フェイスラインにニキビができてしまうと、赤くてかゆいニキビが多かったりしますよね。

 

そんなフェイスラインにできるニキビの原因とはいったい何なのか?

 

そこで今回は、フェイスラインにできるニキビの原因をご紹介します。

スポンサーリンク

フェイスラインにできるニキビの原因とは?

 

フェイスラインとは、頬(もみあげあたり)から顎にかけての線(Uゾーン)のことをいいます。

 

フェイスラインは思春期にはなりにくいニキビです。

 

では、フェイスラインにできるニキビはどんなニキビかというと、「大人ニキビ」となります。

 

特に大人ニキビは、Uゾーンにできやすくなります。

 

アゴの脇などにできている方もいらっしゃるかもしれません。

 

このフェイスラインにできるニキビの原因について、詳しく見ていきましょう。

 

 

ホルモンバランスの乱れ

 

大人ニキビの大半はホルモンバランスの乱れが原因とされています。

 

生活習慣が乱れていたり、ストレス、睡眠不足、生理前などが起こるとホルモンバランスが乱れてしまいます。

 

上記の状態は免疫力が低下してしまい、肌荒れを起こす原因ともされています。

 

 

代謝が悪い

 

フェイスラインの周りにはリンパが通っているところです。

 

リンパが滞ってしまうと、老廃物が外に排出されなくなってしまい、肌荒れや疲労、肩こりの原因ともなります。

 

老廃物が滞るということは、血液循環が悪く、代謝もよくないので肌荒れやニキビになりやすくなります。

 

※リンパとは

・老廃物を回収したり排泄する

・細菌を退治し、血管に入れない

 

枕が汚い

 

寝るときにフェイスラインを枕につけると思います。

 

枕には、細菌やほこりなどがついており、フェイスラインが触れることでニキビの原因となってしまいます。

 

また、枕カバーによる摩擦などで肌に刺激を与えて、肌を傷つけてしまう場合もあるため、ニキビができやすくなってしまいます。

 

 

肌をフェスラインを触る

 

指には細菌や皮脂がついているため、頻繁にフェイスラインを触ってしまうとニキビができていしまう原因となってしまいます。

 

洗顔忘れ

 

洗顔をする時、肌の表面は洗ったけれど、意外とフェイスラインを洗顔できていない方が多かったりします。

 

そのため、汚れや皮脂が落ちていなくてニキビになりやすくなってしまう場合があります。

 

髭剃り

 

髭を剃ると、肌のバリアをしている角質をそぎおとしてしまったりして、細菌が入りやすくなりフェイスラインにニキビができやすくなってしまいます。

 

フェイスラインにできるニキビは、洗顔をしても直らない場合、ホルモンバランスが原因の可能性があります。

スポンサーリンク

おすすめの記事