鼻のテカリを抑える

鼻のテカリを抑える方法はないのか・・・

 

鼻だけが以上にテカリが多く、異様に皮脂がでたりすると思いませんか。

 

じつは、鼻の部分ばかりテカリがあるのは原因があります。

 

原因を知って、テカリを抑えたいですよね。

 

ここでは、鼻のテカリの原因やテカリを抑える方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

鼻のテカリを抑えるには原因を知ろう

 

鼻はアレが出やすい

テカリ

そもそも、なぜ顔のパーツの中でも「鼻」の部分だけテカリが多いのでしょうか。

 

『皮脂が多いからテカリがあるからでしょ?』と思いますよね。

 

そうなのです。

 

顔の頬や鼻、鼻筋とも言われる「Tゾーン」という部分が『皮脂が多い部分』だからです。

 

詳しく書くとこの部分は、皮脂の分泌が顔の他の部分に比べると、皮脂腺が多く存在しています。

 

皮脂腺が多くあるということは、それだけ鼻の部分の汗の分泌が活発であり、多く皮脂が分泌されます。

 

また皮脂の分泌が多い人はこの『鼻』の部分にに皮脂が多く出てしまうので、それが影響で「テカリ」が出てしまいます。

 

皮脂の過剰分泌、これが鼻のテカリの原因です。

 

では鼻のテカリが気になる場合、多くの方が『あること』をやるかと思います。

 

あぶら取り紙で何度も皮脂をとってしまう

 

鼻のテカリを抑えるには「あぶらとり紙」ですよね。

 

鼻の上につけると、見事に皮脂がたっぷりとれてとても便利なアイテムの『あぶら取り紙』

 

ただ、鼻のテカリがこの『あぶら取り紙』も原因の可能性があるとしたらどう思いますか?

 

あぶら取り紙を使って鼻のテカリを抑えるには、皮脂量が多い方には欠かせないアイテムですよね。

 

しかし、1日に何度も頻繁に使ってしまうと逆効果になってしまいます。

 

それはなぜか?皮脂が取れるから良いのではないかと思いますよね。

 

問題は『頻繁に鼻をこすること』に原因があります。これには2つ原因があります。

 

あぶら取り紙を肌にこすり付ける行為は、必要な皮脂も取ってしまい、肌との摩擦を起こして肌を傷つけやすくなります。

 

皮脂の取りすぎ

 

皮脂は本来必要分があり、乾燥や外敵から守る『バリア効果』の働きがあります。

 

あぶら取り紙を使いすぎることで、この必要な分の皮脂を取りすぎて肌が乾燥して、余計に皮脂が過剰にでてしまうのが1つめの原因です。

 

2つ目の原因が

 

紙の摩擦

 

1日1回程度であればさほど刺激までにはいかないのですが、何枚も使うことだと摩擦量が多くなり、摩擦が鼻の肌部分を傷つけてしまいます。

 

肌が傷つくと、肌が乾燥しやすくなりやすくなります。

 

肌が乾燥するのは、肌の必要な皮脂が足りないと思い過剰に皮脂を出す。だけれど、肌そこでは実は乾燥しているというインナードライ状態にもなっていたりします。

 

あぶら取り紙の使いすぎは鼻のテカリの原因になります。

 

そのためあぶら取り紙をたくさん使っても、皮脂がとめどなく出てしまうのです。

 

洗顔のしすぎ

洗顔

皮脂を落としたいからと、ごしごしと肌を洗顔する人も多いのではないでしょうか。

 

皮脂というものは、お湯でも落ちるのですがこれを石鹸などを使って肌をゴシゴシあらうと、肌の刺激となります。

 

泡で切れに洗うのであれば良いのですが、強く肌をこすり磨くように洗顔すると、肌を傷つけてしまいます。

 

肌の乾燥

 

上記以外のことをしてなくても、もともと乾燥肌の人も顔や鼻のテカリが出やすいとされます。

 

肌のバリア機能が弱くなり、テカリどころか皮脂と古い角質が交じり合い毛穴に詰まるのでニキビや吹き出物の原因になったりもします。

 

何度も書いてしまうのですが、乾燥していると皮脂がなくなっている状態なので、乾燥肌は肌に油分がないので、それを補おうと肌が過剰に皮脂などを出してしまいます。

 

体のやっかいな仕組みの皮脂の過剰分泌を行います。

 

その他の原因

bentou

鼻のテカリの原因となる『皮脂』が出るには他にも原因があります。

 

・ストレスや疲れ

 

・生理

 

・生活習慣の乱れ

 

・揚げ物やポテトチップス・甘いお菓子といった脂分・糖分の取りすぎ

 

