足のムダ毛処理をしていると、いつの間にか黒いブツブツができていますよね。

 

この黒いブツブツが『いずれ毛が生えて毛を抜くついでに取れるだろう』と思っていたけれど、毛を抜いても黒いブツブツが取れないなんてこと多いですよね。

 

黒いブツブツは結構目立つので、足のブツブツを隠すのは特に大変ですよね。

 

足に黒いブツブツが多いと、

 

・おしゃれができなくてつらい

・足が出せない

・足のザラザラ間半端ない

・いつもズボンでつらい

 

なんて悩みもでてきたりしますよね。

 

何とか足に生えている『黒いブツブツを治したい』と思って毛穴の奥にあるムダ毛を取ろうと無理やり抜こうとして抜けてなくて途中で『プチン』と切れたり、うまくカミソリで剃れなくて失敗したりしたりなんてことありませんか?

 

しかも無理やり抜こうとしたり、剃ったりして黒いブツブツの周りが黒く成ったり、ブツブツが赤く炎症したりと散々な目にあっているかもしれません。

 

本当に辛いですよね。すぐにでも黒いブツブツや赤みを治したい!ですよね。

 

足にできてしまった黒いブツブツや赤みはケアをして、今後のケアを気を付ければ黒いブツブツが気にならなくなります。

 

黒いブツブツがない人には、ある方法に気を付けていたりします。

 

ここでは黒いブツブツができている人に知っておきたいのブツブツの原因や、黒いブツブツの気にならないきれいな足をめざしておしゃれが楽しめる自分を目指すことができる方法をご紹介しています。

スポンサーリンク

そもそも足の黒いブツブツの原因とは?

 

まずは今後の足のブツブツ予防のためにも知っておきたい足のブツブツの原因知っておきましょう!

 

足にできた黒いブツブツができてしまう原因って何となくピーンと気づくかと思いますが、そうです。

 

黒いブツブツの大きな原因は「ムダ毛処理」に大きな原因があります。

 

大概の黒いブツブツで悩んでいる多くはカミソリで足のムダ毛処理を行うかと思いますが、高確率でうまく綺麗には剃ることが難しいですよね。

 

それはカミソリは一直線にしかそれないの毛の生えている毛根まで剃ることができないので、ブツブツに残ってしまいます。

 

さらに黒く悪化する原因になるのが、ムダ毛処理で足を傷つけてしまうことに問題があるのです。

 

足が傷つくとはどういうことかというと、カミソリの場合は毛を剃ると同時に『皮膚の表面』も削ってしまうことになります。

 

肌が表面が削られるということは紫外線などを受けやすくなり、肌環境が乾燥しやすくなって、肌の状態が弱くなってしまいます。

 

毛抜きもそうで、無理やり毛を引っ張る行為自体が肌への刺激や傷つけることになってしまいます。

 

すると、黒ずみの原因の2つめの肌環境が悪くなります。

 

肌環境が悪くなるとどうなる?

 

肌の環境が悪くなると肌の代謝が悪くなります。

 

肌の代謝がわるくなってしり肌環境が悪くなるとどうなるかというと、肌が弱くなっているので乾燥してしまいます

 

冬など乾燥しやすいですが、夏は紫外線などで足の肌も乾燥しやすくなってしまいます。

 

これは顔のケアと一緒で、化粧水とか何も塗らないと肌はパサパサして乾燥してしまいます。

 

そのため足の肌が潤っておらず乾燥している状態だと、足に古い角質溜まって厚くなり、毛が埋まってしまいます。

 

角質が厚くなればなるほど、埋没毛になりやすくなります。

 

この乾燥や肌が弱った状態に埋もれてしまう毛のことを、「埋没毛」ともいい、大概の方の黒いブツブツは埋もれてしまって埋没毛になってしまうことが多いです。

 

↑これはまだ軽い方かも・・・

 

またこの埋没毛があることで肌状態も悪くなり、ブツブツ以外の黒ずみの原因となるメラニン色素が大量に分泌してしまい色素沈着をして、毛穴の周りが黒くなってしまうということが起きてしまいます。

 

メラニン色素の色素沈着はお肌の小鼻などの黒ずみと似た感じで、この足版ということに似たようなものになります。

 

例えるならば、ニキビです。

 

お肌にニキビができた場合なかなか治りませんよね。あれは肌の代謝が悪く環境が乾燥して悪い状態でもあります。

 

お肌が乾燥してしまうと、古い角質を落とせず肌に溜まってしまうので、毛穴に皮脂などが詰まりニキビがなかなか治らず紫外線に当たると小鼻の黒ずみになると思います。

 

この顔と同じ現象が、足の肌状態も一緒なのです。

 

肌の状態が悪くなる⇒乾燥する⇒毛が埋もれる⇒取れない⇒無理やり抜こうとする⇒・・・とループして、埋没毛がどんどん足に食い込みに・・・ということが起きてしまいます。

 

また、カミソリ以外の処理方法にも原因があります。

 

埋没毛は無理やり抜いてはいけない

 

足の毛穴に埋まっている黒いブツブツが全く取れないから、毛抜きで抜いてしていませんか?

