冬になると肌がカサカサと乾燥肌になりやすくなりますよね。

 

顔などは保湿ケアできても、なかなか体の前身ははケアできないのですし、汗もかかなくなるので、背中やお腹周りなどがカサカサと乾燥しやすくなってきてしまいます。肌が乾燥してしまうと、肌がかゆくなってしまって、肌荒れになってしまいます。

 

肌の乾燥やかゆみがある、そんな身体の全体の乾燥肌対策を簡単にできるのが、「入浴剤」です。

 

しかし、普通の入浴剤を入れてもあまり肌のカサカサや、乾燥肌がよくならないってこと多いですよね。

 

じつは、乾燥肌や肌のカサカサ、かゆみがあるにはお風呂の入り方に気を付けたり、入浴剤の選び方が大切になってきます。

 

 

スポンサーリンク

乾燥肌や肌カサカサの人向けのお風呂の入り方

入浴剤の前に、まずお風呂の入り方を見直す必要があります。

 

というのも、お風呂に入ることは気分を気持ちよくさせたり、汚れを取るには良いのですが、お風呂に入る行為は「脱水」しやすくなります。

 

よく長風呂をしていると、指がふにゃふにゃしてふやけていたりしますよね。あれは肌が脱水している状態だったりします。指では見やすいのですが、肌全体でも同じ脱水状態が起こり始めていたりします。怖いですよね。

 

そのため、長風呂はお勧めできず、お風呂の入る時間は、10~15分が目安とされています。

 

お風呂からでたら、タオルで優しく肌の水分を拭き取り、常温のお水を適度に飲んでおくと肌の水分補給ができます。

 

脱水状態はなぜよくない?

肌もそうですが、脱水状態というのは、肌に水分がなくなっているので肌が保湿されておらず、肌がカサカサしたり、乾燥しやすくなります。

 

外気でも乾燥しやすいですが、じつはお風呂も長風呂をすると、乾燥や肌のカサカサの危険な状態になったりします。肌が乾燥してしまうと、かゆみに繋がってまいます。

 

また、脱水状態は肌がふやけていて、弱い状態なので細菌など入りやすくなり、肌が弱い人だと吹き出物もできやすくなります。

 

だけれど1日の疲れは、お風呂という人もいらっしゃいますし、もう少し長くお風呂に入りたい人もいらっしゃると思います。

 

そんな時に使うのが便利なのが「入浴剤」だったりします。

 

もちろん、長風呂でなくても入浴剤を入れておくことで、肌のカサカサや乾燥対策にもなります。

 

ですが、市販の入浴剤でもイマイチなんて人もいらしゃいますよね。そういう人は、肌に合っていない入浴剤を選んでいる可能性があります。

 

乾燥肌やカサカサ肌の入浴剤 3つの選び方

 

入浴剤であれば、「保湿成分」が入っているのが多いと思います。

 

むしろ、保湿成分が入っていないとただの「アロマ」であって、乾燥肌やカサカサ肌、かゆみのある肌は改善できません。

 

お風呂に入ることは脱水状態になりやすくなりますが、保湿成分が入っていることで肌の潤い成分が入っているのできちんと肌にベールがかかりやすく、乾燥肌やカサカサ肌対策にはなります。

 

でも、今の入浴剤ってわりと保湿成分を多いよねって話ですよね。だけれど、なかなか肌が保湿されない・・・なんてこともあります。市販の入浴剤は保湿というよりかは、保温効果の方が高いという印象があるかと思います。

 

乾燥肌やカサカサ肌の入浴剤を選ぶには、肌に優しい成分が使わわれている入浴剤を選ぶのがポイントだったりします。

 

肌に優しい成分が入っている入浴剤とは?

 

添加物が少ない入浴剤

 

市販の入浴剤は、肌の悪化や乾燥肌の原因となりやすい「添加物」が入っていたりします。例えば、香料や着色料などなど。

 

アロマや色のあるお風呂などの癒し系を求める人がいるのであれば、こういう入浴剤がいいと思いますが、乾燥肌や肌カサカサがなんとかできればお風呂の香りや色は特に気にならないと思います。

 

というのも、入浴剤の香料や着色料は、肌の刺激物となり、この添加物を外に出すのは、肌に必要なミネラルやビタミンが減る原因ともなってしまいます。

 

なので、できれば着色料や香料など、添加物的なものが入っていない入浴剤を選ぶのが大切です。

保湿ベールで肌を包んでくれる入浴剤

じつは保湿成分が身体に入ったとしても、水分が外にでてしまっては意味がないものだったりします。

 

そのため、肌の水分を逃がさないように「保湿のベール」をかけてあげれる入浴剤を選ぶと、肌に浸透した水分を外に出さず、乾燥を防ぐことができます。簡単に書くならば、水分がでないように蓋をしてあげる感覚です。

 

では、市販のものはなぜ保湿成分がイマイチという人が多いのかというと、外側の保湿がされるだけで奥底まで保湿成分が届いていないというのもあるのですが、じつは肌の潤いが保湿ベールで包まれていないので、水分が外に出やすくなってしまったりします。

 

なので、保湿ベールができる「成分」が入っている入浴剤がグットです。

 

綺麗な柔らかいお湯にできる入浴剤

 

上の2つの選び方では、入浴剤の「成分」の話をしました。

 

ですが、かなり重要なのは「肌に優しいお湯を作る」ということです。市販の入浴剤だとなかなかこのお湯づくりが難し語りします。

 

一般的に水道水のお風呂に入る人が多いと思います。しかし、水道水のお風呂には危険が潜んでいることはご存知でしょうか?

