若いころは気にしないけれど、歳をとってくると急に肌がかゆくなってくる男性が多いのだそうです。

 

今まで肌がかゆくなかったのに、いきなり肌がかゆくなるのは『自分は皮膚の病気ができたのか』と思って訪れるそうですが、結局のところ答えはアレだったんです。

 

確かにいきなり自分の皮膚がかゆくなって、荒れたりするとアレルギーやらなんやらと思ってもしょうがないかもしれません。自分はアトピーでもなんでもないのになぜ・・・と。

 

なので肌や皮膚がかゆくなったかといって病気ではない場合が多いのは確かです。

 

ここでは、40歳ごろからの(早い人だと30後半ぐらい)の男性の肌や皮膚のかゆみの原因や解決方法などをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

なぜ年齢を重ねると皮膚がかゆくなってくる?

 

男性の皮膚がかゆくなる原因は病気でなく、『肌の乾燥』が原因です。

 

特に顎や頬周りがかゆいということが多いのではないでしょうか。

 

じつは女性は肌の乾燥は若いころから起きやすいのですが、男性は若いころは皮膚のかゆみを感じる人は少ないはず(アトピーは例外ですが)

 

皮膚科でも肌がかゆい!病気だ!と思ってかけこむと、「肌の乾燥」と診断されることが多いのだそうです。

 

ではなぜ、男性でも若いころに感じなかった皮膚のかゆみが、30代後半から40歳以降から皮膚が乾燥してくるのか?

 

皮膚の乾燥の原因は「皮脂の減少」です。

 

男性の場合だと、女性と違って男性ホルモンが多いので皮脂の分泌が多いです。

 

学生の頃などは特に皮脂の分泌量が多いのは、男性ホルモンが原因していたとされます。

 

皮脂は身体に必要なものである程度必要なものですが、皮脂量が過剰すぎるとニキビや吹き出物になります。

 

20代でも汗っかきやらべたべた汗もそれが原因です。

 

ただ、40歳ごろになってくると男性でも皮脂の分泌量が徐々に減ってきます。

 

皮脂は肌にバリア効果をつくる、いわば天然の盾の役割をします。

 

しかし皮脂量が減ってくると、皮脂と季節的なもので皮膚の水分量が減ってくるので、肌が乾燥してくるのです。

 

そのため、皮膚のバリア効果が弱まると、紫外線や花粉、ハウスダストなどという外敵に刺激を受けやすくなり、肌が炎症してかゆみがでてしまう場合があります。

 

皮脂の分泌は男性の場合だと多いので、20代ごろは乾燥なんて無縁だったとは思います。

 

女性の場合だと、皮脂の分泌量が少ない場合や美容に気を付けている人が多いのでスキンケアをします(化粧水や乳液・パックなどのお肌ケアのこと)

 

なので男性と比べると肌が保たれているのですが、男性の場合だと特にスキンケアはしていない人が多いはず。

 

むしろ、スキンケアしている男性は肌のかゆみを感じない人が多いと思います。

 

しかも男性の肌の乾燥の原因は、皮脂の減少だけではないのです。

 

スポンサーリンク

 

いつものアレが肌のかゆみに?

 

毎日あなたがすることが原因の場合もあります。

 

それは『ひげ剃り』です。特にヒゲが濃い人は当てはまると思います。

 

シェービングクリームをつけずにそのままカミソリやシェーバーでひげ剃りをする人は特に注意です。

 

髭を剃った後、何かケアしていますかと聞かれると「NO」とおっしゃるかもしれません。

 

シェーバーやカミソリを長年使ていると、肌に刺激を与え続けてしまいます。

 

というのも、皮膚が削れていくので肌が弱くなるのは当たり前の話。

 

本来は化粧水などを付けて、皮膚をケアするのですが、それをしないと皮膚が傷ついて、なおかつ脱水状態にもなります。

 

そうなると、皮脂不足どうように肌の乾燥を招いてしまう原因になるわけです。

 

それを続ければどうなるかは・・・多分わかりますよね。

 

