kaminoke

前髪や頭部などの髪の毛の生え際に、しこりのようなニキビができやすいですよね。

 

髪の生え際のニキビが痛かったり、かゆかったりする時もあるとつらいですよね。

 

ではなぜ、髪の毛の生え際にニキビができてしまうのか?

 

ここでは、髪の生え際にできるニキビの原因についてご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

髪の生え際にできるニキビの主な原因とは?

 

 

皮脂の過剰分泌

 

汗2

髪の生え際ににできるニキビは、

頭皮にできるニキビと同じで、皮脂の過剰分泌が原因となります。

 

髪の生え際となる頭部や前髪の生え際で汗をかいたりすると、皮脂と汚れと混ざり合って毛穴を詰まらせてしまいます。

 

そのことで、

アクネ菌といった細菌が繁殖して、

髪の生え際にニキビができたり炎症の原因となります。

 

髪の毛の生え際の頭部は、

特に皮脂の分泌が多いのでニキビができやすくなってしまうのです。

 

 

シャンプーが原因

 

シャンプー

シャンプーには、洗浄力の高い、

石油系の合成界活性剤という成分が配合されています。

 

合成界活性剤などは皮膚にとって強い刺激となってしまいます。

 

大概の市販のシャンプーは、

この成分が多く含まれています。

 

洗浄力が強いことから、

肌に必要な皮脂までも洗い流してしまう場合もあります。

 

皮脂がなくなってしまうと、

髪の生え際の頭皮が乾燥をしてしまいます。

 

肌を守るバリア機能が低下して、

細菌といった外敵に攻撃されやすくなることで、髪の生え際にニキビができやすくなる原因となってしまうのです。

 

【参考記事】シャンプーを変えるとニキビは治る

 

 

シャンプーやリンスのすすぎ忘れがある

 

シャンプー 粟

 

髪の生え際は自分の目で汚れが綺麗に取れているか見れるわけではないので、シャンプーやリンスの洗い流しが残っている場合があります。

 

きちんと髪の毛の生え際など頭皮の洗い残しがあると、毛穴に詰まりやすくなってしまい、殺菌が繁殖しやすくなる原因となります。

 

そのため、

髪の毛の生え際にニキビができやすくなってしまいます。

 

 

ドライヤーなどで頭皮が乾燥してしまう

 

doraiya-kusi

シャンプーやリンスをした後、

髪の毛や髪の生え際をドライヤーを乾かすことが、ニキビができる原因でもあります。

 

ドライヤーを当てすぎると、

アツってなりますよね。あれは肌を火傷させてしまい傷つけてしまいます。

 

特に髪の毛の長い人や、

長くドライヤーの熱を長く当てていると髪の毛の生え際が乾燥しすくなってしまいます。

 

しかし、

髪の毛を乾かさないと細菌の繁殖の原因になってしまうので、直接長くドライヤーを髪の毛の生え際などには当てないようにしましょう。

 

 

ブラッシングが原因

 

 

髪を整えたり、ドライヤーで乾かすときにブラッシングをすると思います。

 

何回もブラッシングをしたり、

強く梳かすと前髪の生え際を肌を傷つけてしまう原因となってしまいます。

 

また、髪の毛をかきすぎてしまっても肌が傷つきやすくなってしまいます。

 

 

帽子が原因

 

 

帽子を長くかぶっていると、通気性が悪くなり汗をかきやすくなります。

 

そのため、ニキビの細菌繁殖や荒れの原因となってしまいます。

 

 

寝具が不衛生

 

makura

 

枕は髪の毛や頭皮が接触します。

 

枕は汗やよだれにより、

細菌が繁殖してしまい髪の生え際に付着しやすくなってしまいます。

 

 

 

そのほかの髪の生え際の原因

 

・ストレスや睡眠不足などのホルモンバランスの乱れ

・食事のバランスが悪い

・糖質・脂質をたくさん摂取する

 

上記のような原因があると、髪の生え際にニキビができやすくなってしまいます。

 

NEXT⇒髪の生え際のニキビを治す方法

 

スポンサーリンク

おすすめの記事