ニキビ

頬ニキビができてしまうと、ニキビの赤みが凄かったりブツブツが多くできやすいので辛いですよね。

 

しかも、ついつい頬ニキビを触ってしまうと悪化してしまったり、頬ニキビが再発しやすくなってしまみます。

 

ここでは、頬ニキビを早く治すために、頬ニキビの治し方についてご紹介します。

 

治し方を知って頬ニキビを早く治すように頑張りましょう~

 

 

スポンサーリンク

頬ニキビの治し方

 

再発したりニキビができやすい頬ニキビ。治し方を詳しくご紹介していきます。

 

ホルモンバランスを整える

 

頬ニキビの原因となるホルモンバランスが乱れると、肌の乾燥でニキビを治すのに必要な肌の生成をするターンオーバーが遅れたり、ホルモンバランス乱れが皮脂を過剰分泌してしまう原因とされていまいます。

 

ホルモンバランスが整えられれば、過剰または低下分泌を抑えることができます。

 

ホルモンバランスの乱れにはストレス・疲れ・睡眠不足・生理等があります。

 

ホルモンバランスを整えるには、規則正しい生活が一番です。しかし、忙しい現代においてストレスを発散はなかなか難しい部分もあります。

 

そのため、他の治し方を行うことで頬ニキビを改善していきましょう。もちろん、ストレスなどが改善できれば一番頬ニキビを治すには良いですよ。

 

ストレスを発散出来たり、睡眠をたくさん取れるならば、頬ニキビを治すには行ってみて下さいね。

 

 

バランスのとれた食事をとる 野菜や果物は多めに食べよう

 

食事

 

バランスのとれた食事の中でも、脂肪分や糖質の取りすぎは頬ニキビの原因ともなります。

 

そのため、頬ニキビの治し方としては、肌の成長に必要な栄養をとることが大切になります。

 

特に、ビタミン群を摂取することが、皮脂の分泌を抑えて肌の生成を促すのに効果が期待できます。

 

そのため、野菜や果物を食事をとるときに、いつもより気持ち多めに食べてみましょう。

 

また、ホルモンバランスを整えるには、豆腐や納豆、きなこ、豆乳などの大豆製品も良いとされています。

 

大豆製品には、大豆イソフラボンという女性ホルモンのような働きがあります。

 

このイソフラボンが乱れたホルモンバランスを整えるのに効果があるとされています。

 

納豆が苦手な方は、豆腐や豆乳を1日1杯飲むだけでも違います。

 

また、食事から栄養素が取りにくい場合は、サプリメントなどの補助食品で栄養素を補給するようにしてみて下さい。

 

 

参考記事

ニキビの治し方 食べ物で対策

ニキビの治し方 飲み物で対策

ニキビにおすすめ ビタミンサプリメント

 

 

便秘を解消する

 

便秘

 

頬ニキビは、胃腸などの弱りが原因ともされています。胃腸の原因は老廃物が溜まってしまう便秘も原因となっています。

 

食物繊維やビタミンなどを取ってみましょう。

 

最近では、スーパーフードのチアシードなどが食物繊維に似た成分が豊富に含まれており、便秘にはおすすめです。

 

ヨーグルトにオリゴ糖を混ぜて食べると、快便になりやすくなります。

 

関連記事:みんなの家庭の医学で紹介 腸内フローラを綺麗にして便秘を改善

 

 

お酒の量を減らす

 

飲酒

 

頬ニキビは肝機能が原因ともされています。この場合は、特にお酒を飲まれる方です。

 

お酒を毎日の飲みすぎると肝機能が低下していきます。肝臓は、様々なものを無毒化する大切な臓器です。

 

肝機能が原因だと思われる方は(お酒を良く飲まれる方)、解毒作用のあるブロッコリーなどに入っているスルフォラファンを摂取するのがおすすめです。

 

ブロッコリースプラウト(ブロッコリーの新芽)というカイワレ大根のようなものの方が、抗酸化作用もあるので、アンチエイジングなどにもおすすめです。

 

