スポンサーリンク

すぐに頬や鼻、顎が赤くなってしまう「赤ら顔」

 

夏になりやすい方は冬にもできやすくなりますし、逆に冬だと夏になりやすかったりします。

 

この対処方法の手っ取り早そうな方法が、化粧水のケアです。

 

マスクで隠すのも辛いし、メイクだと厚化粧になって嫌だし、なんといってもこの頬や鼻などの謎の赤みを何とかしたい・・・。

 

今すぐ赤ら顔を何とかしたいから、ドラックストアや市販で欲しい!けれどそんな化粧水は売っているのかと思います。

 

ここでは、赤ら顔に良い化粧水や市販やドラックストアで売っているかをご紹介します。

 

ドラックストアや市販で売っている?

 

頬や鼻、顎の赤ら顔専用の化粧水は、今のところはドラックストや市販では売っていません。

 

そのため、赤ら顔は普通の化粧水ではなかなか良くならないと言われているほど。

 

え、市販やドラックストアとかで売っている普通の化粧水でいいんじゃないのと思いますよね。

 

ただ、いくら化粧水をつけたり、ほてりがないのにこの赤みが引きませんよね。これはまさにそう。

 

そもそも赤ら顔は根本の原因があるので、ただ保湿をすればいいというわけではないんです。

 

この頬や鼻などの顔の赤ら顔の根本ケアする化粧品でケアしないといけないため、なかなか市場にないともされています。

 

専門的なものは市販やドラックストアでは販売していないそうです。

 

赤ら顔の根本な原因とは?

 

赤ら顔って乾燥肌からなるんじゃないの?などありますが、それも当てはまります。

 

そもそもそのお肌の根本が「毛細血管の広がり」が原因です。言葉通り、皮膚の下を流れている血管が広がってしまうことです。

 

もう少し詳しく書くならば、肌の毛細血管が拡張してしまうことで、赤血球のヘモグロビンが増えて多くなることで、その赤みが肌から透けて赤く見えてしまっています。

 

透けた血管がスケスケでいや~ん状態が、顔の赤みの根本的な原因だったんです。

 

乾燥肌や敏感肌といったようにお肌が弱いと、少しの刺激に血管が炎症を起こしてしまい、毛細血管がひろがってしまうんです。

 

そのため、いくら保湿しても赤ら顔が治らないんですね。

 

赤ら顔を気にならないようにするには、皮膚へのアプローチよりも、赤ら顔の根本である広がった毛細血管アプローチする必要があるということになります。

 

そうしないと、なかなか赤ら顔のお悩みがなくならならず、夏は紫外線などで真っ赤・冬は乾燥で真っ赤の赤ら顔になってしまいます。

 

顔の赤ら顔を何とかするためにも、今から何とかしなければいけません。

 

赤ら顔の他のケア方法はある?

 

赤ら顔の他のケア方法としては、

 

  • 漢方治療
  • クリニックのレーザー治療
  • 化粧水

 

がありますが、漢方治療、特にレーザー治療とにかくお金がかかってしまいます。

 

できればレーザー治療などではなく、一番手軽なのは「化粧水」ケアです。自宅でケアできたら楽ですし、忙しい毎日自宅で簡単にできそうですよね。

 

それができる化粧水が「赤ら顔専用の化粧水」です。

 

ドラックストアや市販の化粧水とは全く違い、この専用の化粧水を使うことで、簡単に毎日ケアして赤ら顔とバイバイすることが期待できます。

 

今のところ専用の化粧水はドラックストアや市販は売っていませんが、「赤ら顔」への根本的な原因へとアプローチできる化粧水は売っているんです。

 

では、

 

赤ら顔の化粧水とはどんなもの?