スポンサーリンク

肌がかゆい場合のケア方法

 

結局のところ、肌がかゆい場合は病気でなく「乾燥」が原因なので、解決方法としてはスキンケアしよう!という話です。

 

ドラックストアで化粧水を買うのもよし、逆に奥さんのを拝借するのもよし(怒られる可能性はありますが)

 

ただ、肌がかゆいとなるとお肌が敏感になっていることが多いので、できれば香料や着色料などの添加物が少ないものがベストです。(肌の刺激となって、かゆみの原因になるので)

 

それとドラックストアで市販で売られている化粧水はたいがいが「女性向け」とされているので、皮膚の厚い男性では物足りない場合も多いです。

 

ましてや、男性の場合だと女性用の化粧水をみるのは恥ずかしいと思う方も多いかもしれません。

 

その場合は、男性用の化粧水を使うのがおススメです。

 

市販の男性用化粧水は臭いものもあるので、通販などの保湿性や肌に優しい植物由来の化粧水を使ってみると良いです。

 

洗顔はできるだけ「ぬるま湯」がベストなのですが、おでこや鼻の上など皮脂が多い部分は石鹸で洗顔した方が良いです。

 

石鹸を使うともとある貴重な皮脂を落としてしまいます。なのでべたつき部分の所だけ洗顔で行い、男性用の化粧水をぬるといいですね。(できれば化粧水が飛ばないように蓋をする乳液・クリームなどもあると尚良し)

 

どんなものを使えばよいかわからないという方は、オールインワンを使うのが便利です。

 

オールインワンとは、化粧水、乳液、クリームなどが一つで済む便利なスキンケアアイテムです。

 

できれば化粧水・乳液をつければいいのですが、忙しい朝とかにいちいち塗ってられない、夜もさっさと寝たいから素早く塗りたいという方など全般に向いています。

 

無添加で肌に優しくて、値段もそこそこリーズナブルの男性向けオールイワンでおすすめなのが『紬 Men’s オールインワンゲル』です。

 

化粧水・乳液・美容液・保湿クリームが1つで4役の役割があり、乾燥だけでなく、皮脂が多いテカリの気になる部分にもテカリを防ぐ成分などが配合されているスキンケア用品です。

 

クリームというとべたつき感が気になると思いますが、ベタベタも少ない感じなので使用感も良いです。

 

年齢の気になるエイジングケアなどもできるので、少しでも若々しく見せたいという方にもおすすめです。

 

このオールインワンゲルがおすすめなのは、無添加でオールインワンなので手間暇が省けるという面もあるのですが、お値段も100g税込で3000円以下+送料で、初回だと使って合わなければ返品できるからです。

 

実際に使ってみないとわからないので、一度肌がかゆいと思って乾燥が原因ならば朝・晩に洗顔後に塗ってみると良いですよ。

 

紬 Men’s オールインワンゲル公式サイト

 

本格的にケアしたいという方は、洗顔・化粧水・乳液がついている男性用スキンケアもあるので、チェックしてみて選んでみてはいかがでしょうか

 

メンズコスメ BULK HOMME|ONLINE STORE

 

↑どちらかといえば、こちらは若い人向け。

 

まとめ

 

30代、40代で皮膚がかゆい場合は、皮脂不足やひげ剃りによる乾燥やバリア効果が弱まったからのかゆみの場合が多いので、病気ではないです。

 

ただ、皮膚が赤すぎてむしりかくようにキツイ場合は、一度皮膚科に行くのが良いかと思います。

 

皮膚がかゆいという方や仕事とかで忙しくて皮膚科に行けない人は、一度試しに男性用のスキンケアで毎日お手入れするとかゆみも落ち着いてくるかと思います。

 

もしスキンケアが合わなかったら(皮膚の相性によって合わない場合もあるので)すぐにやめて、皮膚科などに相談した方がいいですね。

 

 

紬MEN'Sオールインワンゲル(医薬部外品)

スポンサーリンク

おすすめの記事