 

というのも、水道水には肌の刺激となり、乾燥肌やカサカサを招いてしまう最大の原因である「塩素」が含まれています。
肌の脱水も大きな原因なのですが、水道水は塩素で消毒をして、雑菌の繁殖を防いでいます。そうしないと、水道水は飲めないですし、お湯につかることもできません。

 

しかし、塩素というと強い酸化力で綺麗な水にしているので、肌にダメージを与えやすくなり、肌が弱くなってしまいやすくなります。それは、活性酸素という細胞を壊す成分が水道水を温めるほど増えてしまうからです。

 

細胞が壊れるということは、肌がよわくなり、肌の乾燥やカサカサだけでなく、しわやたるみなんかの原因にもなりやすいです。

 

お水と言えば、温泉水は温泉から出ても肌がカサカサになるどころか、肌がしっとりしてますよね。これは温泉水の成分ももちろんなのですが、温泉水は塩素で水を綺麗にしているわけでなく、天然なので肌の刺激にならなかったりします。

 

そのため、どうしても温泉水に比べるとお湯が固くなり、刺激が強くなってしまいます。入浴剤の1つ目の選び方で書いた「添加物」の話なのですが、じつはお湯を柔らかくするために泡を発生させるのは、添加物や化学成分が多く使われていたりします(バ〇とか)

 

なので、柔らかく、活性酸素が除去できる天然成分が使われたお湯が作れる入浴剤を選ぶのが大切だったりします。

 

スポンサーリンク

オススメの入浴剤とは?

 

市販のお湯は保湿成分が入っていても、イマイチという人は、上の条件がそろっていないからだったりします。

 

ということは、保湿だけではダメということです。保湿成分が入っているのに加え、肌の刺激にならない入浴剤を選ぶのがポイントです。

 

ですが、実際にどんなこの条件がそろっている入浴剤があるかを探してみると、市販ではないです。

 

どれがそろっていても、短時間なものであり、朝起きるとどうしても乾燥肌やカサカサ肌になってしまいます。

 

やはり、入浴剤に入るには1日中肌が潤っていた方がいいですよね。

 

ですが、こういった悩みを解決できる入浴剤があります。

 

それを体感できるのが、「みんなの肌潤風呂」という入浴剤です。

 

みんなの肌潤風呂はどんな入浴剤?

%e3%81%bf%e3%82%93%e3%81%aa%e3%81%ae%e8%82%8c%e6%bd%a4%e9%a2%a8%e5%91%82

みんなの肌潤風呂とは、

 

・天然温泉成分が配合で汚れとミネラル成分が配合

・化学成分に頼らない自然素材で発生させる炭酸で柔らかいお湯に

・浸透力や九州・保湿など保湿ベールの成分である「砂糖の力」で角質そうまで潤いを与える

・塩素除去ができる

・子供や赤ちゃん、アトピー肌でも使用可能なほど肌に優しい

・合わなければ25日以内であれば使用後も全額返金可能

 

潤い保湿ベールができて、86%が満足した入浴剤なので、みんなの肌潤風呂をお風呂に入れて入るだけで、乾燥肌グッバイの1日中肌がスベスベ肌を目指すことができます。返金もできるので、お試し感覚でもトライすることもできます。

 

公式通販サイト:ゴワゴワ肌や乾燥肌の悩みに『みんなの肌潤風呂』

 

みんなの肌潤風呂の口コミ

 

みんなの肌潤風呂に入った口コミをリサーチしてみました。

 

すると、

 

・美容液のお風呂に入っているみたい

・ダメ元でやってみたら、初日から肌の感じが違う

・ほんのり香る柑橘の香りで肌がツルツル

・なかなか保湿しにくい背中がサラサラになった

・入浴だけで肌の実感具合が違った。脱ゴワゴワ肌

 

などの口コミがあります。

 

何年ぶりかにつるつるの身体の肌に触れられたという口コミもありました。

 

肌が乾燥したり、肌がカサカサ、ゴワゴワしている人で、体全体をツルツルでかゆみのない肌を目指したい人には向いている入浴剤です。何をしても肌がツルツルにならない人は、入浴剤から見直してみるのも手かもしれません。

 

みんなの肌潤風呂詳細はコチラ

 

身体全体のケアはどうしてもめんどうくさいですし、手が届かないということお多いです。なので、入浴するだけで簡単にケアできるのが「みんなの肌潤風呂」だと思います。市販の入浴剤がイマイチという人は、おすすめかもしれませんね。

 



スポンサーリンク

おすすめの記事