 

毛細血管へとアプローチして、顔の頬や鼻、顎の赤ら顔ケアできる専用の化粧水は、エクラという会社から発売されされている「しろ彩」という化粧水です。

 

 

 

赤ら顔ケアができるポイント①

 

・海洋エキス

 

しろ彩に含まれる赤ら顔の毛細血管へとアプローチできるのが、フランス地中海から抽出した美容成分の「海洋性エキス」と呼ばれるプランクトンエキスです。

 

このプランクトンエキスは、今話題のユーグレナやクロレラなども類の仲間とされています。

 

しろ彩に含まれる海洋性エキスは、赤ら顔の原因となる広がった血管への作用がある成分なので、しっかり血管へとアプローチすることができます。

 

他にも、4つの和漢植物エキスで赤ら顔へアプローチなども入っているので、赤ら顔へと集中アプローチ!

 

★28日間のケアだけでも違ってくる

 

海洋性エキスを実際に1日2回使ってみたところ、86%の人が赤みが軽減されて、最も軽減した方は46%も赤みが減少されたとされています。※個人差はあります。

 

ポイント②

 

・ラメラ構造

 

貴重な有効成分を肌に奥に届けるには、角質層の油分と水分が整っているのをお肌と同じ構造をラメラ構造といいます。

 

赤ら顔であると乾燥肌や敏感肌が多いですが、油分と水分のバランスがバラバラになってしまうと、良い成分はどこかに行ってしまったり効果がなかったりしてしまいます。

 

しろ彩の場合は、この独自製法でラメラ構造を作ることができるので、そのことで、赤ら顔へと効率よく成分を取り入れることができます。

 

ポイント③

 

・無添加

 

赤ら顔の方は敏感肌などお肌がデリケートですよね。

 

しろ際はアルコール、パラベンなど無添加仕様。市販やドラックストアなどのここまでの無添加化粧水はなかなかないと思います。

 

きちんと有効成分を浸透させることで、赤ら顔の気にならない肌を化粧水だけで目指すことができます。

 

どこにある?

 

しろ彩は公式通販サイトのみで買うことができます。

 

広がった血管へとアプローチするフランスの海洋性エキスや無添加なので、お値段は単品:5,600円です。

 

結構お値段が良いですが、定期価格だと、20%OFFの4,480円+送料無料です。

 

※実感ぐらいを感じるために3回は継続となりますが、初回からずっと20%OFFです。

⇒いつでも解約OKになりました。

 

 

合うか合わないか心配

 

皮膚の専門家に厳しく評価されて研究機関が検証したところ、93%が肌荒れや刺激は見られないとされています。

 

肌への安全性も臨床試験などされていてm実際に使った人でも91.7%が赤みの効果が期待できるとの結果もできているそうです。

 

ただし、しろ彩が赤ら顔に合うかどうか心配ですよね。

 

そんな方でも大丈夫です。

 

万が一合わない場合は、使っても30日以内では返金保証がついています。保証がついていれば、万が一いまいちでもリスクなく安心して使うことができますよね。

 

最近だとインスタなどで芸能人が使っていたりもしてるので、赤ら顔には評判がよさそうです。

 

※返金保証は公式通販のみなのでご注意ください。

 

 

まとめ

 

赤ら顔専用の化粧水は残念ながらドラックストアや市販では売っていません。

 

赤ら顔のケアをするならば、広がった血管へとアプローチするのが根本的な解決となります。

 

もし赤ら顔に似たような化粧品があっても、もしかしたら根本からアプローチできていないので、赤ら顔にはいまいちかもしれません。

 

今すぐにでも顔の赤ら顔を何とかしたい方は、『しろ彩」などの赤ら顔専用ケア化粧水使ってみて、赤ら顔にアプローチがおススメです。

 

頬や鼻、顎の赤ら顔はメイクをすると厚化粧になって結果的に赤みは治らないので、結果的に赤ら顔が自分では気づいていないけれど隠せていないということになってしまいます。

 

赤ら顔がなければ、人前でも赤くなることなく恥ずかしい思いをせずに入れて、メイクで隠す心配もありません。

 

ただ、赤ら顔をケアするにはどんな方でも最低でも1ヶ月は必要なので、早ければ早いケアをする方が赤みの気にならない、自然な頬の自分になれます。

 

あの時やっておけば良かったと思う前に、早めの対処をし赤ら顔が気が気にならないきれいな素肌を目指してみませんか?

 

 



おすすめの記事