・熱いものをたくさん食べる

 

・カレーやトウガラシの入ったものなど刺激物を食べる

 

・野菜や果物などを食べない食生活の偏り

 

・肉の食べ過ぎ

 

主にホルモンバランスの乱れや、食べ物系が原因皮脂が出やすく、鼻のテカリが起きてしまう原因になってしまいます。

 

では次に、そんな鼻のテカリの原因となる『皮脂』を少しでも抑制する方法をご紹介します。

 

鼻のテカリを抑える方法

 

まずは今すぐにでも何とかしたいという即効性の期待できるものからご紹介します。

 

首の後ろを冷やす

 

 

顔や鼻の汗を出させないためには、体感温度を下げる方法です。

 

保冷剤などでタオルに巻いて首やわきの下を冷やすことで、体感温度を下げることができます。

 

熱中症対策などでも首を冷やすような商品も時期になるとあるので、そういうものを使ってみると良いかと思います。

 

仕事中や保冷剤を持っていけない場合は、ハンカチを水で濡らして絞って首に当てると少しは汗量を抑えることが一時的には期待できます。

 

この方法は長期間できるものでなく、短時間のものなので他の方法にもトライしてみましょう。

 

皮脂を抑える食べ物を食べる

野菜

皮脂の分泌で鼻のテカリできるだけ抑えるには、脂分や糖分を食べ無い方が良いとは書きませんが、できるだけ控えるようにしてみて下さい。

 

その分、皮脂の分泌をできるだけ抑える栄養分を摂取してみましょう。

 

皮脂を抑えるには、ビタミン郡A,B1、B2、Cが良いとされています。

 

例えば、

 

  • ビタミンA、Cは果物や緑黄野菜
  • ビタミンB1、B2は、豚肉や乳製品、大豆製品(納豆)、レバーなど。

 

 

どうしても取れないなーという人は、野菜ジュースやスムージー、豆乳、サプリメントを利用するのもありです。

 

大豆製品としては、朝やお昼などにお味噌汁を飲んでみると良いですね。

 

1日3食のうち、できるかぎり入れるようにしてみて下さい。

 

 

運動をする

運動

汗や皮脂が出やすいのは、じつは運動不足で他の汗腺から汗がでてないからともされています。

 

特にクーラーの入っている涼しい部屋ばかりにいると、汗腺がお休みモードになってしまいます。

 

身体の汗腺がお休みモードになるとどうなるかとうと、鼻のテカリが多くなってしまいます。

 

顔でも鼻の部分は、汗腺が多く活発なので、他の部分がお休みモードで汗をかいていないと、どうしても顔や鼻などに汗が集中してしまいます。

 

なので、日ごろ少しでも良いので、適度な運動をしてみると良いです。

 

例えば、早歩きで歩くなどでも十分です。汗を多少なり全身でかくようにしてみてくださいね。

 

ストレスを少しでも軽減する・休息をとる

 

ストレスや疲れている時、生理の時は『ホルモンバランス』が乱れている状態です。

 

ホルモンバランスが乱れていると、皮脂は大量に分泌しやすくなります。

 

ストレスを発散するのは難しいかもしれませんが、できるだけ好きなことをしてストレスを発散したり、生理や疲れているときは皮脂が大量分泌してしまうのでゆっくりとした休息が必要です。

 

洗顔方法をかえる

洗顔

 

洗顔がテカリの原因になるので、洗顔方法を変えていきます。やり方は簡単なので誰でもできます。

 

まずは洗顔フォームや石鹸でしっかり泡を立てます。泡立てネットなどで泡をたくさん立てるのがポイントです。

 

たくさん泡を立てたら、優しく鼻や頬を撫でるように洗顔する。できれば手が触れないほど、真ん中の泡で来る区kル回すように洗顔できればグッドです。

 

できれば、石鹸や洗顔フォームでも皮脂や汚れを落とし過ぎない「合成界面活性剤」などの成分が入っていないものを選んでみて下さい。

 

≫肌に優しい石鹸はこちら

 

洗顔後は、タオルでガシガシと顔をふくのではなく、優しく水分をぬぐうように拭いてみて下さい。

 

朝洗顔を変えてみる

 

テカリ・皮脂量が気になる人は、朝は洗顔を控えてぬるま湯で洗う方が良いです。

 

皮脂がべたべたして気になると思いますが、夜洗顔をきちんとしていればお湯でも皮脂や汗なども落ちるので大丈夫です。

 

もし皮脂が気になる場合は、鼻の部分だけ上記の洗顔方法でやってみると良いでしょう。

 

必要以上に洗顔すると、油分が減って増やそうとするので皮脂が気になっても、朝と晩だけの洗顔にしてみましょう!

