアしてみてはいかがでしょうか?

 

下記の記事では尿素が入っていないで二の腕のブツブツがケアできる専用のクリームもご紹介中です。

スポンサーリンク

おすすめの記事