季節的に暑くなってくると紫外線が気になりますよね。

 

そんな時日焼け止めクリームを塗るとは思いますが、日焼け止めを塗ると敏感肌の人や肌が弱い人は荒れてしまったり、かぶれてしまいますよね。

 

ここでは、日焼け止めでかぶれてしまう場合どうすればよいのかをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

かぶれの原因はアレが多い

 

そもそも、なぜ日焼け止めクリームを塗って肌が荒れたり、かぶれてしまったりするのか?

 

主に日焼け止めクリームそのもの自体に原因があることが多いとされています。

 

紫外線のカット度数(UVカット値)が高いのが問題?

日焼け止めクリームには、UVカット値であるSPF/PA値が載っていますよね。

 

SPF値とPA値とは何かというと、

 

・SPF値は紫外線「B波」を防ぐ効果があり、肌の表皮にダメージを与えるのを防ぐ効果の表記

 

・PA値は紫外線「A波」を防ぐ効果があり、肌の角質層までのダメージを与えるのを防ぐ効果の表記

 

とされています

 

SPF50やPA+++といったUVカットの度数が高いほど、UVカット効果が高そうな感じがするかと思います。

 

しかし使い方次第では、この度数が肌の刺激となり、肌荒れやかぶれの原因につながってしまう場合があります。

 

UVカットの度数が弱いと、紫外線のダメージが弱いイメージがありますよね。

 

ですが日焼け止めにはUVカット値が強いほど、UVカットの成分が強かったり、多く含まれている場合があります。

 

UVカット成分は、

 

  • 紫外線吸収剤
  • 紫外線散乱剤

 

の二つがあります。

 

具体的には、

 

紫外線吸収剤⇒紫外線の内部を守り、肌の表面の紫外線を吸収とされ、熱として紫外線を放出する成分。

 

紫外線独特の白浮きをしない成分。「メトキシケイヒ酸オクチル」とか「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」と表記されるらしいです。

 

紫外線散乱剤⇒肌表面の紫外線を反射させて跳ね返すし、紫外線吸収剤よりは肌負担が少ない。

 

白浮き・べたつきがあるものがある。

 

「酸化チタン」・酸化亜鉛と表記されることが多いらしいです。

 

紫外線吸収剤・紫外線錯乱剤といったUVカットの成分が強いと、紫外線よりも肌に刺激やストレスなど負担を与えてしまうことが多く、そのせいで肌荒れを起こしてしまったり、「かぶれ」になってしまいます。

 

かぶれや肌荒れでなくても、肌のことを考えるのであれば日焼け止めクリームは、時と場合で使い分けが大切なことになります。

 

UVカット成分以外の成分が関連している

上記のUVカット値が低くてもかぶれてしまう人も多いです。

 

その原因が、紫外線吸収剤・紫外線散乱剤のUVカット以外の成分ともされる「添加物」といわれる成分が多く含まれていて、それらのどれかの成分が合わないことが原因の場合があります。

 

主な添加物の成分としては、

 

・防腐剤
・アルコール
・鉱物油
・着色料
・香料
・紫外線吸収剤
・紫外線散乱剤

 

上記でのUVカット成分が強くて合わないのではなく、そもそもこれらの成分が合わない場合もあります。

 

肌がすでに弱い状態の場合でかぶれてるのかも?

日焼け止めでかぶれてしまう場合は、そもそも肌が弱い場合もあります。

 

紫外線で肌にダメージを受けて肌が弱くなったりする場合が多いです。

 

また、成分が合わないと肌が傷つき「乾燥肌」になりやすく、乾燥肌は肌が弱い状態なので、かぶれる・肌荒れになっててしまうことが多いです。

 

日焼け止めクリームでかぶれてしまう人は、まず「日焼け止めクリーム」や日焼けに対する肌ケア方法を見直してみると良いかもしれません。

 

ではどうすればいいのかを、次にまとめてみました。

 

まずは、

 

時と場合で度数を変える

 

まずUVのカット度数でかぶれてしまう場合は、時と場合でUVカット値を変えることをお勧めします。

 

目安UV度数

 

SPF50・PA+++の場合


・炎天下に長くいる
・外仕事
・レジャー
・海・プール・川
・山など

 

長時間外にいる場合だと、紫外線を浴びることが多いのでUV度数は強めが良いです。

特に海やプールは水との反射でダメージを受けやすいので、念入りに!