 

毛抜きで最初はきれいになったと思ったら『赤いできものがでたり』『血が出たり』なんてことあったかもしれません。

 

正直ここまでになっていしまうと、痛いだけでなく『治りにくく』なります。

 

毛抜きで毛を無理やり引き抜くことは、足から生えている黒いブツブツや埋没毛の毛穴かなりの刺激を与えて毛穴を広げてしま、角質層をはがしてしまうので、肌環境が悪くなるだけでなく赤くなったり、痛みが原因になってしまいます。

 

乾燥もしやすくなることで角質層が厚くなり、埋没毛が埋もれる埋もれる。

 

また埋没毛を無理やり抜いてしまうことで、血が出たりすることあるかもしれません。

 

抜いた部分の毛穴から細菌が入りやすくなたりして、炎症してブツブツなどができてしまいます。

 

そのため、毛抜きではムダ毛処理はしない方がいいです。

 

エステが原因の場合もある

 

脱毛といえば『エステ』のイメージでエステ脱毛にあこがれてますよね。

 

ですがこのエステが埋没毛や黒いブツブツの原因になる可能性があるのはご存知でしょうか。

 

一般的な最近の脱毛では『光レーザー』などで毛の毛根の成長をストップさせる方法です。

 

ただエステなどの前の毛が抜ける前にカミソリなどの処理をしてしまうと、成長が止まった毛が角質でおおわれてしまいます。

 

角質層がうまってしまうということは、毛が出れず埋没毛になってしまいます。

 

角質層が厚いせい

 

結局のところ、黒いブツブツや埋没毛の原因は、カミソリ処理などで肌がそぎ落とされ肌の代謝や環境が悪化して乾燥して、角質層が埋もれてしまうことが原因になります。

 

また環境が悪いことで、紫外線などでメラニン色素が大量に発生して黒ずみになったり、足にシミやそばかすなどもできやすくなってしまいます。

 

今埋没毛ができていて何もしないのであれば、今後どんどん足の状態が汚くなる可能性も高いです。

 

黒いブツブツのような埋没毛を解決するには、カミソリなど脱毛処理方法や肌の環境を整えて角質層の埋もれを予防する必要があるのです。

 

次に黒いブツブツの治し方についてみていきましょう!

 

黒いブツブツを治すためのケア方法

 

では早速黒いブツブツや埋没毛を治すためのケアをしていきましょう!

 

まずは、

ムダ毛処理を変える

まずは今後の黒いブツブツや埋没毛、黒ずみにならないためにも、ムダ毛処理を見直します。

 

カミソリなどは使わず、除毛クリームなどの方が肌には肌の表面を削らずにすみます。

 

できれば脱毛器だときれいになるのですが、早々に時間もなくお金もかかるので難しいですよね。ただ脱毛器は全身を毎回できるので便利でもあったりします。

 

参考記事:脱毛器の選び方

 

ですがやっぱり自宅で処理したいし、除毛クリーム臭いから『カミソリがいいんだよね』と思いますよね。

 

やはり手慣れた処理方法を、いくら黒いブツブツや埋没毛ができても変えられないもの。

 

そういう場合にカミソリ処理をする場合は、温かい蒸しタオルを毛に当てて少し毛を柔らかくしてから、シェービングクリームを塗って剃ると滑りが良くなります。

 

ムダ毛処理中の石鹸やボディソープは使用しない

 

お風呂場などで処理することが多いと思いますが、その時に石鹸、ボディーソープを塗ってカミソリ処理する方もいらっしゃいますよね。

 

ただこの方法の処理は、石鹸やボディーソープの弱酸性の肌には『刺激』となり、お風呂に水分が蒸発しやすくて乾燥しやすくなります。

 

乾燥するとどうなるかというと、角質層が厚くなり、黒いブツブツや埋没毛の原因になるので、カミソリ処理をするときは『シェービングフォーム』などを塗って処理をしましょう。

 

次に特に大切なのが、処理後のケア方法です。

 

