日焼け止め

日焼け止めクリームを塗ると合わない場合、肌荒れやニキビができてしまう場合が合いますよね。

 

また、日焼け止めクリームを塗った後、しばらくするとかぶれたり、肌荒れ、ニキビになっているということがありますよね。

 

しかし、自分の肌に合った日焼け止めクリームを塗らないと、ニキビや肌荒れの悪化の原因となってしまいます。

 

ここでは、日焼け止めを塗ったとき、または日焼け止めを塗った後にできてしまう、にきびや肌荒れにならないための対処方法をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

なぜ日焼け止めクリームを塗るとニキビや肌荒れができてしまう?

肌荒れ ニキビ

日焼け止めクリームを塗ってニキビや肌荒れになってしまうのは、日焼け止めクリームが合わないのと、紫外線が原因です。

 

紫外線を浴びてしまうと肌の細胞が壊されたりします。ただそれで何も塗らないと、余計に紫外線のダメージを受けてしまいます。

 

ニキビや肌荒れになってしまう人の場合、元々の肌もそうですが、日焼け止めクリームの成分が合わないことが多かったりします。

 

化粧品もそうですが、合わないものを使うと肌荒れをしたりニキビができてしまいますよね。

 

まずは、日焼け止めクリームでニキビや肌荒れしてしまうのはどんな成分をご紹介していきます。

 

日焼け止めクリームに入っているニキビや肌荒れの原因の成分とは?

hiyakekuri-mu

日焼け止めだけでなく、化粧品でもシャンプーでもそうですが、大概肌に悪影響を与えてしまう成分というものがあります。

 

肌に悪影響とされるせいぶんではありますが、その反面、紫外線を防いでくれる力が強い成分なので、一概に悪いという訳ではありません。

 

しかし、敏感肌や肌が弱い人だと、この成分が肌へと悪影響となりニキビや肌荒れ、かぶれなどを引き起こしてしまいます。

 

日焼け止めクリームの場合

 

・紫外線吸収剤

・香料

・着色料

・防腐剤

・鉱物油

・アルコール

 

などこれらの成分が、肌荒れやニキビの原因になってしまう可能性があります。

 

 

日焼け止めによるニキビや肌荒れの対処方法

日焼け止め

日焼け止めクリームによるニキビや肌荒れの対処方法としては、塗っている日焼け止めクリームを変えることです。

 

ニキビや肌荒れしてる時は日焼け止めクリームを逆に塗りたくないという方もいますが、紫外線の影響は大きいので塗るようにしてくださいね。

 

できれば、上記のような肌に悪影響のある日焼け止めの成分が全てが入っていないのがベストですが、なかなかそういう日焼け止めは少ないです。

 

できれば、紫外線吸収剤などの成分は肌にわりと強い刺激を与えてしまうので、この成分などがあまり入っていない日焼け止めを選ぶようにしてみてください。

 

また日焼け止めでニキビや肌荒れができてしまう場合は、低いSPF値をこまめに塗ると肌に負担をかけずに日焼け止めクリームを塗ることができます。

 

保湿成分が入っている日焼け止めだと、わりと強いSPF・PA値だと肌荒れしやすくなるので、肌に優しい日焼け止めを選んでみてくださいね。

 

【参考記事】

ニキビが出来たときでも使える日焼け止めおすすめはこれ

 

 

スポンサーリンク

紫外線での肌荒れやニキビが悪化・・・

 

ニキビが悪化するのは、日焼け止めクリーム以外の成分にもう一つ理由があります。

 

それが紫外線が原因なことが多いです。急にニキビができたりするのは、紫外線が大きな理由かもしれません。

 

taiyou

そもそも紫外線を肌に当ててしまうと、肌の細胞を老化させる活性酸素が大量に発生してしまいます。

 

活性酸素というと本来は細菌やウイルスを消したりする働きがありるのですが、過剰に活性酸素が増えてしまうことで、肌の細胞まで攻撃をしてしまいます。

 

また活性酸素を抑制しようとしみの原因となる「メラニン色素」が大量にでてしまい、シミなどのトラブル肌になりやすくなってしまいます。

 

すると、活性酸素はニキビの中にある皮脂と結合をし始めます。すると毛穴がつまったり、炎症しやすくなってしまいます。

 