 

SPF30~35・PA++

・日常生活
・出勤
・外出など

 

日常生活で外に出る場合や、会社や学校などの通勤にはこのくらいの度数で大丈夫です。

 

朝・夜出勤であれば、このぐらいで十分です。

 

ただし、夏の昼頃の出勤・でかけることがであるのであればSPF・PA値は高い方が良いかもしれません。

 

SPF10~20・PA+

 

・短いお出かけ・買い物
・日の当たる部屋にいるとき
・曇りの日など

 

お部屋にいる時でも、日差しがよく当たっているおうちは紫外線が入りやすくなります。

 

家でも太陽の光に当たってしまう場合は、このぐらいの度数が無難です。

 

ただ単にUV度数を強くすればよいというわけではなく、自分のライフスタイルやシュチュエーションに合わせることがケアには大切です。

 

日焼け止めを変える

 

今使っている日焼け止めで肌がかぶれてしまうのならば、肌に優しい成分の入っている日焼けクリームをまず変えてみる方法があります。

 

肌に優しい日焼け止めとしポーラから発売されている「ホワイティシモ UVブロック ミルキーフイルド」の日焼け止めがおススメです。

 

・ポーラのホワイティシモシリーズ

UVカットだけでなく美容成分も配合されているので、紫外線をカットしつつ乾燥などから肌ケアをすることができます。

 

ミルキーフイルドは、紫外線散乱剤の配合量を従来より40%カット、紫外線吸収剤フリー、無香料で、3D-UVカットベールを配合。日ヤケ止め特有の乾燥感のない、みずみずしいつけ心地ができる日焼け止めです。

 

白浮きもしなく、日焼け止めでかぶれてしまう人にはおススメです。

 

ポーラのホワイティシモの詳細はコチラから

 

他のおススメ日焼け止めはこちら

 

美白ケアをする

 

肌がかぶれている状態は、肌が乾燥しているなど弱い状態でおまります。

 

そのため、紫外線があったってしまう肌には、必要な成分を与えて修復・ケアをすることで、日ごろ紫外線などが当たっても強い肌をもっていることができれば、成分が少し強くてもダメージしにくい肌となります。

 

また紫外線でできてしまうシミなどのケアにもなり、毎日ケアをすることがで透明感のある美肌を目指すことができます。

 

シミ・美白ケアにはフジフィルムのアスタリフトホワイトが便利です。

 

・アスタリストホワイト

フジフィルム独自ナノの美白有効成分・保湿成分を配合して、狙った場所にアプローチして美白ケアをすることができます。

 

美白ケアをしつつ、ハリや潤いをキープしたい人にはおススメです。

 

アスタリフトホワイトの詳細はコチラから

 

スポンサーリンク

日焼けクリームでダメな場合・かぶれを回避するにはどうすればよい?

 

日焼けクリームを変えても、どうしても肌が弱くて肌荒れしたり、かぶれたりしてしまう人もいるかと思います。

 

また、毎日の日焼けクリームを塗っていると美白ケアをしても肌がストレスを感じてしまう人も多いかもしれません。

 

それに、顔だけでなく体全体を塗るとなるとかぶれたり肌荒れしてしまっては、肌がボロボロになってしまいますよね。

 

そんな時どうすればいのか?

 

それは、「内側からケア」をすることです。

 

内側からケアをするとは?

クリームを塗らなくても、内側からケアをするとはどういうことなのか?

 

そもそも肌に紫外線を浴びるということは、肌に悪影響を与える活性酸素というものが沸いて、活性酸素が肌の細胞にダメージを与えてしまうことになります。

 

そのため肌が弱くなり肌荒れやかぶれてしまったり、色素沈着してシミやシワなどができたりしてしまいます。

 

つまり、日焼け止めクリームのように外側でなく紫外線に必要な成分を取り、内側からガードして紫外線ケアをすることを内側のケアといいます。

 

具体的な成分としては、活性酸素を除去するような「抗酸化作用」などの成分や、肌に強い成分なので、食事からは補えにくいう成分を取ることで、身体の内側から紫外線ケアをして、紫外線を浴びても肌が強い・日焼けをしない肌を目指すことができます。

 

日焼け止めがきちんと塗れてないかも?

内側のケアがなぜ大切なのかというと、、日焼け止めがきちんと塗れていなく紫外線で肌が弱ってしまっている場合もあります。

 

日焼け止めクリームでは自分ではきちんと塗ったつもりでも、意外と塗りムラなどもあるため、紫外線対策ができてない場合もあります。

 

紫外線予防をするために十分な効果を実感できるには、顔だけでも日焼け止めクリームが500円玉が必要です。

 

これだけの量を毎日塗っている人は少ないかもしれません。

 

しかも暑くなってきたリ、夏になると汗で流れてしまうなど意外とケアができてなくなってしまい、かぶれ以前の問題もあったりします。

 

そういった意味でも、内側からケアしていることで、外に出ても急に日焼け止めを塗らなくて済むということになります。

 

内側からケアをするのに便利なのが「日焼けサプリメント」です

 

日焼けクリームを塗らなくて便利

 