 

保湿をする

保湿

洗顔後は乾燥予防や肌を整えるために化粧水などをつけて、肌を潤わせてケアしてみましょう。

 

朝と晩はしっかり化粧水や乳液などで保湿をしてケアを、しっかり肌を潤わさせます。テカリなどがあるなら、気持ち多めに塗ると良いです。

 

鼻のテカリは普通の化粧品でケアするのは、オイリー肌の場合だと少し正直難しいところもあります。乾燥の保湿とは違い、皮脂を抑えることもしなければいけないからです。

 

もし余裕があれば、皮脂を抑制する成分などが入っている『化粧品』を使ってみるのが、今後の皮脂と水分のバランスを整えて日常のケアをしなくても鼻のテカリを気にせずに済みます。

 

皮脂やテカリを抑える化粧品を選ぶ際の3つのポイントは、

 

・保湿が十分できること

・皮脂を抑える成分が入っていること

・ホルモンバランスを整えるようなリラックス効果のある成分

 

が入っていることです。

 

化粧品を変えてしっかりケアすることで肌のキメが整うことができれば、肌を乾燥から守るバリア効果が整うので、将来的に鼻のテカリを気にならなくさせることは可能です。

 

では、皮脂の過剰分泌を抑えることができる化粧品にどんなものがあるかをご参考に載せておきます。

 

皮脂の抑制ケアができる化粧品

 

鼻のテカリが気になる方でおすすめ『ラミューテ』というダマスクローズという特殊な薔薇を成分としている化粧品です。

 

 

ダマスクローズには天然の保湿成分があり、その他にも皮脂を抑制したて毛穴を引き締め血行をよくさせたり、ニキビの場合だと消炎作用などお肌のハリやキメを整える作用があります。

 

ヒアルロン酸なども入っているので、ローズ成分などの保湿成分も加えると乱れた角質層も、皮脂やトラブルの置きにくい肌を目指すこともできます。

 

 

また香りにはリラックス効果があり、乱れたホルモンバランスを整わせることができるので、外側と内側のWで肌の皮脂の過剰分泌ケアができる化粧品になります。

 

ラミューテの場合は化粧品では珍しい100%国産の無農薬有機栽培されたダマスクローズが使われているので、バラの品質も良く肌の弱い方でも使いケアをすることができます。

 

特に仕事などで忙しくてどうしても休息やストレス発散が難しい方や、色々な化粧品で保湿してもケアできないという方はおすすめです。

 

洗顔剤、化粧水、美容液がついていて、すべてダマスクローズが入っているのでオールでケアをすることができます。今なら半額キャンペーンの美肌セットというものもあるので、お得に使うことができますよ。

 

ラミューテ商品の詳細を見てみる

 

ラミューテの使用感や使ってみた口コミレビューはこちら

 

 

コスメを変える

ファンデーション

最後に今使用しているコスメを変える方法があります。

 

皮脂の分泌が多い場合、油分がわりとあるリキッドファンデーションはできるかぎり控えた方がテカリを抑えることができます。

 

メイクの場合は、パウダータイプの「ミネラルファンデーション」がおすすめ。

 

ナチュラルメイクになってしまいますが、パウダーが鼻のテカリを抑えることはできます。

 

≫肌に優しいファンデーションはこちら

 

ナチュラルメイクはちょっとな~という人は、ポイントメイクを中心にメイクをしてみてはいかがでしょうか。

 

ただ・・

 

ミネラルファンデーションだと、メイクには物足りないと思うかもしれません。

 

リキッドファンデーションだとは塗りやすく化粧が映えるのでそう、今使っているファンデをそう簡単には変えるのには抵抗がありますよね。

 

そんな方は、いつものファンデの前の化粧下地を変えてみると少し違うかもしれません。

 

化粧下地はファンデの力を高める

 

もしかしたら、化粧下地をせずにファンデーションを塗っていたりしませんか?

 

化粧下地は、ファンデーションやベースメークといったファンデーションの『伸び』や『肌との密着性を高める働き』を持っているのメイクの「基礎的部分」です。

 

化粧下地でベールをつくって、伸びや密着性があるので少量のファンデでも済むことができるので化粧を塗ることで厚塗りに防止にもつながります。

 

化粧で顔や鼻のテカリがでてしまうのも、このベースの下地せずに直接ファンデーションやリキッドファンデーションを塗ってしまうことで、毛穴のつまりや、オイル性が高いので皮脂の過剰分泌の原因となってしまいます。

 

鼻や顔のテカリが気になるのであれば、まずは「下地」でメイクの基礎を作ってあげる必要があります。

 

顔や鼻のテカリにはどんな化粧下地が良い?