紫外線を浴びまくってしまうことで、肌を紫外線から守ろうとして角質を厚くさせてしまい、毛穴が塞がりニキビができてしまう悪循環。

 

さらに・・・

 

肌が・・・

 

紫外線で細胞がダメージを受けると、肌を守るバリア機能が低下してしまいます。

 

バリア機能が壊れると、肌が持っている水分が失われることで乾燥しやすくなってしまいます。

 

バリア機能が弱いところにこの上に日焼け止めクリームを塗ることで、肌に悪い成分から肌を守ることができなくて悪化しやすくなります。

 

また、乾燥してバリア機能が低下すると、これ以上水分を逃さないようにニキビや吹き出物の原因となる皮脂を過剰分泌させてしまい、毛穴を詰まらせニキビのができてしまいます。

 

そのため、紫外線に当たることで肌が弱くなりトラブルを起こしてしまうのです。

 

なので、一概に日焼け止めクリームが肌荒れやニキビの原因だけではなかったりもするのです。

 

紫外線からニキビを悪化させないためには?

 

紫外線からのニキビや肌荒れを悪化させないためには、

 

  • 日傘を使う
  • 上記のような日焼け止めを使う
  • 朝晩のスキンケアをする

 

ことです。

 

スキンケアをするとどうなる?

 

肌に充分に水分を与えて、保湿力をあげることで肌のバリア機能を高めることで、肌本来の力が発揮できて紫外線や日焼け止めの成分の外敵から守り、ニキビや吹き出物ができにくくなります。

 

また、肌が潤い新陳代謝がアップすると、紫外線でできてしまう「メラニン」を追い出し、ニキビのシミや色素沈着を防ぐこともできます。

 

朝晩スキンケアをしっかりして、肌を潤わせることが大切です。

 

肌が潤い乾燥予防ができると、バリア機能がアップするので紫外線からの乾燥を防ぐことが大切です。

 

紫外線に強い肌を目指すスキンケアとは?

 

ニキビができているときは、しっかり保湿できるだけでなくバリア機能を高めたり、抗炎作用のある成分、色素還元、代謝の生まれ変わりを促進させて、きめ細やかな肌を目指せるようなスキンケアできる化粧品を選んでみてください。

 

紫外線や日焼け止めクリームでニキビができやすい場合、おススメ化粧品が「ラミューテ」というニキビケアで、最近雑誌などで紹介されモデルさんも使われています。

 

 

他の化粧品と違うのが、ダマスクローズウォーターという保湿力・肌荒れ・抗炎作用のある成分が入っているのが特徴です。

 

この成分の香りはストレスを和らげる働があり、ホルモンバランスで乱れや大人ニキビでの肌荒れにも効果があり、洗顔フォームや美容液などを塗ることで肌が潤い、新陳代謝が活発になることでメラニン色素を肌から出すことができてしまいます。

 

ビタミン誘導体は紫外線からの活性酸素やメラニン色素を排出し、他にも代謝を促進されるプラセンタなども入っているので、肌を潤わせバリア機能をアップさせることが期待できます。

 

続けることで、紫外線や日焼け止めクリームなどからできてしまうニキビのできにくい肌を目指せます。

 

口コミでもニキビができにくくなったなどの評判が良く、翌日のメイクノリもよいのでモチモチの肌を手に入れてみませんか?

 

ラミューテの詳しい詳細はコチラから

まとめ

 

日焼け止めでニキビや吹き出物ができる原因は、「成分」が原因ですが、その根本は紫外線による乾燥などです。

 

日焼け止めの成分でニキビや吹き出物にならないためには、紫外線ケアをすること。

 

日傘をして、肌に優しいタイプの日焼け止めを塗る。そして、肌の潤いやバリア機能を高めること。

 

それには朝と晩をしっかりスキンケアして対策してたっぷり保湿させてケアしてみてくださいね。

 

女性の場合は疲れや生理前後で女性ホルモンが乱れやすく、紫外線と組み合わさってニキビや吹き出物ができやすくなるので、ホルモンバランスを整える成分が入っているラミューテでのスキンケアはおススメです。

 

ニキビができくい肌を目指せれば、メイクノリもよくなるので肌の印象も変わってきますよ。

 

紫外線などに負けない基盤の肌を作りたい方は、試してみてはいかがでしょうか?

 



スポンサーリンク

おすすめの記事