足の保湿ケアをする

ムダ毛処理後の足は乾燥しているので、せっかくいい感じなのに放置することで足の肌がより乾燥して、ブツブツや埋没毛が悪化します。

 

角質層が厚くなり埋没毛も埋まる埋まる。

 

さて保湿の重要性は、肌の代謝をアップしてターンオーバーをあげつつ、シミや黒ずみにならないために美白予防をしていく必要があります。

 

肌の代謝をあげる必要性は、乾燥した肌に潤いを与えることで、肌の再生させるターンオーバーを整えます。

 

肌環境が悪くターンオーバーが遅れているため、黒いブツブツや埋没毛の原因となる『毛穴の詰まりでの角質層の厚み』ができてしまうので、この角質層をそぎ落とすにはターンオーバーでしかケアすることができません。

 

そして毛穴のつまりの黒いブツブツの悪化の原因にもなってしまう、メラニン色素を抑制をして排出して色素沈着を防いでいきます。

 

黒いブツブツや埋没毛解消するには、乾燥予防の保湿で肌環境を整えるのと、メラニン色素を抑える美白ケアをする必要があります。

 

保湿は十分な保湿ケアと有効成分を与えればよいのですが、メラニン色素を抑える黒ずみにアピールする成分を足に与える必要があります。

 

黒いブツブツや黒ずみ予防には特に美白ケアは大切になってきます。

 

では一体どんな成分を与えればよいのか?

 

黒いブツブツや黒ずみにアプローチする成分とは?

黒いブツブツや黒ずみにアプローチできる成分の一つに「プラセンタ」があります。

 

特に水溶性のプラセンタには、黒ずみの原因となるメラニン色素を抑制して排出を促進する働きがあります。

 

またお肌の再生に必要な『ターンオーバー』を促す働きもあるとされているので、保湿×美白ケアには欠かせない成分です。

 

ターンオーバーが促されることで肌環境が整えられて、古い角質が落とされて黒いブツブツができている古い角質が取れて、新しい肌へと生まれ変わるので毛も、黒ずみのない肌を目指すことができます。

 

ただ足の黒いブツブツを綺麗な肌にするには『肌環境を整える』ことが大切なので、プラセンタだけでなく保湿・整肌・埋没毛ケアなどの有効成分も与える必要も出てきます。

 

こういう黒いブツブツができている場合、自分で取るのはなかなか難しく毛抜きで抜くと悪化してしまいますので、黒ずみやブツブツケアに必要なクリームを使って肌のサイクルをあげて新しい肌へ『生まれ変わる』ことが大切になってきます。

 

ではどうしたら効率よく、埋没毛や黒いブツブツケアができるのかというとそれは次をご覧ください。

 

 

スポンサーリンク

埋没毛専用ケアを効率よくするためには

埋没毛や黒いブツブツを効率よくケアするには、プラセンタなどや保湿成分×美白成分が入っている『専用のクリーム』でケアするのが効率よく、ツルスベ足のスピードも高まります。

 

そんな黒いブツブツや埋没毛をケアできる『埋没毛や黒いブツブツ専用』のクリームが入っているものにはどんなものがあるのか。

 

じつは市販では売っていないのですが、埋没毛や黒ずみのブツブツの専用のクリームがあります。

 

専用クリームにはプラセンタなどの肌のサイクルを整える有効成分成分が入っているので、黒ずみケアの肌に必要な成分を補うことで肌のサイクルを上げ、黒いブツブツケアや埋没毛を気にせず『ツルツルスベスベ』の足になれる時間が早くなれ、実感されている方も多いです。

 

埋没毛や黒いブツブツを効率よくケアしたい、といった埋没毛や黒いブツブツ専用のケアができるクリームがあるんです。

 

ではどんなものがあるかというと、埋没毛でも人気のあるジェルタイプのクリームに『ストレミライン』というものがあります。

 

このストレミラインという商品は、黒いブツブツや埋没毛専用のジェルなのですが、ムダ毛処理でなくても毎日使うことができる安心の国産の薬用化粧品です。

 

厚生労働省でも認可されている「水溶性プラセンタ」が配合されており、この水溶性プラセンタをさらに高める米ぬかなどのサポート成分に加え、17種類の有効成分が配合されていているので埋没毛や黒いブツブツに必要な成分をしっかりと与えてあげてケアをすることができます。

 

なおかつストレミラインは医薬部外品なので、下記の効果効能が認められてもいます。

 

・肌を整えて皮膚に潤いを与える

 

・カミソリ負けを防ぐ効果もある

 

・メラニン色素の生成を抑えて黒ずみなど抑える

 