 

化粧下地でも、鼻のテカリが気になる場合は「テカリ」や「皮脂」を抑える化粧下地を選ぶと、テカリで一番恐怖の「化粧崩れ知らず」となることができます。

 

そのためには、『余分な皮脂を吸収する成分』が含まれている下地を選ぶのが顔や鼻のテカリを抑えるのにはおススメです。

 

この成分を選ぶことで、鼻などのテカリの皮脂量を抑えてメイク崩れを防ぐことができます。

 

こういう成分があることで、毛穴や小じわに入りやすいファンデーションも抑えることができることも多いので、ニキビや吹き出物の防止にもつながります。

 

ただ通常の一般的に売られている化粧下地にはこの『余分な皮脂を抑える成分』が入っているものは少ないです。

 

皮脂を抑える化粧下地は売っているのか?

 

若干お値段は普通の化粧下地に比べると高いのですが、こういった皮脂を抑える化粧下地はあります。

 

ご参考までに載せておきますが、それがシルキーカバーオイルブロックという化粧下地です。

 

モンドセレクションでも4連続受賞している200万個売れているという爆発的に売れている隠れた人気化粧下地です。(ドラックストアなどの市販では売っていません)

 

 

シルキーカバーオイルブロックの特徴としては、「シルクセリシンパウダー」という毛穴など余分な皮脂を吸収してくれる絹由来成分が入っていることです。

 

使用量がたった米粒1つぐらいで伸びも良く、過剰な皮脂も抑えてテカリや化粧崩れを防ぐことができます。

 

微粒子パウダーのため化粧下地から毛穴やしわ、肌の凸凹もカバーできるので、ファンデーションも厚塗りせずにに薄く延ばすだけなのでメイクの仕上がり感も良くなるリピ率も化粧下地です。

 

 

美容成分も含まれているので、メイクをしつつも毛穴や滑らかな肌を目指すことができる一般では見ないテカリ予防のスキンケア感覚のある「新感覚化粧下地」で、テカリが化粧下地を変えただけで抑えられるなどの口コミも多くリピ率も95%以上なので多くの人に使われています。

 

もし今使っているファンデーションなどを変えたくない場合は、皮脂を抑えることができる成分が入っている化粧下地を使うことで、鼻のテカリも気にならなくなりメイク崩れの心配もなくなるので、快適に過ごすことができると思います。

 

シルキーカバーオイルブロック商品詳細を見てみる

 

 

スポンサーリンク

鼻のテカリを抑えず放置するとあんなことが!

 

鼻のテカリの原因である皮脂を放置してると、外見だけでなく、肌にも悪影響を及ぼしてしまいます。

 

皮脂は、ニキビの原因となる「アクネ菌」のエサとなり、ニキビや吹きでもが出来やすくなります。

 

テカリでなく、ニキビや吹き出物で肌が炎症してしまっては嫌ですよね。

 

また、治りも遅くなってしまいますので、テカリだけでなく肌をケアするためにもテカリを抑える必要があったります。

 

まとめ

 

鼻のテカリの原因となるのは『皮脂の過剰分泌』で、その要因としてストレスや睡眠不足、生活習慣の乱れ、食生活の乱れ、ストレス、睡眠不足、あぶら取り紙の使い過ぎ、乾燥など様々なあります。

 

鼻のテカリを抑えるには、食べ物や睡眠、運動、化粧品や化粧下地などでケアすれば、鼻のテカリも気にならなくなるので、鼻のテカリを何とかしたいという方は今すぐケアをはじめてみてはいかがでしょうか。

 

ただし、なかなか生活習慣を変えたりすることが難しい、睡眠をとったり、食べ物を変えるのも難しいという方も多いと思います。

 

そういう場合は、わりと即効性が期待できるものは『化粧下地』であったり、長い目でケアするならば皮脂を抑える成分を使いバリア効果を高めることができる『化粧品』に変えるのが手っ取り早いです。

 

今の状態で鼻のテカリとなる皮脂が大量に出ている場合は、何らかしら変える必要があります。

 

多少の妥協はあるかもしれませんが、皮脂ばかり出ているとニキビなど悪化する前にもケアしていた方が見た目にも良いですし、あぶら取り紙も使わなくてすみます。

 

とにかく肌を保護しつつ、肌ケアをすることが鼻のテカリを気にしないためには必要です。

 

ぜひケアをして、鼻のテカリが気にならない肌を手に入れてみてください。

 

シルキーカバーオイルブロック
 

スポンサーリンク

おすすめの記事