日焼けサプリメントは紫外線対策に必要な成分が入っているので、日焼け止めクリームを塗らなくても紫外線予防をすることができてしまうのです。

 

心配なのであれば、紫外線クリームを塗っておけばWケアにもなります。

 

また、

 

  • 日焼けクリームを塗らなくてよいので肌荒れ・かぶれない
  • コスパが良い
  • 飲むだけでよいので塗り忘れがない
  • 汗で流れない
  • 長い時間いてもダイジョブ
  • いざ外に出たときでも安心
  • 全身ケアができる

 

などのメリットが多いです。

 

値段は若干高そうに思えますが、顔だけでなく体全体に日焼け止めクリームを塗らなくても良い・体全身なのでいつ外にでても安心とされています。

 

↑こんなにバッチリ対策しなくてもOK!

 

外出しない日には飲まなくてよくて、日焼け止めクリームを塗るとさらに効果が実感できます。

 

かぶれてしまう人は、SP値が低くいのを塗っても良いですし、塗らなくても大丈夫です。

 

今では、モデルさんや芸能人の人には必須のアイテムになっているようです。

 

本当に飲むだけで大丈夫なの?

サプリメントの場合、飲むだけで内側ケアの日焼け止めできるの?と思われるかも知れません。

 

日焼け止めサプリメントには、紫外線予防をする栄養素が豊富に含まれています。

 

サプリメントを飲むことで、普段得られない栄養を補助することができて、直接内側からアプローチをすることできます。

 

メインで書くならば「ポリフェノール」。これらは活性酸素を除去する働きがある成分で他にも、紫外線によるコラーゲンの減少などの成分を抑制したり防御する成分が豊富に含まれています。

 

日焼け止めサプリだと日焼け止めクリームには入っていない、世界で注目されている「ニュートロックスサン」というシトラス果実とローズマリーから抽出された成分などは、日焼け止め成分として使われているものが多いです。

 

他にも、美肌や美白成分なども入っているのでシミなど予防にもつながります。

 

日焼け止めクリームを塗っていれば、外・内側からのダブルブロックが有効になり、肌がかぶれたり、紫外線に負けない美白肌を目指す人にはぴったりのアイテムになります。

 

おススメの日焼け止めサプリ

 

・ホワイタス

抗酸化力のあるトマトのリコピンを主とし、日差し対策で注目のあるポリフェノール「ニュートロックスサイ」、11種類の栄養素や美容成分が配合されている日焼け止めサプリメント。

 

メラニン色素の抑制・コラーゲン・エラスチン生成を促進サポート。肝機能を正常に整え、ターンオーバーを活性させ、外側の紫外線によるダメージを防御!紫外線に強い肌を目指せます。

 

ホワイタスの詳細はコチラから
 

 

・雪肌ドロップ

天然由来のポリフェノール「ニュートロックスサン」や、シトラス果実・ローズマリーなど紫外線ダメージを56%カットできて、1日2粒の日焼け止めサプリメント。

 

加齢とともに不足する「コラーゲン」や「ビタミン誘導体」などを配合し、肌の栄養となるプラセンタも配合。身体に優しい植物由来の成分で、紫外線や代謝アップ成分なども配合し、紫外線やターンオーバーなどのを促し、肌にいつでも透き通る肌を目指せます。

 

雪肌ドロップの詳細はコチラから
 

 

・ホワイトヴェール

人気インスタモデルなどの間で話題の日焼け止めサプリメント。

 

ニュートロックスサンが配合されており、厳選された成分で紫外線をブロック。日焼け止めサプリには珍しい定期コースは縛りがなく、初回からお試しで購入できて15日間の全額返金保証付き。

 

お値段が安いので、初めての人でも安心。日焼け止めサプリにチャレンジしてみたい人には特におススメ!

 

➡WHITE VEIL~ホワイトヴェール~の詳細はコチラから
 

※日焼け止めサプリメントは、妊娠中・授乳中は飲めません。ご注意ください。

 

光老化をブロック

肌の老化は、8割が紫外線などの光老化が多いのだそうです。

 

そのため、日焼け止めクリームを使っても落ちてしまったり、塗り残しがあったりきれいに塗れていないと日焼けした肌になってしまいます。

 

もし日焼け止めを塗ってかぶれてしまう人は、外側ケアだけでなく内側ケアもダブルケアすることで強い肌を目指すことができます。

 

日焼け止めを塗る手間もなく、クレンジングで肌を落とす心配もないのでかぶれや肌荒れもなく、塗り忘れて紫外線に当たっても太陽が怖くないです。

 

夏の炎天下にで肌を出していても、一人だけ肌が黒くなく・炎症することもなく涼しい顔で優越な気分になれるかもしれません。

 

夏でも憧れの美肌になるため、外・内のケアを体感してみてくださいね。

 



スポンサーリンク

おすすめの記事