※ブロッコリースプラウトはスーパーに100円ぐらいで売っています。

 

 

睡眠をきちんととる

 

寝る

頬ニキビの治し方では、睡眠をしっかり取ることが、早く治すには大切です。

 

睡眠不足はホルモンバランスを乱す原因となります。

 

睡眠の時には肌を生成する成長ホルモンが沢山分泌するので、肌の生まれ変わりであるターンオーバーを促しニキビを治していきます。

 

そのため、成長ホルモンがたくさん分泌される、できるだけお肌のゴールデンタイムに就寝するようにしてみましょう。(午後22時~午前2時)

 

 

枕を清潔にする

 

makura2

 

頬ニキビの大きな要因です。枕などに汚れがついていると、ニキビや炎症などの原因となります。

 

洗顔をしても、枕が汚いと頬ニキビができやすくなってしまいます。

 

そのため、こまめに枕や枕カバーは清潔にするようにしてみて下さい。

 

 

頬を触らない

 

にきびができてしまうと頬を触りたくなりますよね。

 

ですが、触ると悪化してしまうのでできるだけ、触らないように頑張ばりましょう。治し方でもさわらず清潔にするに必要があります。

 

また、頬ニキビができていない状態でも、できるかぎり頬杖などをせず、頬は触らないようにして下さい。

 

意外頬杖などは、肌の刺激となって頬ニキビが治りにくくなってしまうからです。

 

 

紫外線予防をする

 

sangurasu

 

紫外線(UV)は頬ニキビの悪化の原因ともなってしまいます。

 

紫外線予防として外に出るときは帽子をかぶったり、日焼けクリームなどを塗ってカバーをしてください。

 

日焼けクリームは乾燥をしやすいので、保湿成分の配合された日焼けクリームなどがおすすめです。

 

【参考記事】ニキビが出来ている時でも使える日焼け止め

 

また、秋や冬は太陽が低いので、顔に紫外線が余計に当たりやすくなっています。そのため、夏以外にも紫外線予防が大切です。

 

 

肌に優しい洗顔を使って洗顔をする

 

洗顔ケア

頬ニキビの治し方で重要なのが洗顔です。肌に優しいといわれている石鹸は、ニキビ肌にも優しいものとなります。

 

石鹸としては、できれば無添加で、保湿成分が入っている石鹸などを選ぶと、そのあとの化粧水の保湿ののりが良くなったりします。

 

万が一、石鹸を使っても頬ニキビが良くならなかったり、毛穴の詰まりが取れない、乾燥しやすいのであれば洗顔石鹸が頬ニキビにはあっていないことになります。

 

合わない洗顔を使い続けても頬ニキビは治りにくくなってしまうので、できるかぎり変えるのが良いです。

 

自分の肌に合った石鹸を見つけたら、頬ニキビや頬ニキビの周りの皮脂や汚れをきちんと洗顔して、肌を清潔にするようにしましょう。

 

洗顔は、ゴシゴシと洗顔するのではなく、頬は円を描くように優しく洗顔するようにしましょう。

 

【関連記事】

ニキビ肌に優しい石鹸を選んで悪化を防ごう

 

 

保湿を行う

 

洗顔

洗顔後は、頬ニキビの原因ともなる肌の乾燥を防ぐために、肌に保湿を与えてあげましょう。

 

治し方では、保湿もとても重要なケアとなります。

 

たまに生理の時に化粧水が合わない人がいますが、生理などの時は肌が水分不足になりやすく乾燥しやすい肌質になりやすくなってしまいます。

 

そのため、普段つけている化粧水では合わなかったりします。この場合は、自分に合った化粧水を見つけて肌を保湿してみましょう。

 
そのほかの頬ニキビにおすすめの洗顔化粧品はこちら

ニキビケア ルナメアAC

ビタミン誘導体配合 VCシリーズ

大人ニキビや生理ニキビにラミューテ

ニキビ肌にパルクレールジェル

 

 

スポンサーリンク

おすすめの記事