保湿力にも優れてジェルタイプなのにべた付かず、お風呂が上りなどのさっと塗れば美脚の一歩で埋没毛や黒いブツブツの脱却へのアプローチができます。

 

また埋没毛や黒いブツブツができている場合はお肌はとてもデリケートですが、安心の5つの刺激フリー無添加なので、足が弱かったり、カミソリ負けした足でも使えることができます。

 

すぐに黒いブツブツをでも何とかしたくてもエステとか行けない!という人には、1日1回お風呂後などに塗るだけなのケアとしては効率が良く、荒れた埋没毛や黒いブツブツができた肌へのケアはこれ1つでばっちりです。

 

ストレミラインを使ってブツブツケアできた~、カミソリ負けしなくなった、ツルスベ足になったなどの使い続けることでの実感具合の口コミも多いのです。

 

なおかつカミソリ負けしないので、カミソリを使っても強いお肌を目指せて埋没毛や黒いブツブツや黒ずみ知らずのツルツルスベスベを足を目指せます。

 

ストレミラインを使って自宅で手軽に簡単に足に塗るだけで、埋没毛や黒いブツブツの気にならないきれいなスベスベ肌で、足が見えてもしっかりときれいな足を出すことができます。

 

黒いブツブツや埋没毛が気にならなければ、思いっきり足を出しておしゃれを楽しめますよね。

 

ただストレミラインを寝る前などに塗るだけなので、特に手間暇はかからずいつの間にか美足を目指すことだって可能です。

 

いちいちカミソリや毛抜きで取る必要もないので、余った時間は思いっきり好きなことに使えます。

 

ぜひストレミラインでケアをしておしゃれを楽しんでみませんか?

 

 

毎日しっかり保湿はする

 

もちろんボディクリームなどで肌をしっかり保湿ケアするのもいいです。

 

気を付けて欲しいのが、ボディクリームなどは添加物など多く入っているものも多く、黒いブツブツや埋没毛がある肌には刺激になってしまう場合が多いです。

 

思っている以上に添加物のような刺激物には弱いので、ブツブツの赤みなどの原因にもなります。

 

そのためできるだけ保湿をする際は、肌に優しいものを使ってみて塗ってみて下さいね。

 

ちなみに黒いブツブツや埋没毛にはプラセンタのような美白のアプローチできる成分がないと、肌の環境での再生が促されない場合が多いので、肌環境が良くなるには結構な時間がかかってしまう可能性もあります。

 

ちなみに顔用を塗っても、足は角質が厚いので塗ってもそこまで意味がないのでご注意を。(足に必要な量が足りないからです。)

 

ボディクリームや保湿ジェルだけでは、黒いブツブツや埋没毛ケアが気にならない保湿ケアは時間がかかり、なくなるまでには結構な時間がかかってしまいます。

 

やはり必要なのは、プラセンタやたっぷりの保湿成分とそれをサポートさせる成分などの足などに必要な保湿量や成分で直接与えてあげることが大事だったりします。

 

今すぐにでも埋没毛や黒いブツブツをなんとかしたい人は、埋没毛や黒いブツブツ専用のストレミラインのような薬用化粧品も使って、ツルスベ肌にするために効率よく保湿ケアをされるのが、足のツルスベ肌の近道でもあります。

 

ちなみに埋没毛や黒いブツブツは足以外にも腕やわきの下などに使えるので便利ですよ。

 

全身ツルスベボディになれれば、夏の海やプール、冬の温泉なども気兼ねなく楽しめますねよ。

 

カミソリ処理後は、ストレミラインをぬればばっちりケアです。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

黒いブツブツや埋没毛は肌の角質層ケアとして保湿や美白ケアをしない限り治らない、自分でケアするのは難しい可能性があります。

 

そのため黒いブツブツや埋没毛をケアするには、ムダ毛処理に気を付けて、肌の環境を整えて代謝を促して新しい肌へと生まれかわらされることを促すことです。

 

それには、しっかり保湿ケアや黒ずみの美白ケアアプローチが必要になります。

 

ただこれをしていれば、今後このような保湿&美白ケアを中心としたムダ毛処理をしても足のブツブツが気にならなくなり、毎日きれいな素足でいられることができます。

 

ツルツルスベスベの足は見ていても、さわっても楽しいですよね。それに足も出せるので、今まで黒いブツブツで我慢していた分、よりおしゃれもさらに楽しくなると思います。

 

思わず触りたくなるようなツルツルスベスベの綺麗な足を手に入れて、おしゃれを楽しめる自分になりませんか?

 

薬用ジェルなので足の黒いブツブツもこれで1個で簡単ケア!

 

スポンサーリンク

おすすめの記事